勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「めがね」(2007年09月27日 木曜日 23時07分)

採点:☆☆☆☆★

・・・3.5くらいだなぁ。

またまた久々、1ヵ月ぶりに映画を見てきた。
日本映画の公開ラッシュが終わってしまったのか、
最近あんまり見たいのがないよ・・・。

というわけで、「めがね」。
この映画は、実をいうと、見に行く予定じゃなかった。
「かもめ食堂」が大好きだったので、
どうせ「かもめ食堂」の二番煎じだろうなぁ・・・と思ってたのだ。
キャストも小林さんともたいさんだし。
なんだけど、市川実日子さんが出るのを知って、
なんとなく見たくなった。
(市川さん好きなんだ。誕生日も同じだし・・・)

全体的な感想。
「かもめ食堂」の二番煎じは大間違いだった。
空気感、映像は「かもめ食堂」と同じ雰囲気で、
物語は、「かもめ食堂」のときとはまた違う
清々しさ、優しさ、あたたかさがあった。
くすっと笑えるところや、なんだかいいって思える雰囲気は多々あり、
また、「かもめ食堂」のときにちょっと気になっていた、
映像の切り取り方とか、間の取り方が、
うまくなってる感じがした。

・・・なんだけど。
終わった後の感想としては、あれ?これで終わりなの?という感じ。
ん?なんだろう、何かが足りない・・・。
すごくいいんだけど、ん~?

ちょっとネタばれ入りそう。

物語の中に出てくる人たちは、
みんないい感じだし、雰囲気もいいし、面白いんだけど、
結局この人たちはなんだったんだろう?
主人公のタエコさん。
彼女は結局どういう人だったのか、背景が全くないので、
この人がハマダに来て、そしてどうなった、というのが
イマイチわからない。
小林さんの雰囲気のせいなのかなんなのか、
とてもたそがれるのが上手そうに見えてしまうし、
だんだんここの人たちのペースに巻き込まれているというよりは、
最初からここの人たちに溶け込んでいるような感じに見えてしまった。

なので、まぁ普通に旅好きな人がここにふらっと立ち寄って
現地の人と素敵な時間を過ごして帰りました、
くらいの話なのかなぁ・・・って思っちゃう。

と、こんなごたごたいう映画ではないのかも知れないけれど。
綺麗な風景と美味しそうなごはん、
そしていい感じの人たちが見られればいいやん、
っていうのだったら、十分満足。
ここでごたごた言ってしまう私みたいなのが、
この場所に行ってたそがれてみたら何か変わるのかもしれないなぁ、
などとふと思った。

ラストシーンのサクラさんが来るところ、好き。
でも、後ろからおまけのようについてくるヨモギくんは必要なのか?
・・・あぁ、また余計なことを考えてしまった。

ということで、自分としては、
すごく良かったんだけど、ラストであれ?これで終わり?という
妙なぽっかり感が残る映画だった。







(2007年09月29日 土曜日 12時30分)
投稿者:ケント(URL

cherryさんコメントありがとう
ごはんが美味しそうなのは、この監督の得意技なのでしょうか。観ていてお腹が好きましたよね。(笑)
ストーリーも会話もなく、登場人物の背景も描かれていないので、退屈に感じるかもしれませんね。
でも僕には、日常の雑事を忘れ、その悠々とした雰囲気が良かったです。癒されました。だって「ケントのたそがれ劇場」ですから。(笑)



(2007年09月29日 土曜日 13時33分)
投稿者:cherry(URL)

そうですね。「かもめ食堂」のときも見てておなかがすきましたが、今回もおなか鳴らないか心配でした^^。
雰囲気はとてもよかったですよね。退屈には感じませんでした。
なるほど、そういえば「たそがれ劇場」でした!



(2007年09月29日 土曜日 22時03分)
投稿者:隼人(URL

この映画、最初テレビ宣伝見たときなんだか変わった映画だなと思っていました。
とりあえず、ネタバレ部分は見ないようにしておきました。



(2007年09月29日 土曜日 22時26分)
投稿者:cherry(URL)

変わった映画です^^。
まったりたそがれるにはいい映画だと思いますよ~。




古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント