勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「椿三十郎」(2007年12月18日 火曜日 20時00分)

採点:☆☆☆☆★

面白かったよ。
予告編のコミカルな感じが面白そうだったので、
日曜日の朝に見に行ってきた。
昔の映画のリメイク版らしいけど、まったく見たことがないので、
オリジナルと思って見た。

ドキドキ感あり、わくわく感あり、笑える部分もあり、
なかなかエンターテイメント性のある映画で、楽しかった。

ただ、主演が織田裕二さんじゃなくても、
きっと面白いんだろうな、というのを思った。

ここからはネタばれあるかも。

まず、話の内容自体がとてもよくできていて面白い。
そして、脇役の面々が良い。
だから、主演は椿三十郎なんだけど、
なんか他の所に目がいっちゃう。
どうにも役に立たない若侍たちだったり、
異様にのどかな母娘だったり、
押し入れから突如出てくる囚われの侍だったり、
まんまと騙されて椿を川に流してる悪者だったり。

そういう、話の面白さと、脇役のぶっとび具合の方が目立って、
「椿三十郎がかっこよかった」という印象は受けなかった。
だから、きっと織田さんじゃなくてもこの話は面白いんだろうな、と思った。

そういう、エンターテイメント性あふれる映画だったから、
自分としては、最後のシーンは不要だと思った。
なんだかよくわからない浪人がふらっと現れて、
ふらっと人助けをして、
いつの間にかふらっといなくなる、
自分的には、そのくらいの話で良かったかな。
最後に対決をして、結局斬ってしまうのか、というのが、
なんか、急に話を重くしてしまったようで、
なんとなく腑に落ちなかった。
あののどかな家族の会話の後だったから、
余計そう感じたのかもしれないけれど。
(ってか、あのシーン見せ場なんだよね・・・。
見せ場に文句いってごめんよ)

でもホント、最後以外は面白かったよ。
リメイク前のオリジナル作品も、見てみたいなと思った。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー

最新コメント