勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「陽気なギャングが地球を回す」&「チェケラッチョ!!」(2006年06月03日 土曜日 01時41分)

めちゃ久々に映画を見に行ってきた。
4ヶ月ぶりくらいか?
最近仕事が忙しくてなかなか見にいけなかったんだけど、
今日は定時で終わって見に行ってしまった。

見てきたのは、「陽気なギャングが地球を回す」と「チェケラッチョ!!」。
「陽気なギャングが地球を回す」は、
ポイントが貯まっていたのでタダで見て、
「チェケラッチョ!!」は夜9時からだったので1200円で見た。


というわけで感想。
まず、「陽気なギャングが地球を回す」。
古風な感じのギャングさんたちの銀行強盗シーンは楽しくて、
ちょっとカーチェイスのめちゃCGっぽさはどうかなと思ったけど、
これは面白そうかも?と思った。
・・・が。
冒頭部分の面白さのあと、急に失速。
なんだかだら~っとして盛り上がらない感じで進んでいく。
それでも最後にはスカッとするんだろうなと思って見ていたのだが。
・・・え。これで終わりっすか?
なんつーか、映画館に見に行ってこれほど外れだったのは今までになかったような・・・。
エンドロールも、何かあるぞ~風なナレーションをしておいて、
最後のオチはあれだけかよ。
犯人がわかるところも、なんの驚きもなかったしなぁ・・・。
この映画は、楽しみにしてただけに、あまりにも裏切られすぎた。
90分でよかったよ。これが長かったらと思うと・・・。
そしてタダだったからよかった。1800円払わんくて・・・。
佐藤浩市さんが、釣りバカを越えるシリーズにしたいとか言っていたが、
これは無理だ・・・。


そんな微妙な思いを抱えつつ見たのが「チェケラッチョ!!」だったのだが、
これは良かった。面白かった。
「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」系の、
興味本位で何か始めたら一度は失敗して、でも最後に成功っていう
青春サクセスストーリー(?)だと思って見にいったんだけど、
結構中身がある感じがした。
まぁ、流れ的には一緒なんだけど、
単なるラップで成功してスカッとして終わりっていうストーリーではなくて、
恋愛(っていうか純愛?)が結構前面にあって、中身がしっかりしていた。
それだけに、最後のラップのシーンはそれほど盛り上がるわけでもなかったんだけど、
まさに青春!って感じが心地よい映画だった。
そしてみんなの沖縄弁がなんかいい感じ。

市原隼人くんは、バカっぽい役柄をやるとやっぱりはまるなぁ。
「偶然にも最悪な少年」も好きだったけど、
今回はさらに可愛さもプラスされている気がする。
真面目な役よりこういうのの方が好きだ。
そして井上真央ちゃんとのやりとりが可愛かったよ~。

あと、この映画に山口紗弥加ちゃんが出るとは知らなくて、
パンフレット見て、あ~出るんだ~と思っていたんだけど、
なんだあの役は!
なんつーいい味出しとるんだあの人はっ!
脇役なのに光っとったぞあの人はっ。あれが素なのか?

それとそれと、玉山鉄二さん、かっこよすぎだろ。
途中まであれが玉山さんだと気づかなかったよ。
しまった、ラップシーンもう1回見たいっ。
DVD出たら買おう。


まぁ、そんなこんなで、帰ったら1時前だったわけだが、
これ、見る順番逆じゃなくてよかったよね・・・。
まだ見たい映画いっぱいあるんだよ~。
コナンはいつの間にか終わっちゃったし、
「かもめ食堂」ももうすぐ終わりそうだから見に行きたいしなぁ。
「嫌われ松子の一生」と「花よりもなほ」も見たいなぁ。
あと何があったっけ?「デスノート」とか?
あれは後編やるまで待とう。
まぁとにかく、仕事の暇を見計らって見に行かねば。








古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント