勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『天使のいる図書館』(2017年03月18日 土曜日 17時03分)

採点:☆☆☆☆★

ポスターが可愛い雰囲気だったので、気になって観てきた。
ちょっとコミカルで、ハートウォーミングなお話で、良かった。

ここからはネタバレ。

相手が何を望んでいるのか、相手の立場に立って物事を考えるというのは、
図書館のリファレンスサービスじゃなくても難しいことで、
さくらの場合、知識もあるし、
困っている人を見かけたら声をかける、人に何かしてあげる、
そういう根本的に優しいところもあるのに、
自分がこうだと思ったらそのように進んでしまう、
知識に基づいて行動はするけど深いところまで考えられない、
極端な性格なんだな。
だから、泣ける本と言われて拷問の本(!)を探してきたり、
勝手に写真の場所に関する本を持ってきたり外に連れ出したり、
なんかずれたことをしている。

でも、結果的に、拷問の本が気に入られてたり、
最終的には弟の彼女になってたり、
写真の場所に連れて行ってもらうことで思い出がよみがえってきたり、
なんかうまい方向にことが進んでいくというのが良かったな。
空から羽根が落ちてきて、図書館に天使がいるかのような演出だけど、
さくら自身が実は不器用な天使なのかな、という気がする。

そして、おばあさんをはじめとする人とのふれあいの中で、
さくら自身も成長しているのが良いなと思う。
なんだかんだ言って、みんなに好かれてるな~と思うし、
非合理的だとか言いながらも恋愛小説を読んで企画にするあたりとか、
いろんな人に出会う前だったらなかったんだろうな、と思う。

誰かに何かしてあげたいけど、どうしていいかわからない思いは、
きっと誰にでもあることで、
そして失ってから、何もしてあげられなかった、って後悔が襲ってくるんだよね。
私も、もう会えなくなってしまったいろんな人を思い出した。
きっとあの人は幸せだったんだろう、っていうのは、
生きている人の願望というか、自分を納得させるための言葉かもしれないけど、
おばあさんは最後に想い人に会えて幸せだったんだろうと思う。
ちょっと急に、劇的な恋愛ドラマみたいな演出だったけど。

キャストもみんな良かった。
小芝風花ちゃんがすごく可愛らしかった。
すごく生真面目でしっかりしてるように見えて、田んぼ落ちたりしてるところとか、
ギャップが可愛いし、
おばあさんと出会って、感情が徐々にあふれ出てくるところとかも良かった。
自分の知識を話すときの独特なしゃべり方の時の、声が綺麗だなと思った。

ほっこりとあたたかいお話で、面白かった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント