勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









谷瑞恵『思い出のとき修理します』(2020年04月07日 火曜日 21時38分)

読む本がなくなったので
母がおすすめと言っていた本を読んでみたら面白かった。
谷瑞恵さん『思い出のとき修理します』。

思い出のとき修理します (集英社文庫)

新品価格
¥660から
(2020/4/7 21:29時点)



いつも本読むときブックカバーしてるから
表紙絵ちゃんと見てなかったけど、
ちょっと自分がイメージしてたのと違うかも。

ほとんど店の閉まっている商店街に引っ越してきた主人公・明里と、
向かいの時計店を営む青年・秀司の物語。
秀司の店のショーウィンドウには
『おもいでの時 修理します』と書かれたプレートがあるんだけど、
訪れてきた人たちの思い出を修理するような出来事が
次々起こって、心温まる物語だった。
明里と秀司もそれぞれに過去に抱えているものがあるんだけど、
関わっていくうちに少しずつ距離を縮めていくのが素敵。
それと、太一というちょっと変な大学生が出てくるんだけど、
この子が読めば読むほど神様のお使いみたいな面白い子で
正体をいろいろ想像するのも楽しい。

1つ1つの物語は短編でもあるけど、
シリーズは4作あるので、最後まで読んだらどうなるのか楽しみ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント