勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『バースデーカード』&『シネマ歌舞伎・スーパー歌舞伎Ⅱ・ワンピース』(2016年10月27日 木曜日 16時54分)

観たい映画がどんどん溜まっていっちゃいそうだったので、
休みを取って観てきた。

バースデーカード

採点:☆☆☆☆★

小粒で王道だけど、すっきりと清々しい気持ちになれる映画だった。

ここからはネタバレ。

いかにも泣けそうっていう感じの映画はあんまり好んで観に行かないんだけど、
橋本愛ちゃん観たかったし、なんか気になって観に行った。
もちろん感動的ではあったんだけど、
なんていうか、亡くなったママから手紙が届くというイレギュラーはありつつも、
普遍的な家族を描いた作品、という感じがして、
ところどころコミカルでもあったりして、好感が持てた。

最初の方は、まぁ、ママへの問いかけが必要だからというのがあるとは思うけど、
10歳にして「私に期待しないで」って言っちゃうような諦めた子供だったり、
そうかと思えばマフィン配ったりするときにはクラスの中心のようにも見えたりして、
ちょっと違和感を感じたんだけど、
橋本愛ちゃんに変わったころから、主人公含め、弟やお父さん、彼の、
それぞれの役割というか、キャラクターが上手くできてきて、
違和感なく最後まで観られた。
なんか、みんなが愛されキャラで、好きだな。

お母さんからの手紙によって、毎年一喜一憂したり、
時にはそれが嫌にもなったり、
そういうのって、亡くなったお母さんからの手紙、という媒体じゃなくても、
日常で、いろいろ起こったりすることだから、
お母さんの手紙どうこうではなくて、
主人公に起こるいろんな出来事がなんかすっと入ってきた。

流れ的にアタック25挑戦するんだろうなとは思ってたけど、
若干長かったかな。
あと、クライマックスが、20歳でのお母さんからの手紙、アタック25、結婚式と、
何回もあったので、ちょっとしつこい感じはした。
でも、それぞれに良さがあったと思う。
最後の問題前のあのタイミングでの結婚させてくださいは無鉄砲だなぁ。
面白かったけど。
弟がちゃんと結婚式にお姉ちゃんのそばにいるように、
そこまで見越したかどうかはわからないけど、弟に手紙を託したお母さんもいいな。
でもあのベールはどこから・・・?

キャストもみんな良かった。
橋本愛ちゃんは、どちらかというといろんなことを受け止める役だけど、
その中でも、この子がいるから周りがこんなあたたかくなるんだろうなぁって
思うような、
なんかこう、包み込むような感じがあるよね。
宮崎あおいちゃんは、優しいお母さん、という感じがした。
ユースケ・サンタマリアさんもすごい良かった。
このお父さんがいるから、あの子供たちが育つんだなって感じがする。
須賀健太くんの天真爛漫な弟もすごい良い。
実年齢は愛ちゃんより上みたいだけど、ぜんぜん違和感ない。
中村蒼くんも、なんか幸せにしてくれそうなオーラがあって良かった。
お母さんの代わりにバースデーカード渡すところとか可愛い。

観終わって笑顔になれる作品だった。

シネマ歌舞伎・スーパー歌舞伎Ⅱ・ワンピース

採点:☆☆☆☆★

去年、東京まで観に行って、すごく面白かったので、
もう1回あの感動を味わいたいなと思って、映画版を観てきた。
舞台の時は前から5番目くらいで観てすごい迫力だったので、
やっぱりそれとはまた違う感じはしたけど、
スクリーンならではの、大画面で観られる面白さもあって良かった。

舞台の時にいろいろ書いてるからネタバレでもないけど
一応ここからはネタバレ。

ただ、1つ心残りなことが。
舞台の時に、ルフィとハンコックが同時に舞台に立ってやりとりするシーンがあって、
その時に、両方ともキャスト市川猿之助さんじゃなかったっけ?と思いながらも、
深く考えずにスルーしちゃったんだよね。
それが後から、どうやって演じてたのかすごい気になっていたので、
このシネマ歌舞伎で観られる!と思って楽しみにしていたら、
まさかのナレーションのみでカットされてた・・・。
まぁ、舞台4時間くらいだったやつを2時間に収めてるんだから
いっぱいカットされてるのは当然なんだけど、そこは観たかった・・・。

でもそれ以外は、やっぱりカットされてるところは気になったものの、
カットされていないところは面白かった。
前から5番目とは言え、舞台だとやっぱり引きで観てるから、
役者さんの細かい表情とかまでは観られないし、
水のシーンとかは、やっぱり迫力は舞台の方があるんだけど、
アップで水が滴るかっこよさとか、
ちょっとスローになったりエフェクトが入ったりしてまた違う楽しみもあったし、
面白かった。

舞台の時は、ボンちゃんの可愛さとエースのかっこよさに完全にやられたんだけど、
映画版もやっぱりこの2人にやられた~。
坂東巳之助さんのボンちゃん、可愛すぎっ。
ゾロのときは渋いのに、ギャップがすごいなぁ。
できないけどボンちゃんとゾロで共演してほしいわ。
そして福士誠治さんのエース、やっぱりかっこよかった。
特に、「愛してくれてありがとう」のところ、
舞台でも感動的だったけど、あそこを大画面でアップでやられたら
完全ノックアウトだよ・・・。

なんか、映画観たらまた生でも観たくなってきたなぁ。
また東京まで行くか?
そして今度こそルフィとハンコックの早変わりをちゃんと観たい・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント