勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『幸福のアリバイ~Picture~』&『オケ老人!』(2016年11月21日 月曜日 20時00分)

幸福のアリバイ~Picture~

採点:☆☆☆☆★

オムニバスということだったので、
ひとつの話をじっくり観たい自分には物足りないかなと思ったんだけど、
木南晴夏ちゃんが観たかったので観てきた。
オムニバスだけど、わりとひとつひとつの話はじっくり作ってあったので、
物足りないってことはなく面白かった。
ただ、最後で失速した。

ここからはネタバレ。

最初の話から、すごく昭和な感じというか、レトロな雰囲気が漂っていたので、
若干古臭い感じもしたんだけど、
たわいもないやりとりとかに面白さがあって、
特に、見合いの話と、成人式の話は好きだな。
ありそうな感じというか、物事が解決したようでまったく解決しないんだけど、
面白かった。
なんかあんまり感動的にさせるにはオムニバスじゃ短いかなという気がして、
葬式の話とか出産の話も、ラストに至るまでのいろんなやりとりは面白かったけど、
ラストで感動するとかは別になかったな。

そこまでは良かったんだけど、最後の結婚式の話で自分的にはちょっと冷めた。
なんかねぇ、ああいう人ホント嫌なんだよね。
空気読めないというか自分大好きというか、
そんなにやる気もないのに世の中うまく渡っていけると思ってるあの鬱陶しい感じ。
すごい鬱陶しいなと思うってことは、それだけ山崎樹範さんの演技が
それっぽかったということなんだろうけど、
ああいう人嫌なので、ラストの対決シーンも打たれちまえって感じだったし、
(ってかあの打った打球がぱっかーんってなるCGもなんだかなぁ)
役名忘れたけど木南晴夏ちゃん別れて正解だと思うわ。

キャストはみんな良かったと思う。
それぞれの会話の雰囲気とか間とか絶妙だった。
特に、最初にも書いたけど、見合いの話と成人式の話。
木南晴夏ちゃんと山崎樹範さん、中井貴一さんと柾木玲弥くん(たぶん初めて見た)の
やりとりが良かった。
関係ないけど、清野菜名ちゃん最近歌ってる役多いね。

ということで、最後の話が良かったら
もうちょっといい気分で映画館を後にできたかなと思う。

オケ老人

採点:☆☆☆☆★

老人(役)のみなさんが楽しそうで、嫌味なくほっこりする映画だった。

ここからはネタバレ。

すばらしい演奏をするオーケストラに入りたかったのに、
間違って入ってしまったところがあの演奏状態では、
一刻も早くやめたいという気持ちもわかるけど、
自分はむしろ、あんな教えがいのあるオーケストラだったらすごい楽しそうだなと思った。
実際主人公も、どんどん上達していくオケ老人のみなさんと一緒にいて
すごく楽しそうだったし、
なにより、あんな和むオーケストラないよなぁ。
じいちゃんばあちゃんって、まぁ頑固な人とかもいるけど、
独特の可愛さと和やかさがあるよね。
そしてオケ老人のみなさんも、若い人に教えられることもある。
そうやってお互い支え合ってる感じがいいなと思った。

ただ、音楽映画としては、ちょっと残念な部分もあった。
まず、『威風堂々』流れすぎて途中でちょっと飽きた。
クライマックスの停電での演奏もだし、エンドロールもだし。
逆に、あのおばあさんの思い入れがありそうで、主人公も選んだ『新世界より』とか
ロンバールが作った『ダイコン協奏曲』はもっとちゃんと観たかった。
あと、いちばんは、演奏が吹き替えだったのが残念。
下手でもいいから、っていうかむしろ最初あのひどい状態から入ったんだから、
役者さんたちがそのまま練習の成果をみせてほしかったな。
お年もあるから『スウィングガールズ』の新人さんたちみたいに
そこまでやってもらうのは無理だったんだろうか・・・。

ラストの、坂下先生のオチはまぁお約束なのでそうなんだろうなとは思ったけど、
梅フィルのコンマスが素直に自分の非を認めて梅響に戻ってきたり、
電気屋さんに特設修理コーナーができてたりしたのはいいなと思った。

キャストも、オケ老人のみなさんがみんな素敵だったし、
杏ちゃんも嫌みのない役で良かった。
黒島結菜ちゃんと萩原利久くんのカップルもさわやかで可愛かったし、
何気にロンバール役のフィリップ・エマールさんツボだった。

ということで、ほっこりと楽しかった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント