勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









ドラマ『アンナチュラル』(2018年03月16日 金曜日 23時18分)

今クールで唯一見てたドラマで、とってもすばらしかったドラマ。
前クールの『刑事ゆがみ』も結構すごかったけど、
このドラマも毎回毎回身につまされる想いというか、
見終わった後すごいしんどくなるんだけど、すごい考えさせられて、
胸がきゅっとなる感じのドラマでとても良かった。

脚本も良かったし、キャストもホントにみんな良くて、
石原さとみちゃんはじめ、窪田正孝くん、市川実日子ちゃん、井浦新さん、松重豊さん、
UDIラボのみんなが上手い人ばっかりですごくいいキャラで良かったし、
ラボ以外の人もゲストの人も、みんな良かったな。
あとは米津玄師さんの主題歌『Lemon』がまた毎回すごいいいところで流れ始めて、
余計に胸がきゅっとなって、すごい良かった。

日本では不自然死のほとんどが司法解剖されないまま火葬されることが多くて、
真相がうやむやになることが多いらしい。
そんな不自然死の遺体を解剖して真実を見つけることで、
生きている人にいろんなことを訴えかけてくるドラマ。
3話くらいまでは、死を扱いながらも、まだ、気楽に見られると言ったら変かもだけど
軽い話で、ちょっとスリルとか爽快感もあって、それもそれでよかったんだけど、
4話からが一気に本格化していった気がする。
4話の過労死、5話の恋人を殺した犯人への復讐、7話のいじめによる自殺、
8話の火事現場の殺されたと思われた死体の真相なんかは、
見た後ホントに、しんどくなったんだけどすごかった。
そして9話の、中堂さんと恋人の思い出のシーンでの『Lemon』はまたすごかったな。

最終回はまた、それぞれのキャラクターが色濃く出た回で、
あの犯人にはすごいむかついたけど、真相がわかって良かったと思う。
土葬ってキーワードが出てきた時に、え、遺体あるの?ってびっくりしたけど、
8年経ったからこそわかる真実もあるのだな。
鑑定書出した時の所長がめっちゃかっこよかったのと、
六郎を信じてたからこそ許せない東海林さんのせつなさと、
超えてはいけない線を超えてしまいそうでなんとか踏みとどまった中堂さんと、
裏切ってしまった後悔を背負った六郎が新たな気持ちでまたUDIに戻ってくるところと、
ミコトがいろんなことを抱えながら生きていく姿と、
なんか、すべてが愛おしくなるような回だった。

ちょっとやるせないのは、8話で家事現場でみんなを助けようとして亡くなったあの人は
いちばん助けちゃいけない人を助けてしまったんだなっていう・・・。
でも、あそこで犯人死んでたら真相にたどり着けなかったわけだからなぁ。
複雑だなぁ。

まぁとにかく、すごくいいドラマだった。
DVDプレゼント応募しなくては。
当たったことないけど。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント