勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









大河ファンタジー『精霊の守り人 最終章』(2018年01月31日 水曜日 20時00分)

去年の終わりから今年にかけて放送されていた
『精霊の守り人』の最終章が土曜日に終わった。

今回の話は、『闇の守り人』『天と地の守り人』がベースで、
始まる前に読み直すとか言ってたのに結局『天と地の守り人』の
1巻目までしか読めなくて
2巻目と3巻目まだ読み直してない・・・。

で、肝心の内容なんだけど・・・正直、今までは結構面白かったのに
なんか一気にがっかりした。
守り人シリーズの中で『闇の守り人』が一番好きなので、
原作に忠実にやってほしかったんだけど、なんか設定が変わりすぎた。

タルシュとの戦いのさなかにヒョウルとの儀式が入ってくる形になったので、
なんかお話がそれ単独じゃなくて、流れの中に入っちゃったのも
自分的には微妙だった。
ドラマではログサムが死んでなかった理由は、
ユグロを登場させないで代わりに役割を担うためだと分かったけど、
それにしても話が違いすぎて・・・。

カンバル編が終わってからの、タルシュとの戦いのところは、
面白いなと思うところもあったんだけど、
まだそこ読み返してないけど自分の中で原作で印象に残っていた、
バルサとタンダがキスするシーン、
シーン自体は、すごい綺麗だったし、好きなシーンだったんだけど、
最終回じゃなくて1回目前でそのシーン出てきたので、あれ?と思っていたら、
そのあとタルシュに捕らわれるっていう・・・。
え、あんたたち、2人がイチャイチャしてるとこ見とったんかい!
ちょっと邪魔しないでほしかったわ。

キャラクターとしても、原作と違ってても上手く使われてる人もいたんだけど、
なんかあんまりシュガとか活躍せずに終わっちゃった感じがするし、
ガカイはなんかお笑い担当みたいになっちゃったし、
なんかいろいろ違和感があったなぁ。

綾瀬はるかちゃんは全編通してやっぱりすごく良かった。かっこよすぎた。
これからこういう役が増えるといいのに。
東出昌大くんは、やっぱりなんかちょっと違和感あったな。
タンダのやさしさが出ていない感じが。話が変わってるせいもあるんだろうけど。
見た目は合ってるんだけどな。

結局、3年かけてちょびちょびとやっていたけど、
別にまとめてやればよかったんじゃないかな、という気もした。
そして、『天と地の守り人』の2巻3巻を早く読み直して
この違和感を解消したい・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント