勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『未来のミライ』(2018年07月21日 土曜日 18時50分)

採点:☆☆☆★★

細田守監督の作品は大好きなので結構楽しみにしてたんだけど、
今回は自分的にはちょっと微妙だったかなぁ。
なんか、全体的にお話がぼやっとしてたような。

ここからはネタバレ。

主人公のくんちゃんが未来から来た妹と会う話だと思っていて、
まぁ確かにそういう要素はあったんだけど、
犬が人間になったり、昔のお母さんやひいおじいちゃんにあったり、
未来へ行ったり、
そういういろんな出来事が、うまく繋がってなかったような。

最終的にくんちゃんが未来ちゃんのお兄ちゃんであることを認めたり、
お父さんお母さんがちょっと成長したかもって言い合ったりするんだけど、
そこまでいくにあたる要素はなんだったんだろうって思うと、
なんかぼやっとしてる気がした。

あとは、主人公のくんちゃんが何才設定なのかがわかんなかった。
あくまでもうちの4才のおいっこと比べてのことだけど、
見た目は3才くらいかなと思うのに、
話し方や言ってることは5、6才な感じがしたり、
かと思えばお父さんお母さんの名前言えなかったり。
あの子は一体何才なんだ。

あと、声が、概ねみんな合ってて良かったんだけど、肝心のくんちゃんが・・・。
上白石萌歌ちゃん、まずくんちゃんの顔と声が合ってないし、
根本的に下手だった・・・。
他が良かっただけに、目立ってしまったのが残念だった。

なんか、感想もぼやっとした感じになってしまった。
子供向けのお話でもないような気がするし、
かといって子育てが大変なお父さんお母さんが観て元気をもらう話でも
ないような気がするし、
ターゲットもぼやっとしてるような。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー

最新コメント