勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『星屑の町』(2020年03月09日 月曜日 18時21分)

採点:☆☆★★★
 
のんちゃんが歌ってるポスターが可愛かったので
観てきたんだけど、う~ん?
いつの時代の話なんだ?って感じだったし、
結局なんなんだろうっていう話だった。
 
ここからはネタバレ。
 
売れない歌謡グループのお話で、全体的な雰囲気も昭和な感じで、
出てくる曲も、1曲しか知ってる曲はなかったけど
昭和な曲ばかりだったので、
てっきり昭和の時代のお話だと思って観ていたんだけど、
途中でケータイ出てくるし、アラフォーとか言ってるし、
え、これってここ10年くらいの話なの?
今の時代で、おじさんたちの歌謡グループに入りたい
若い子の話って、ある?
ハローナイツにお父さんがいるかもしれないから入りたかったけど、
もう過去を振り返らないって決めたからグループ脱退して
ラストで新しいグループに入ったってのはわかったんだけど、
そのグループも、今の感じの人たちっぽくはないよね。
何設定?架空の時代設定?
なんか、昭和の話ならこの雰囲気も、
半ばノリっぽい感じで女の子がボーカルに入っちゃうのも
まぁありかな、とは思うんだけど、現代の話ならば無いなぁ・・・。
 
ハローナイツもいい加減なグループだなぁと思った。
ボーカルが抜けて解散寸前までいって、
でも、あいちゃん入れてブレイクして、
かと思えば、あいちゃん脱退したらボーカル普通に戻ってくるし。
そんな感じでいいんだ。
 
のんちゃん観たくて行ったけど、まんま『あまちゃん』だった。
なまりもそうだし、ずけずけとものを言う感じもそうだし、
東京で歌手になるのもそうだし。
そして、歌は上手かったんだけど、後付け感がすごくて、
浮いている感じがした。
生歌の方が良かったんじゃないかな。
 
ということでちょっと、自分には合わなかった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント