勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『君が君で君だ』(2018年07月07日 土曜日 16時00分)

採点:☆☆☆★★

池松壮亮くんが尾崎豊になるらしいくらいしか情報を持ってなかったんだけど、
なんとなく気になってたので観に行ってみた。
こういう映画は嫌いじゃないんだけど、あんまりよくわかんなかったかな。
嫌いじゃないんだけど。

ここからはネタバレ。

簡単に言うと、1人の女性に対し3人のストーカーがいる話、かな・・・。
本人たちはストーカーじゃないと言ってるけれど、ストーカーだと思う。
でもなんか独自の愛の形を持っていて、かなり行動は理解不能。
彼女が尾崎豊とブラット・ピットと坂本龍馬が好きだから
それになろうとするとこまでは理解できなくもないんだけど、
彼女を守るための国を作って、
そこからなぜああなってしまったのかはさっぱりわからない。
何もかもが気持ち悪い。
現実にそういう人がいたらひくどころじゃない。
だけどまあ、そこは映画だからなのか、これも愛なのかと思うからなのか、
馬鹿だなあと思いながらも見ちゃう。
あの借金取りの女の人の気持ちに近いのか?

途中でなりきり尾崎(本名忘れた)が言ってたけど、
彼女のすべてを見てすべてを愛せるところまで行けるかって言ったら
自分は行けないと思う。
それはすごいことかもしれない。
ただ、君は君であって僕ではない限り、
そこまで深いところまで行ってはいけないと思う。
あの人たちはどこかで間違ってしまったのだと思う。

なりきり坂本が解散を聞いた時に、ちょっとせつなくなったのは、
3人の時間が単純に楽しかったからなんだろうなと思う。
全然理解できないけど、彼らにとっては青春だったんだろうと。
でも、そこから解放された時のみんなの清々しさもある。
改めて見るとよく10年も住んでたよな、となる。
ここからみんながどうなるのかはわからないけど、
なりきり尾崎はまだ韓国まで行こうとしてるし、ちょっと危なっかしいね。
妄想してたようなハッピーエンドにはならないと思う。

キャストは良かった。
池松壮亮くん結構いろんなことしてたな。
最後の方の境地に達したような感じはちょっと怖かった。
満島真之介くんは嫌味がなくて良かった。
大倉孝二さんは、全然違うんだろうけどなんとなく坂本龍馬似合う気がしてしまった。
高杉真宙くんも、普段スカッとジャパンとかで
変に爽やか系の役ばっかりやってるので、今回のような役は良いと思った。

よくわからないと書いたわりに結構長く感想書いた気がするけど、
結局のところはよくわからないね。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント