勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









ドラマ『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』&『家政夫のミタゾノ』&『THE LAST COP』(2016年12月12日 月曜日 21時38分)

今回もいろいろとドラマを見ていたけど、
結構面白いのがあって毎週楽しみだったな。
その中で最終回を迎えたものをまとめて。
あと1本見てるやつはまだ終わってないのでまた今度。

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

校閲っていう仕事は、前クールでやってた『家売るオンナ』で
ちらっと出てきたので存在を知ったくらいで、
それまでぜんぜん知らなかったので、
普段何気なく本とか読んでるけど、
こういう仕事の人もいて成り立ってるんだなってのが改めてわかって面白かった。
実際、このドラマみたいに、現地まで行って事実確認したりとか、
そういうのはあまりないのかもしれんけど、
まぁそこはフィクションだし、ドラマだし。

石原さとみちゃん演じるえっちゃんがとにかく可愛くて、
見た目ももちろんそうなんだけど、
なんかすごいまっすぐなところとか、一生懸命なところとか、
好感の持てるキャラクターだった。
校閲メンバーの江口のりこさんとか和田正人さんとかがまたいいキャラだったし、
岸谷五朗さんも良かったな。
編集の青木崇高さんとのやりとりも面白かった。
あと、本田翼ちゃんあんまり演技が好きじゃなかったんだけど、
最近結構いい味出している。
このドラマの役はなかなか良かった。
菅田将暉くんも好きだけど、そんな超絶イケメンってほどのイケメンなのか!?

最終回はわりとあっさりしてたし、えっちゃんと幸人もくっつかず離れずな感じだったけど、
自分的には、第2話の主婦ブロガーの話とか(ともさかりえちゃん良かった)、
第3話の藤岩さんがオシャレする話とか好きだったな。

毎回嫌みなく楽しく見られるドラマで良かった。

家政夫のミタゾノ

これもすごい面白かったな。
松岡昌宏くんの女装はなかなかすごかった。
毎回、家政婦に雇われた家の秘密を覗いたりして、
こんな家政婦実際にいたらすぐ捕まると思うんだけど、
まぁそこはドラマだから。
家政婦に行った家をめちゃくちゃにしちゃって、
でもなぜか、最終的に、その家が前より幸せになってるっていう、
なかなか奥深い(?)ドラマだった。
毎回ある家事テクニックも面白かったし。
油揚げのミルフィーユちょっと気になってるんだよね。
松岡くんのキャラも良かったし、えみり役の清水富美加ちゃんも
嫌みがなくて好きだな。

話的には、話が二転三転した第4話の後妻業の話とか、
第5話の泥棒が家に入り込む話とか好きだな。
そして最終回もすごく面白かった。
三田園の過去が明かされたのかと思いきや違うのか、
でもちょっと真実も混ざってるのか、みたいな
含ませた終わり方好きだな。
それと、そうかこれはやっぱりみんな思ってたのか、って思ったんだけど、
ドラマが始まる前の最初の予告で初めて松岡くんの女装を見たときに、
「ココリコの田中さんかと思った」って私が言ったら
「え、違うの?」って母も言ってて、似てるなぁと思ってたんだよね。
そしたら最終回の最後で出てきたから、
そうか、みんな思ってたのか、と。

まだまだいろいろできそうなドラマなので、
続編とかスペシャルとかやるといいなぁ。

THE LAST COP

もともと去年2時間スペシャルでやって、
そのあとはHuluでしか見られません~みたいな感じだったんだよね。
続き気になったけどお金払うの嫌だったから、
新規登録の2週間無料期間に一気見したんだけど、結構面白かったので、
地上波でやると知って結構楽しみにしていたドラマだった。

う~ん、窪田正孝くん出てたから最後まで見たけど、
正直、Huluでやってたやつの方が面白かった。
Huluの時は、ハチャメチャな京極さんとそれに翻弄される亮太の、
でこぼこだけどいい感じのバディなのが良かったんだけど、
1年経ったら亮太がすっかり京極さんに感化されちゃってて、
新しく出てきた人たちもぶっとんだ人が多くて、
なんか、テンション高すぎてちょっとついていけなかったんだよね。
あと、やりたい放題すぎてちょっとひいたっていうのもある。

たぶん私は、面白いところとちょっときゅんとする感じの
バランスがいいのが好きなんだろうね。
去年のドラマの時はバランスも良くて面白かったんだけど、
今回はちょっと、コントみたいな感じだった。

窪田正孝くんの演技すごい好きだけど、
私、窪田くんの繊細な演技が好きなんだよね。
こういう、行き当たりばったりな勢いだけ、みたいなのは
なんかちょっと違うなぁと思ってしまった。
なので、第8話の亮太が記憶喪失になる話は好きだった。
なんか、ようやく窪田くんの本領発揮って感じがした。
なぜだかわかんないけど京極さんを助けに来てしまって
僕は何なんですかと言いながら涙を流してる亮太のシーンが
すごいいいなと思った。
あの話は面白いところときゅんとするところのバランスも良かったな。

最終回は生放送ということで、
またホントやりたい放題だなとか思いながら見ていたんだけど、
うん、やっぱり私好みではなかったかな・・・。
ストーリーは完全に生放送のための適当な話だったし、
生放送でやるっていうことは、
唐沢寿明さんのアドリブにみんながどんだけ対応できるかみたいなところで
楽しめるかなと思っていたんだけど、
ただのグダグダだった・・・。

まぁそんな感じだけど、
たぶん初めて見た竹内涼真くんがなかなか面白いキャラクターだったのと、
伊藤沙莉ちゃんやっぱ好きだな~。

来年には映画もやるということなので、観に行くとは思うけど、
いい具合に私のツボにはまる映画になるといいなぁ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント