勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『結婚』(2017年06月25日 日曜日 00時59分)

採点:☆☆☆★★

面白かったことは面白かったんだけど、
なんか全体的に、知らない女優さんが多くて
演技が結構大げさな感じだったからか、
すごい一昔前の感じがした。
でもスマホとか持ってるから現代なんだよな。

ここからはネタバレ。

全体的に一昔前の感じがする中、
貫地谷しほりちゃんが一人現代的な感じがしたので、
なんかちょっと違和感があったんだけど、
でも想像の中の人だと思えばその浮遊感もありなのかな。
でも逆だけどね。しほりちゃんが昔でその他が今だけどね。

話自体は面白かったと思う。
こういう結婚詐欺師系の映画を観るといつも思うんだけど、
自分もこの映画でひっかかる人と同じくらいの年代で独身だけど、
私だったら絶対ひっかからんわ~って思っちゃうんだよね。
でも実際、ひっかかる人はいるわけで、
ひっかかってる人も自分がひっかかるなんて思ってないわけで。
人がそっちの方に流れていっちゃう
なんか上手い空間というか場の作り方があるんだろうな。
ディーン・フジオカさんにされたら自分も引っかかるんだろうか・・・。

古海はスマートにいろいろこなしているように見えて、
るり子にはばれて相棒にされちゃってるし、
ビルのオーナーには出くわしちゃってるし、
奥さんも最初は、実は騙されたふりして妊娠したことにして結婚しちゃった
したたかな奥さんなんじゃないかと思って見ていたので、
なんか実は、女性を振り回しているようで上手く操られてる人なのかな、
とか思って見ていた。

なので、奥さんが母親の面影から生まれた自分の想像だったというのは
ちょっとびっくりしたんだけど、
古海は結局最初から最後まで母親という女性に操られてきたんだろうな。
最終的に、母親の面影と決別したので、
これからの彼の生き方が気になるところだな。

キャストは、上にも書いたけど、
結構女性の皆さんが(特に相棒役の人)大げさな演技だったので、
なんかちょっと違和感を感じた。
その中での貫地谷しほりちゃんの浮遊感が良かった。
ディーン・フジオカさんは
ふかきょんのドラマでくらいしかまともに見たことなかったけど、
ハンサムだなぁと思いながら見てた(イケメンじゃなくてハンサム)。
演技は周りの人の影響もあってかちょっと一昔前の感じがした。

まぁ、1回観れば十分かな。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー

最新コメント