勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「いのちの星のドーリィ」&「コキンちゃんとあおいなみだ」(2007年08月17日 金曜日 20時04分)

キッズステーションのアンパンマンスペシャルで、
去年映画化された2作が放送された。
早く放送されないかな~とすごく楽しみにしてたので、嬉しい~。

ということで、2作の感想。
ネタばれするので注意。
結論だけ言うと、どちらも面白かったよ~。

いのちの星のドーリィ

採点:☆☆☆☆★

アンパンマン版「ピノキオ」。
命をもらった人形が、自分の好き勝手に生きるんだけど、
誰かのために生きるということを学び、
最後にはアンパンマンの為に自分の命を差し出し、ただの人形に戻ってしまう。
でも奇跡が起こり、人形は本物の人間になれる、という話。
死んでしまった人が、最後に奇跡が起こって生き返る、という話は、
正直好きではない。
死んでしまった自分の周りの人や、動物は、
どうして奇跡が起こって生き返ってくれないんだろう、って思ってしまうから。
でも、この話は、あんまりそういうことは思わずに見た。
人形が人間になる、っていう話だからなのか・・・?
「ピノキオ」好きだしね。
アンパンマンにゲストで出てくる登場人物(今回なら人形のドーリィ)は、
毎回、ママになった人が吹き替えをやっていて、
ここ最近だと、工藤静香さんやともさかりえさんがやっていたんだけど、
今回のドーリィ役は、安達祐実ちゃん。
祐実ちゃんが吹き替えやってるのを見るのは、ルパン以来だったんだけど(8年くらい前?)、
なんだかずいぶんうまくなっていた。
ドーリィの風貌からして、すごく合っている感じがした。
アンパンマンに命を差し出すところでは、泣きそうになった。
そしてこの映画、クライマックスあたりに流れる「アンパンマンのマーチ」が非常に怖いよ・・・。
それがまた涙を誘うのであった。

コキンちゃんとあおいなみだ

採点:☆☆☆☆★

ドキンちゃんの妹、コキンちゃんが遊びにきて、ひと騒動。
わがままさもドキンちゃんにそっくり・・・というか、それ以上。
嘘泣きが得意なコキンちゃんだけど、
最後の姉妹愛にはちょっと感動。本物の涙は素敵。
そしてオチには笑った。
コキンちゃんの声、ちょっとイメージと違うなぁと思っていたら、
乙葉さんだった。
乙葉さんは好きだけど、この声はあんまり合ってないかも。
・・・っていうか、乙葉さんってママだったっけ???
ところで、アンパンマンの映画で毎回声の出演をしているという、
日本テレビの藤井アナ。
とうとうキャラクターになってしまったよ・・・。
フラワーマン、顔そのまんまやん。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント