勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









湊かなえ『花の鎖』(2016年10月12日 水曜日 20時51分)

1回読んで、なるほどな~と思ってもう1回読み直してしまった。
湊かなえさん『花の鎖』。

花の鎖 (文春文庫)

新品価格
¥637から
(2016/10/12 20:42時点)



3人の女性の物語が、花・雪・月にわかれてそれぞれ一人称で語られていく構成で、
それぞれの物語がどうつながっていくのか、というのが面白いところ。
これちょっとネタバレになっちゃうけど、
読んでいて、なんとなく、この3人の時系列が同じじゃないなぁっていうのは
わかるんだよね。
んで、半分すぎくらいまでいったときに、あれ、これはもしかして?ってなってきて、
そう思って読み進めていくと、あぁ、やっぱり、ってなって、
繋がりがわかってくる。

最後の章で、真相が語られるんだけど、
そこに至るまでにだいたいわかるので、
ちょっと最後はしつこいかな、っていう感じもするんだけど、
やっぱりそうだったんだなっていう答え合わせにもなったり、
新しい事実がでてきたりもして面白かった。

そして、それぞれがつながる面白さだけじゃなくて、
それぞれの女性の強さだったり、いろんな決断だったり、
そういうのも良かった。

1回目読んだときは半分すぎでようやくつながりが見えてきたので、
もう1回読み直してみたら、
開始8ページ目くらいでもうヒント出てて、
こんなとこに伏線あったのかぁって思いながら読むのも面白かった。

これもう4年くらいまえに文庫出てた本なんだよね。
湊かなえさんの本、まだ読んでないのあるから、
順番に読んでいこう。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント