勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









畠中恵『まったなし』(2018年06月23日 土曜日 22時26分)

畠中恵さんの『まんまこと』シリーズ第5弾、『まったなし』。

まったなし (文春文庫) まんまことシリーズ 5

新品価格
¥702から
(2018/6/23 21:54時点)



『まんまこと』シリーズももう第5弾で、
第3弾から第4弾にかけては、麻之助が妻・お寿ずと子供を亡くすなど、
ちょっと悲しい感じで話が進んでいたんだけど、
今回のお話は、清十郎の縁談がメインのお話。
そこに、お由有の縁談も絡んできたりとか、
さらには幸太の出生の秘密が明らかになったりとか、
このシリーズは麻之助のお気楽さに反して
結構物語が重いというか、大人な感じ?
おめでたい結末だったけど、今後の展開がまたいろいろありそうで、
気になる終わり方だった。

一応ひとつひとつは短編なので、ちょっとずつ感想。

まったなし

町名主西松家の寄進が集まらないことから始まり
いろんな問題ごとが絡まってくるお話。
いろいろドタバタで、でも一気に解決していくところが面白い。

子犬と嫁と小火

いなくなった子犬探しから、連続放火の犯人探しにつながる話。
清十郎の縁談相手としてお香さん、お安さんが登場。
お安さんがかしこくてかっこいい。

運命の出会い

これは『しゃばけ』シリーズだったらありそうだけど、
『まんまこと』シリーズの中ではちょっと異色な感じ。
麻之助が病気になり、あの世への入り口をさまよう話。
死んだお寿ずも出てきたり。
そして現実の出来事ではないはずだけど、
お由有が幸太を身ごもったわけが語られて、ちょっと衝撃だった。

親には向かぬ

丸三の妾・お虎が、質屋の息子・万吉を引き取ることになるお話。
万吉が受け取ることになる財産をめぐって、
縁を切った親戚とのひと騒動。
なかなかのドタバタ劇だったけど、最後は一安心。

縁、三つ

1人の男をめぐる2人の女の騒動の話で、
なるほどそういうことね、と納得する話だった。
そして清十郎のお相手がとうとう・・・?
お安さんは可愛いなぁ。
そして清十郎は女たらしだったんだなぁとか改めて思ったり。
実を言うとこの話のあたり、
お安さんは麻之助が好きなんじゃないかと思ってたけど。

昔から来た文

清十郎の昔の女の人たちからお安さんに嫌がらせの文が届く話。
文の送り主の正体はちょっと怖くて
これから何が待ち受けているんだろうと思うけど、
お安さんがしっかりしているので清十郎は良かったなと思う。
最後の最後が少女漫画ちっくでむず痒いわ~。

ネタバレ覚書。
・清十郎とお安が夫婦になる。
・お由有を身ごもらせた男・達三郎が江戸に帰ってくる。








古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント