勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『夜明け告げるルーのうた』&『美しい星』(2017年05月27日 土曜日 22時24分)

夜明け告げるルーのうた

採点:☆☆☆☆★

『夜は短し歩けよ乙女』が私好みの作品だったので、
同じ監督の作品ということで観に行ってきた。
この作品も私好みだった。面白かった。

ここからはネタバレ。

『夜は短し・・・』もそうだったんだけど、
話がどうこうの前に、絵の雰囲気とか映像の雰囲気とか魅せ方とか、
そういうのがまず私好みなんだよね。
それだけでもうわくわくしちゃう。

主人公は人魚と出会うことで閉ざしていた心を開いていき、
人魚は人間と仲良くなりたいと願うけど人間は傲慢で、
でもそんな人間を人魚は助けようとしてくれる、
話としては王道は王道なんだけど、最後まで楽しめた。
クライマックスで、人魚に食べられたと思われていた
タコ婆の恋人やおじいさんのお母さんが出てくるところとかは
結構じーんとくるものもあったし、
カイが『歌うたいのバラッド』を熱唱するところも良かったな。

ちょっと残念だったのは、みんなを魅了するはずの人魚の歌声が、
自分的にあんまり魅力的じゃなかったことかな。
現代的っていえばそうなんだろうけど、
変なエフェクトかかったみたいな声があんまり好きじゃないので、
あれ聴いて踊りたくなる感じではなかったな。

声は、特に有名な俳優さんとかがメインで出てるわけでもなかったので、
下手で気になる人とかはいなかった。
みんな合ってたと思う。

湯浅政明監督の今後の作品も楽しみだな。

美しい星

採点:☆☆☆★★

家族がいきなり火星人だ水星人だって言いだすその設定だけで
面白そうだな、と思って、結構楽しみにしていた映画。
なんだけど、う~ん、なんだろう、悪くはなかったけど、
途中で置いてかれた感じかも。

ここからはネタバレ。

映画の感想の時によく書いてるけど、
突拍子もなくわけわかんない感じの映画は好きなんだよね。
でも、途中で置いていかれちゃうとわけわかんない波に乗れないんだよね。

変な光に包まれたのをきっかけに火星人として覚醒したお父さん、
議員秘書に水星人仲間として引き入れられた長男、
(議員秘書はホントに水星人だったのかな?)
偶然聴いた『金星』の曲に惹かれて金星人として覚醒した長女、
(こっちの相手はクズ地球人だったっぽい)
唯一地球人だけど怪しげなビジネスに手を染めるお母さん、
こんな、あり得ないことが家族に一気に起きる展開は面白くて、
それぞれに、変な方向に向かっていくのは、
これはいったいどうなるんだろう、ってわくわくした。

ただ、火星人と水星人で方向性が違う言い合いがあって、
議員秘書が変なボタンをぽちっと押したあたりから、置いていかれた。
あの議員秘書は結局何がしたかったの?
ボタン押した瞬間にお父さんが病に倒れたのはなんで?
そしてそこから、そこまでのいろんなことはすっぱり切れて、
死にゆくお父さんのためにみんなでUFOに向かう展開になるんだけど、
その辺はまったくついていけなかった。
最終的に、UFOが迎えにくる展開はありだと思うんだけど、
そこに至る過程がなんか、急にお父さんの癌の話で終わっちゃったなっていう気が。

キャストは良かったと思う。
みんなうまいこと変な家族だった。
みんな大真面目に、私は○○人だとかやってるところが面白いね。

これちょっと、原作をちゃんと読んで理解したい気もするけど、
三島由紀夫さんの作品そもそも読んだことないけど面白いのかな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント