勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『アズミ・ハルコは行方不明』&『映画・妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』(2016年12月26日 月曜日 20時00分)

金曜日に観に行った、今年最後の映画鑑賞。

アズミ・ハルコは行方不明

採点:☆☆☆☆★

公開から観に行くのが遅くなってしまった。
蒼井優ちゃんが久しぶりの主演ということで、結構楽しみにしてたんだけど、
PG12って知ってから、ちょっと観に行くか迷ってた。
んだけど、ぜんぜん大丈夫だったな。
なんでPG12なのかわかんなかった。

映画の感想としては、なんか、ぜんぜんわかんないんだけど、嫌いじゃない。
3回くらい観て理解できるかできないか、っていう感じだけど、
でもなんか、この雰囲気好きだな。

ここからはネタバレ。

何をどうって書こうにも、書きづらいっていうか、
どう解釈していいのかわかんないんだけど、
なんかもうぜんぶ投げ捨てたい、逃げたい、死にたいって思ったときにも、
生きて復讐してやると思えばずいぶん楽になるのかもしれないな、
というのは思った。

時系列がバラバラなので、最初の方は、
どう繋がっていくのかなと思って観ていたけど、
繋がってみれば、(アラフォー)、アラサー、ハタチ、JKの
それぞれの女の生き様みたいな感じもして、面白い。

キャストも良かった。
蒼井優ちゃんは、いい意味で、
別に美人な女優さん・可愛い女優さんで売ってるわけじゃないから、
こういう冴えない役もすごく似合うし、かっこいい役をやればかっこいいし、
オールマイティーだなと思う。
高畑充希ちゃんも良かった。
結構ぶっとんだ役も似合うね。
何気に山田真歩さんとかも存在感あるよなぁ。
平岩紙さんとか江口のり子さんとかの系列(?)で好きな女優さん。

なんか、何っていう感想が書けないんだけど、
わりと好きな映画だった。

映画・妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!

採点:☆☆☆☆★

今年最後の映画鑑賞が『妖怪ウォッチ』ってどうなのよ。

アニメもゲームも知らないし、まったく興味なかったんだけど、
Twitterで遠藤憲一さんの人面犬を見た瞬間に、
何これ観たい!って思って、観に行ってしまった。
子供連れでもないしかなりハードル高いよなと思いつつ、
山崎賢人くんとか斎藤工くんのファンの人に紛れればいけるかなとか思ってたら、
そんな感じの人がぜんぜんいなかったので、結構恥ずかしかったけど、
映画が始まってからは結構楽しめた。

ここからはネタバレ。

アニメの世界と実写の世界を行ったり来たりする物語ということで、
最初の方は、この人が実写になるとこうなるのよ、みたいな感じで、
なんかちょっとイマイチかなと思ったんだけど、
後半に行くにつれて、実写=現実世界、アニメ=創作世界っていうのがわかってきて、
面白かった。
アニメ版を知らないから元のキャラクターがわかんないけど、
実写世界ではお父さんが接待ゴルフに行ってるとか、
ふみちゃん(だったっけ?)がちょっとませてたりとか、
ちょっと現実的になってたり、
戦うシーンでは、口上を言い終わるまで敵が待ってくれないとか、
戦車作るにも時間がかかるとか、連続パンチがしょぼいとか、
上手くいかないことだらけっていうのが面白い。
ちょっと規模がだいぶ違うけど、ディズニーの『魔法にかけられて』みたいな。
カナミちゃんも、現実世界では踊れないけど
想像で作られた世界では自由に踊れる、ということで、
想いが強すぎて2つの世界を繋いでしまったんだね。
ちょっと最後の方、ボスがなかなか倒せなくて飽きたところもあったけど、
全体的には楽しかった。

キャストは、お目当てで観に行った遠藤憲一さんの人面犬が、
まさかの1シーンひとことで終わっちゃったので、あれ~って思ってたら、
最後のオチと、エンドロールにも出てきて良かった。
顔だけなのに反則だなあれは。
山崎賢人くんと斎藤工くんが、なかなかのナルシストぶりで面白かったし、
武井咲ちゃんはバレエの先生似合うね。
浜辺美波ちゃんは、『エイプリルフールズ』で観たきりか?
なんか、前よりしゅっとしたね。
そしてケータ役の南出凌嘉くんがとても上手だった。
アニメパートから実写パートになったときに違和感なかったな。

なかなか楽しい映画だった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント