勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『ミックス。』&『恋と嘘』(2017年10月25日 水曜日 20時00分)

土曜日に観た映画。

ミックス。

採点:☆☆☆☆★

古沢良太さんが脚本のコメディということで、
面白そうだなと思って結構楽しみにしていた作品。
ネタバレされたくないのに新垣結衣ちゃんのガングロ姿とかニュースで出ちゃって
なんでそういうことするかな、とか思ってちょっと萎えてたんだけど、
映画自体はとても面白かった。
嫌みがなくてにやっと笑っちゃう映画だった。

ここからはネタバレ。

元天才卓球少女が、寝取られた彼氏を取り戻すことをきっかけに
元ボクサーとペアを組み、全日本出場を目指す物語で、
動機は不純ながらも、だんだん卓球にのめりこんでいく姿とか、
萩との関係が変わっていくところが面白かったし、
コメディ要素と、恋愛要素というか人間関係と、卓球要素が
ちょうどいいバランスな感じがした。

江島が多満子とパートナーになりたいって言いだしたときは、
いやいやそんな都合のいい話はないだろ、って思ったし、
揺れるなよ多満子!とも思ったけど、
多満子に断られてまた愛莉とペア組んでるところを見ると、
萩も言ってたけどむしろ清々しいね江島。

そして萩が多満子を迎えに来てキスをして、試合に戻ってきた時には、
おいおいお前奥さんを差し置いて何やってんだよ、奥さんがかわいそうやん、
とか思っていたんだけど、そういう裏があったとは。
なかなかしたたかだったんだな奥さん。3度目の結婚ってことよね?

試合後の後日談のところも、
お父さんの借金の話は実は口実らしいことがわかったり、
麻婆豆腐のお店が繁盛してたり、
落合夫妻は農園やる気を取り戻したり、
優馬くんは高校はやめたのかな、卓球クラブで働いてたり、
弥生はセレブ奥様方とたこ焼きパーティーしてたり、
みんながそれぞれに、ちょっと前向きになっているところが良かったな。
もちろん多満子と萩も。

キャストもみんなそれぞれにいいキャラクターで良かった。
みんな良かったんだけど、自分的には蒼井優ちゃんがすごいツボだった。

難しいこと考えず楽しめる映画なので、
いろんな人におすすめできる作品だと思った。

恋と嘘

採点:☆☆★★★

政府が結婚相手を決める世界っていうのが、
なんか面白そうだったので観てきたんだけど、
う~ん、なんか、ヒロインの性格が自分的にダメだった。

ここからはネタバレ。

政府が結婚相手を決めるって言っても、
昔みたいに家柄とかで結婚したくもない人と結婚させられるとか
そういうのではなくて、
自分のあらゆる情報をもとに最良のパートナーを政府が選んでくれる制度で、
別にその人と結婚しなかったからって罰則があるわけでもないので、
これはむしろいい制度なんじゃないの?とか思ったりした。

ただ、16歳っていうのは、
いちばん自由に恋愛とかしたい年だから、
そこでパートナー決められるのは早いんじゃないかなっていう気はした。
20代前半くらいまでは自由に恋愛して結婚したい人と結婚して、
自分みたいに、別に結婚しなくてもいいや~と思ってる
30代のおばちゃんくらいになったら
政府通知送ってくれるくらいがちょうどいいんじゃないのかね。

まぁでも、この世界のように、自分たちが生まれた頃にはもうそういう制度があったら
そういうもんだと思って育つから、
このヒロインのように、16歳でパートナーに出会えるっていう
わくわくはあるのかなと思う。

あ~あと、ちょっとわかんなかったのが、
女の子だけじゃなくて、男の子も、16歳になったら政府通知が届くってことは、
パートナーがお互いに16歳でお互いに同じ誕生日じゃないと一緒に届かなくない?
でも蒼佑は葵より年上ってことは、
先に政府通知が届いた人は、相手が16歳になるまで
会わずに待ってるってことなのかな。
なんかちょっと設定に矛盾がある感じがした。

政府通知についてはこのくらいにして。
肝心の中身なんだけど、冒頭にも書いた通り、ヒロインの性格がなんかダメだった。
だって、本人的にはただの幼馴染なのかもしれないけど、相手に告白されてんだよ?
仮にも自分を好きだって言ってくれてる相手を、
自分のパートナーと3人で遊ぼうとか、ないだろ。
蒼佑といるときに司馬くんのお誕生日プレゼント買いに行くとかもさ、ないだろ。

最終的に蒼佑との結婚をやめて司馬くんのところへ行くけど、
それも、なんか自分の気持ちに気づいた風になってるけど、
司馬くんが病気じゃなかったらそのまま結婚してたでしょあなた、と思った。
そして司馬くんに幸せな生活を送らせてあげたからまた蒼佑のところに戻るんでしょ、
っていう終わり方だったよなぁ。
なんか、したたかな女って感じがしてしまった。

キャストは、北村匠海くんと佐藤寛太くんはまぁ良かったかなと思うんだけど、
森川葵ちゃんがなんか違ったような気がした。
いつも結構奇抜な役を多く見てたから良かったと思っていたのか、
今回なんか、普通の人(?)をやると、
全体的にオーバーアクションで馴染めない感じがした。

ちょっと自分には合わない映画だった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー

最新コメント