勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『メアリと魔女の花』森永乳業特別試写会(2017年06月30日 金曜日 23時30分)

採点:☆☆☆☆★

試写会が当たったのはいいけど、
ずっと残業続きで定時で帰れるのか心配だったので、
無事行けて良かった。

米林宏昌監督の作品は、『思い出のマーニー』は好きだけど
『借りぐらしのアリエッティ』はそんなに好きじゃなくて、
なんとなく今回の作品はアリエッティ寄りなのかな、と思っていたのと、
ポスターとかに出てるアップのメアリの絵があんまり可愛く見えなくて
魅力的じゃなかったので、
そこまで期待していなかったんだけど、すごく面白かった。
メアリも可愛かったし。

ただ、小さい子にはちょっと怖い場面もあるのかな、と。
途中で泣いてる子もいたし、自分の隣の子は怖がって途中で帰ってしまったし。
小学生以上なら大丈夫かな、という気がする。

ここからはネタバレ。

最初の方は、『魔女の宅急便』とか『となりのトトロ』のオマージュなのか、
ただ似てしまっただけなのかわからないけど、
今まで観たことあるような場面が結構あったので、
ジブリの二番煎じ的な感じなのかな、と思って観ていたんだけど、
突如魔法の大学が現れて、
おだてられて調子に乗ってるメアリも可愛かったし、
ピーターを助けるため奮闘するシーンはハラハラドキドキしたし、
ピーターの「一緒に帰ろう」はきゅんとするし、
助けた動物たちがお返しに助けてくれるというのもいいし、
花を盗んだ魔女がなるほど叔母さんに繋がってたのか、っていうのは
びっくりだったし、
最後まで面白かった。
キャラクターもみんな素敵だったけど、フラナガン最高やね。
いつもいいところに現れるね。
ほうきは大事にしなきゃね。

キャストも、ちょっと会場的に音が反響しちゃって
声が聞きづらかったこともあるかもだけど、
俳優さんが演じてることに関してはそんなに気にならなかった。
天海祐希さんとか佐藤二朗さんとか上手だったな。
(佐藤さんはエンドロールまで誰かわかんなかった)
ただ、遠藤憲一さんはちょっと・・・だったのと、
大竹しのぶさんはやっぱり大竹しのぶさんだね・・・。

エンドロールで流れる後日譚の映像とか、主題歌も含め、
観終わった後に、あ~面白かった、って満足する作品だった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー

最新コメント