勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









仁木英之『僕僕先生 恋せよ魂魄』(2018年08月21日 火曜日 19時47分)

この間書いた、読んだけど感想書かずに溜まってた3冊のうちの2冊目。
仁木英之さんの『僕僕先生』シリーズ第9巻『恋せよ魂魄』。

恋せよ魂魄 僕僕先生 (新潮文庫)

新品価格
¥637から
(2018/8/21 19:20時点)



なんか、サブタイトルと中身が微妙に合ってない気がするな。
『僕僕先生』シリーズ、単行本ではどうやら完結したらしいんだけど、
文庫本ではまだあと2冊くらい出るのかな?
前の巻から間が空くので感想の最後に覚え書き書いといたら
あ~そうだったって思い出せるから良くなった気がするが、
それ以前に出てきた人が再登場すると誰やっけ?ってなる。
もう1回最初から読み直したいんだよなぁこのシリーズも。
んで相関図とか書きたい。

さて、前巻で、劉欣が両親をさらった田欧を追って長安に向かい、
僕僕と王弁はそれを追うことになったわけだけど、
今回の話は、その劉欣の話と、
劉欣を追う途中で僕僕たちが出会った病気の少女タシの話。
もうねぇ、タシの話もちょっとせつなくていい話だったんだけど、
劉欣の話が・・・最近劉欣お気に入りだったので・・・。

ネタバレ感想。

不治の病だったタシが、王弁に恋をすることで元気になるっていうのは、
医術としてあり得るような気がする。
なんか、ダメだ~って思ってるとダメになってきたり、
いいことがあると元気になったりするのってあるし。
でも、タシが元気になることで兄のドマに病気が移ってしまうっていうのは
残酷だなぁ。
タシは死んでしまうけど、王弁に会ったことで、
絨毯を完成させることができて、王弁にも恋をして、幸せだったのかなぁ。

そして劉欣。
巻が進むにつれて劉欣がどんどんかっこよい男に思えてきて、
まぁそれは小説だから実際の容姿は想像でしかないからかもしれないけど、
でも、口は悪いけどホントは優しい人だよね。
今回出てきた旋にしても、ただ歌が好きなだけだったのに
間者にされちゃったみたいなので可哀そうだけど、
でも劉欣が歌を聴いてくれて、
彼女もまた劉欣に恋をして死んでいったのは幸せだったのか。
劉欣いいなと思っていたところだったので、劉欣が死んでしまったのは悲しい。
両親も結局死んでしまったし。
でも、劉欣の仙骨を王弁が受け継いだので、
王弁はこれからもっともっとたくましくなっていくのかな、と思う。
物語もクライマックスに来たので、早く次読みたいなぁ。

以下、覚え書き(ネタバレ)。
・王弁が劉欣の仙骨を受け継ぐ
・僕僕が術を使えなくなる
・胡蝶の頭・貂はまだ生きてるっぽい








古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント