勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









TAKASHI MASUZAKI Presents『The Lounge Vol.10』feat.竹井詩織里(2007年10月23日 火曜日 22時49分)

本日は、有給取って、朝から映画2本見て、
そして竹井詩織里さんのライブに行ってきた。

映画の話はまた順番にするとして、
本日は、ライブ感想を。

今回ライブがあったのは、「ブルーノート」という
名古屋のライブハウス。
ライブのタイトルは、
「TAKASHI MASUZAKI Presents『The Lounge Vol.10』feat.竹井詩織里」
ということで、竹井さんがメインなわけではなく、
増崎さんというギターの人のライブに、
竹井さんがボーカルで参加する、というもの。
竹井さんメインじゃないから何曲歌うかわかんないし、
チケットも5800円で高いし、
ブルーノートも料理やカクテルを楽しみながらライブも楽しむ、みたいな場所で、
メニュー見ると全部高いし、
行くかどうかちょっと迷ったけど、
竹井さんが名古屋でライブなんてもう二度とないかもしれん!と思って、
見に行くことに。

ライブは、第1部と第2部があり、私が見に行ったのは第1部の方。
17時30分開場、18時30分開演だったので、
17時ちょっと前にライブハウスに行った。

私の予想では、ライブハウス前に人がずら~っと並んでると
思っていたのだが、
予想に反し、誰もいなかった・・・。
もしかして早く来すぎたのかも、と思い、向かいの店で様子を伺っていたが、
並ぶ様子もないので、思いきって入ってみることに。
ライブハウスは、階段を降りた地下2階にあり、
階段を降りる間がめっちゃ不安になった・・・。
で、降りてみると、人が並んでるのを発見。
なんだ、入ってみれば良かったのか。
・・・しかし、並んでると言っても、私の前に7人のみ。
あれ?こんなもん・・・?
結局あまり人が来ないうちに開場となり、私は8番で入れた。

ブルーノートのサイトで見た時は、
もうちょっとホントにバーっぽいお店っぽい感じを想像してたんだけど、
ホントにライブハウスにテーブルと椅子が置いてあるだけだった。
なんとなく、倉庫みたいだ、と思った。
順番に1人ずつ席に案内され、メニューを渡される。
私は竹井さんがよく見える場所がよかったので、
ど真ん中の前から2番目の席にした。
何か食べようか迷ったけど、やっぱり高かったので、
ジンジャーエールだけ頼む。
っていうか、お店の人、何にも言わないで黙って立ってるから、
どうすればいいのか困っちゃったよ・・・。
ご注文は?とか聞いてよ・・・。

そんな感じで、開演の18時30分。
ふと周りを見渡して、人の少なさにびっくり。
50人いないくらいじゃないかなぁ。
テーブルガラ空き。
そんなもんなんだねぇ・・・。
やっぱり竹井さんがメインじゃないからかな。
高いからかな。
(むしろ竹井さんの知名度のなさか!)

ということで、いよいよライブスタート。
最初は増崎さん含め、4人のメンバーでの演奏。
増崎さんは、写真で見たらすごい渋い感じなのかと思っていたけど、
実際は普通の気さくな感じのおっちゃんだった。

2曲くらい演奏したら竹井さんが出てくるかな、と思っていたら、
意外にも4曲演奏が・・・。
聴くのは好きだけど、インストゥルメンタルだから、
なんかやりながら聴く分にはいいけどそれだけ聴いてると
ちょっと疲れる・・・。
っていうか、歌詞つけたくなる。
しかも1曲が長いし。
最初の2曲はちゃんと聴いてたけど、
後の2曲はあんまりちゃんと聴いてなかったかも・・・。
ピアノ&キーボードの人は、自分がピアノやってることもあり、
すごいなぁと思って見てたけど、
ベースの人は正直すごいのかどうかよくわからん。

さて、4曲演奏後、ライブ開始から45分で、
ようやく待ちに待った竹井さん登場!
めちゃめちゃ可愛い!!
ホントにステージすぐ近くだし正面なので、
めちゃめちゃよく見えた!可愛かった!
花柄のワンピースがまたすごく可愛かった。
そして歌がめちゃめちゃうまい。
かっこよすぎ。

最初の曲は、noteシリーズから「Honesty」。
この曲は、ライブ始まる前から、
なぜか歌うような気がしていたので、
あ、ホントに歌った、と妙に感心してしまった。
1曲目からすごく伸びのある歌声で、綺麗だった~。

次の曲はミニアルバムから「Song for you」。
この曲は生で聴いてみたかったので、
すごく嬉しかった。
とにかく綺麗で、丁寧に歌ってて素敵だった。

ここで、ペットボトルのお茶を飲もうとした竹井さん、
増崎さんに、「詩織里ちゃん久し振りだね~」と
突然近所のおじちゃんみたいな振りがあり、
トークに突入してお茶を飲み損ねる。
増崎さんのトークにすごい的確に応対してるのがすごいなぁと思った。
ボールが投げられたら返す、みたいなのがうまい。
その辺は関西人っぽいのね。
でも、「最近はカバーが多いの?」という増崎さんの問いかけの、
「カバー」を「カマー」と間違えて答えてたっぽかったけど・・・。
(このあとお茶は飲めたみたい)

次の曲はタイトルを忘れてしまったけど、
カバー曲で知らない曲だった。
すごく優しい曲で、竹井さんに合っている感じがした。

次もカバーで、「fantasy」。
この曲は、Yokoさんがアルバムでカバーしてるので、
曲は知っていたんだけど、
竹井さん用に全くアレンジが変わっていて、
jazzっぽくてすごくかっこよかった。

次はミニアルバムから「at eighteen」。
「fantasy」からこの曲への流れが、すごい良くて、
この曲はミニアルバムの中でも結構異色な曲だと思うんだけど、
今までにない竹井さんを見ることができる曲で、
とにかくかっこよかった!
力強い歌声が素敵。

ここで増崎さんから、「ファーストステージ最後の曲」と紹介が。
え~、もう終わっちゃうの!?
というか、「ファーストステージ」最後ってことは、
もしかして第2部は第1部と違う曲をやったのかな・・・?
だったら第1部と第2部別料金じゃなくて、続けてやってくれればいいのに。
最後の曲は「セツナの光景」。
この曲もミニアルバムの曲だけど、すごく優しくて、
「at eighteen」までの流れとまた変わってすごく良かった。
でも、もう終わっちゃうの~って思いながら聴いてたので、
しっかり聴いてなかったかも・・・。

これにてライブ終了。
アンコールしたのに、やってくれなかった・・・。

感想としては、すごく良かったんだけど、
6曲で5800円はやはり高いなぁ。
竹井さんの出番45分だけだったし、すごく短く感じた。
アンコールやってくれなかったのも不満。
でも、普段行くライブって、
立って聴くライブばっかりだったので、
じっくり座って聴けるっていうのもいいなぁと思った。

今度はぜひ、名古屋でワンマンライブやってほしい。







話題は反れますが(汗)(2007年11月05日 月曜日 15時06分)
投稿者:マスオ(URL)

こんにちは☆昨日、一昨日名古屋というか愛知県に父の用事に便乗して観光に行って来ました♪祝日だったからなのか凄く人が多くてビックリでした(笑)竹井さんと増崎さんがliveを行ったブルーノートの前も「ひつまぶし」を探して歩いていたら偶然発見しました♪
知多市の方に用があったのでその後そっちに向かったんですが、観光する場所があんまりなくってhttp://blog33.fc2.com/image/icon/i/F9AC.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">次の日セントレア空港にてウイロ買って色々物色して帰りましたが名古屋って楽しいところですね☆今度はゆっくり行きたい感じです。車で乗り物酔いしながら帰ったのでくたくたで、今日ゆっくり休んでます。



(2007年11月05日 月曜日 17時52分)
投稿者:cherry(URL)

おぉ~。
愛知にいらしてたんですね!
知多の方は・・・南知多ビーチランドしか思いつかないです^^;。
名古屋は美味しいものいっぱいありますよね。
でも最近、赤福とかなくなってますけど・・・。
またいらっしゃった際にはいろいろ聞かせてくださいね。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント