勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









GARNET CROW「LOCKS」(2008年03月17日 月曜日 00時00分)

GARNET CROWの6枚目のアルバム、「LOCKS」が出た。




今回のアルバム、実をいうと、あんまり期待してなかった。
というのも、まぁこのブログをいつも読んでくださっている方には、
言うまでもなく私が何が気に入らんかったかわかると思うんだけど、
今回のアルバムは、初回盤Aと初回盤Bと通常盤という、3種類のリリースなのね。
初回盤AにはライブDVD付き、初回盤BにはPV付き、そして3種類ともジャケットが違うという・・・。
ガーネットの初回特典DVDで満足するものが付いてた試しがないので、
別に特典に期待してたわけじゃないんだけど、こういう売り方はどうもね・・・。

ということで、3種類売るっていう時点でもう、なんか半分どうでもよくなってたので、
あまり期待してなかったんだけど、
期待してなかったのが良かったのかどうなのか、中身はすごく良かった。
まだ他の人の感想をちゃんと読んだわけじゃないけど、
ちらっと見た感じでは、第一印象「軽い」っていう感想が結構あって、
でも、自分的にはそんな感じはしなかったかな。
またガーネットの新たな一面を見られるような曲もたくさんあって、ホントにどの曲も好き。
自分的に特に好きなのは、「ふたり」と「Mr.Holiday」だけど、他の曲も良い。

でも、いいなぁと思うと、余計に、3種類とかの売り方をするのが勿体ないなぁと思うけど。
あと、いちばん思うのは、アルバムタイトルが中身に合ってない気がするんだよねぇ。
アルバムの中身はすごく、爽やかな感じというか、自然を感じられるようなアルバムなんだけど、
タイトルの「LOCKS」、たぶん「6th」にかけてるんだろうと自分は思うんだけど、
どうしても「ROCKS」をイメージしちゃって、なんかタイトルだけ見ると、中身がハードなイメージ。
由利ちゃんがライナーノーツでよく言ってた、「ever green」とかにしたらいいのに。
あと、ジャケットは、裏とか開いたところに載っているシルエットの方が好きだった。
歌詞カードのおかもっちがめちゃかっこよかった!
これ、他の2種類も同じなのかなぁ。
歌詞カードをぱたぱた開いていって、最後におかもっちが出てきたときにときめいてしまったよ。

曲の感想の前に、せっかくなので特典DVDの感想も少し。
肝心なことを書いてなかったけど、私が買ったのは初回盤B(PVの方)。
なんでこれにしたかというと、Amazonで通常盤より初回盤の方が安く売ってたから、というのと、
どっかの情報で、「風とRAINBOW」のPVが入ってるっていうのを読んだから。
「風とRAINBOW」ビデオに録れなかったから欲しかったんだよね。
でも、買ってみたら入ってなかったんだけど・・・。
入ってたのは「世界はまわると言うけれど」「涙のイエスタデー」「もう一度 笑って」。

初めて見たのは、アルバム曲の「もう一度 笑って」。
実は発売前に、yahoo!動画で配信されてるの見つけたんだけど、
あえて買うまで見ないようにして、買ってからDVDで見た。
すごいさわやかな感じで結構好きなPV。猫のガーネットちゃんが可愛い。
あと、窓際に由利ちゃんがいて、後ろに古井さん、
で、窓に七さんとおかもっちがシルエットで映ってる映像がいいなぁと思った。
結構好きな感じのPVだったので、まぁ満足。

あと、初回盤Aを会社の人が買ったので、DVDもらって、ライブの方も見た。
こっちは、まぁ予想通りのものが入ってた。いつかどこかで見たやつだわね。
でも、パソコン画面じゃなくテレビで見ると、由利ちゃんがすごい寒そうなのがよくわかる・・・。
これやっぱり、ライブDVDとしてちゃんと発売してほしいなぁ。

ってことで、すごい長くなったけど、ようやく曲の感想を。

最後の離島
アルバムの曲リストが発表されたときに、一番タイトルが気になったのがこれ。
暗めの曲かなぁと思ってたんだけど、すごく優しくさわやかな感じで良かった。
サビのメロディ好き。
サビ以外のメロディも好きなんだけど、もうちょっと静かに歌ってほしいような気も・・・。
Aメロの出だしのメロディとかいいよね。
favorite words...
 ☆何一つ言えないでいたのは
  何も伝わらないような気がしたから
  言葉は無力でした

涙のイエスタデー
前にコナンくんで聴いたときに、
サビ始まりの方が爽やかでいいなぁと思ってたら、
アルバムバージョンでサビ始まりになると知って、
ちょっと楽しみにしてたんだけど、
前奏はいらないと思った。
でも、全体的にこのアルバムに合ってる気がして、
シングルで聴いた時はまぁまぁと思ってたけど、
アルバムで聴いたらいい感じだった。

世界はまわると言うけれど
個人的には、これをアルバムバージョンにして
アレンジとか変えてほしかったんだけど、
これはそのままだったね。
前も書いたけど、歌詞はすごい好きだから、
もっとアレンジに拡がりが欲しい。
でもこの曲も、アルバムの中に入ると、
すごい流れにも合ってていい感じの曲だと思った。
favorite words...
 ☆優しい気持ち冷たい心 人は同時に宿すことも
  気付き始めた頃には既に もう何かが壊れてたみたい
 ☆世界はまわると言うけれど
  頭上の空だけがめぐるだけです
  何処へもゆかないでいる日は
  この地球の速度でただまわる

もう一度 笑って
由利ちゃんの歌声の、始まりの静かな感じ、サビの力強い感じのバランスが良くていいと思う。
これも爽やかで優しい感じが好きだし、アレンジも好き。
最初のAメロの英語の歌詞は最初イマイチな気がしてたけど、
慣れてきたらいい感じかも、と思った。
サビの「春の日の・・・」からのところの歌詞がすごくせつなくて好き。
あと、「やさしい人でした」の「や」の歌い方がなんか好き(細かい?)。
favorite words...
 ☆春の日の陽射しのように やさしい人でした
  いつまでも傍にいられると思ってました
 ☆明日また会うかのように サヨナラ言えたなら
  私を誇らしく思ってくれますか 最後に

この手を伸ばせば
この曲も、シングルとして聴いた時は
普通だと思ってたんだけど、
コーラスが入ったら、
なんかすごくいい感じだと思った。
シングルと聴き比べてみたけど全然違うね。
今回のアルバムは、今までイマイチだと思ってた
シングルが全部よく聴こえる。
でも、最後の「Hey!」はやっぱり違和感あるなぁ・・・。
転調するところが好き。
favorite words...
 ☆この手を伸ばせば 君に届くけど
  君はもう あしたを
  その瞳にみてるんだね
  春、名残り日

doubt
実は、今回のアルバムの中で、唯一気に入らなかった曲。
悪くないと思うんだけど、なんでかなぁ。
なんか、アルバムの雰囲気に、この曲だけ合ってないような・・・。
もうちょっとテンポが速い方が個人的にはいいなぁと思った。
「ゆらり・・・」のところの、由利ちゃんの声が右へ左へいくところが面白い。

風とRAINBOW
シングルで聴いた時は好きな曲だったけど、
アルバムとして聴くと、
上手に他の曲に馴染んでて、
逆に飛びぬけていいって気はしなかった。
それを良いと言っていいのか悪いと言っていいのか。
この曲の歌詞のサイバーな感じ(?)好き。
favorite words...
 ☆プラトニックな哀しみ抱いた君は機械式
  嘆くな人々もあまり変わらない

ふたり
イントロが流れたところからかなりわくわくして好きな曲。
Aメロの出だしが思いのほか低くてびっくりしたけど、アレンジとかも面白くて好き。
「いいよね」が右から左から真ン中から聴こえてくるのがいいね。
あと、「太陽のように」の「に~」って歌うところが好き(文字だと書きづらい・・・)。
favorite words...
 ☆“あなた”と“私”出会ってそう
  “私達”になったのよね
  二人でひとつのリンゴを齧ったんだ
 ☆行く手に立ちはだかる
  個性とかゆう面倒や
  淋しがり嘘つく心なんてもういらないか
 ☆さぁ 毒のリンゴ その味はどうだ

Mr.Holiday
歌詞がめっちゃ可愛い~っ。
こんなガーネットもいいね。
「one two three」「hop step jump」とか、ライブでみんなで歌うのかなぁ~。
フォークソングみたいな雰囲気の曲調も好き。うきうきする。
favorite words...
 ☆素敵な風の吹く日にはあなたはきっと海に出る
  そして私は恋の邪魔をする風を少しうらむの
 ☆カラカラの砂漠にいても私は真っ赤な実をつけ
  あなたにそっと摘まれて食べられちゃいましょう

The first cry
「Mr.Holiday」の後なので、すごいトーンの低さにちょっとびっくりしたけど、
この曲もすごくガーネットっぽい感じで好き。
ここまであまりトーンの低いのがなかったので、余計にいい感じ。
サビの最後のメロディ好き(「共に・・・」からのとこ)。
「You made it!」のところの発音がなんか好きだなぁ(また細かいことを・・・)。
最後の終わり方は、ライブで溜めパターンだと思った。ライブで聴きたいなぁ。
そういえばライブの予定ないのかなぁ。

Love is a Bird
これもいい。
終わりにふさわしい感じで、これも優しくて好き。
サビで突然長調になるので最初びっくりしたけど、でもメロディ好き。
欲をいえば、サビの歌詞がぜんぶ同じっていうのがちょっと、だけど、でもいい。
最後のサビのコーラスの感じが好き。
由利ちゃんの歌声も、ファルセットの感じとか、「ね、」をちゃんと「ね、」って歌ってるとこが好き。
これも歌声のバランスいい。







(2008年03月17日 月曜日 13時59分)
投稿者:クレヨン(URL

私は初め聴いた時は軽いと感じてしまいました。ずいぶんあっさり終わったなぁって。
でも何回か聴いていくうちにハマっていって、今は前作よりも気に入っています。
周りの評価も高いようですね(^-^)/
毎日聴いていますが、全く飽きません。



(2008年03月17日 月曜日 17時05分)
投稿者:ランディ(URL

こんにちは。
私も初回限定盤のBを買いました。
歌詞カードのゆりっぺさんにはときめきましたが、おかもっちさんのには別に何も感じませんでした(笑)

アルバム自体はGARNETファン初心者にも聴き易くて、とても気に入っていますよ^ ^




(2008年03月17日 月曜日 18時30分)
投稿者:ケンキチ(URL

発売日前後に更新しないcherryさんが俺っちは好きです(^_^)
感想は…人それぞれですからね…いいと思います。
俺っちはかなり押さえましたけど…(笑)ホントはもっと言いたい事ありました…(^_^;)
タイトルをそう考えていたのはさすがですね~。

やっぱりね…年齢(世代)のギャップって…あるんですよ…(-_-;)色んな音楽聴いてきたし色んな売り方も見て来ましたから(笑)


すみません…自分の話しになってしまいましたm(._.)m



(2008年03月17日 月曜日 23時07分)
投稿者:cherry(URL

コメントありがとうございます~。

クレヨンさん→確かに、曲が少ないせいかもしれないですけど、あっさり終わる感じはしたかもです。短いですよね。
かなり聴きこんでます。お気に入りです。

ランディさん→あのおかもっちのかっこよさは、やっぱり女の子ファンの方と語りあわないとですね^^。
ホントに、聴きやすいし、いいですよね。

ケンキチさん→発売情報とかは他のブログさんでやってくれるから自分は聴きこんで感想書けばいいかな、と^^。
人によって感想はホント違いますよね。
自分がすごい好きと思ってる曲が他の人には微妙だったり、逆もしかり。
いろんな感想があって面白いと思います。



こんにちは☆(2008年03月18日 火曜日 13時38分)
投稿者:マスオ(URL)

cherryさん、こんにちは☆僕も感想をブログにちらほら書こうと思っていたんですが、なんだか面倒くさい病になっちゃってて怠ってます(笑)

今回のアルバムを全体を通して聴いた時、ガーネットだけどガーネットっぽくもないような不思議な感じがしました、多分いつもより明るい感じ?みたいで好みで是非が分かれそうですね♪
僕は全体的いいなとやっぱり思いましたけど「The first cry」は一番ガーネットっぽくってハマリます(笑)余談ですがガーネットちゃんラブです…(爆)



(2008年03月18日 火曜日 17時49分)
投稿者:cherry(URL)

ガーネットのアルバムは、毎回なんか新たな一面を見せてくれる感じがするので、
今回もまた新たなガーネットを発見できたなぁという感じです。
「The first cry」はガーネットっぽいですね。
この曲もとても好きです。
ガーネットちゃんは可愛い♪



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント