勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









乙一「天帝妖狐」(2007年10月11日 木曜日 20時26分)

本を読んだあと、あとでブログに感想を書こうと思って
パソコンの横に置いておくので、
いつの間にかどんどん溜まっていく・・・。
なんかもう、読んだのが前過ぎて忘れかけてたりするのも
あったりするんだけど。

というわけで、今日の本は、乙一さんの「天帝妖狐」。

この本は、
「A MASKED BALL -及びトイレのタバコさんの出現と消失-」
「天帝妖狐」
の2つの中編が収録されている。
正直、表題になっている「天帝妖狐」よりも、
「タバコさん(略)」の方が数倍面白いので、
今日は「タバコさん(略)」の紹介をしようと思う。

誰も使わないようなトイレの個室を、
喫煙場所として使っていた「ぼく」。
ある日、その個室の壁に、
「ラクガキスルベカラズ」という落書きがされていた。
それに対して、次の日、3人の人間が、
落書きの返事を落書きしていた。
このときから、「ラクガキスルベカラズ」の人、
次の日の3人、そして「ぼく」の5人で、
トイレの壁での落書き合戦が始まる。
そして、「ぼく」の周りで、奇妙な出来事が・・・。

とにかくハラハラドキドキ。
次は何が起こるのか、落書きをしているのは一体誰なのか、
そして、「ぼく」の運命は・・・!?

最後の終わり方がまた粋で良い。

最初から最後まで、一気に読みたくなっちゃうよ。
ぜひお試しあれ。







(2007年10月12日 金曜日 23時38分)
投稿者:隼人(URL

こんばんは。
cherryさんはよく本について書かれているので、楽しみにしています。僕は映画ばっかり見ていますけど。
今回の紹介している本は、ハラハラする感じがいいですね。映画化されたら見てみたいです(笑)



(2007年10月13日 土曜日 10時43分)
投稿者:cherry(URL)

楽しみにしてくださってありがとうございます~。
乙一さんの小説は、サスペンス色が結構強いので、読んでてハラハラドキドキします。
いくつか映画化されているものもあるので、
ぜひ見てみてくださいね。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント