勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









ドラマ『監獄のお姫さま』&『コウノドリ』(2017年12月27日 水曜日 21時49分)

感想遅くなったけど、今クール見てたドラマの残りの2本。

監獄のお姫さま

これも面白いドラマだったなぁ。
宮藤官九郎さん脚本のドラマ。
刑務所で出会ったおばさんたちが、
冤罪で服役中の女性・姫の冤罪を晴らすために、
姫を陥れた男を誘拐して真実を明かそうとするお話。

おばさんたちがやっている復讐計画は、
正直めっちゃザルというか、いい加減な感じなんだけど、
第1話で男を誘拐するところから始まって、
そこから刑務所での出会いから順にいろんなことが明かされていく構成で、
毎回おばさんたちのやり取りが面白くて飽きなかった。
なんか、おばさんたちみんながすごい生き生きしてて楽しかった。
特に菅野美穂ちゃんがはじけてたような。
にゃんこスターネタやったりとか、楽しそうだった。
最初に誘拐される子供、勇介くんがどういう境遇で生まれて今どうなってるのか
だんだんわかってくるのとか、
役に立たない検事が馬場カヨの元カレだったりとか、
そういう展開も面白かったな。

最終回は、正直、そんな証拠があるならもっと早く見つけとけよ!って
思ったりはしたんだけど、
吾郎が殺人教唆の罪だと思っていたら実行犯だったってわかったところとかは
結構衝撃的だったな。
背中に包丁刺すところとか、怖かった・・・。
チビ社長の正体が吾郎だったのはちょっと面白かった。
最後に姫が語るところは、結構ぐっとくるものがあった。
冤罪で捕まって服役して、それが無駄じゃなかったって自分だったら言えるのかって
真面目に考えちゃうけど、
でも服役はともかく、自分のためにあんなに一生懸命になってくれる
素敵なおばさんたちが周りにいたら楽しいだろうな、とは思う。
勇介くんは今後どうなるんだろうなぁ。
2人のママと一緒にいるのだろうか・・・。ラストはチビ社長になってたけど。

と、真面目なことはともかく、単純に楽しいドラマだった。

コウノドリ

前回のドラマから2年ぶりなのかな。
前回の時も書いたと思うんだけど、医療系のドラマは、
手術シーンとか怖いから結構苦手なんだけど、
このドラマは、唯一、新しい命が生まれるということが素敵だなと思って
結構好きなドラマ。

今回は、命が生まれるということの不思議さとかすごさとか、
子供を産むということのすごさももちろんあったんだけど、
それぞれの登場人物が、成長して、新たな旅立ちを迎えるということが
結構メインになっていた感じがする。
ペルソナを出て行ったりとか、産科を離れたりとか、
いろんな決断をして旅立っていく人たちもいれば、
離れていたけどペルソナに戻ってくる人もいたり、
でもそれぞれに、応援したくなる旅立ちだったな、と思った。
下屋先生も白川先生も、たくましくなって
ペルソナの産科に戻ってきそうだな、って思う。
四宮先生の後を吾郎がついていったのは面白かったな。
でもいいコンビになりそう。
小松さんが最後に、ちょっと運命の人に出会ったぽい感じになったときに、
「まっ」って言ったのが結構ツボだった。
そしてそんなみんなの中で、鴻鳥先生はずっとペルソナに
みんなが帰ってこられる場所を作って待っているっていうのがね、
またいいなと思った。

また何年か後に、もっと成長したみんなが帰ってきてドラマやったりするのかな。
見てていろいろ考えさせられるので、
もっと見たい気がする。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント