勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「ザ・マジックアワー」&「ジャージの二人」(2008年06月23日 月曜日 23時40分)

名古屋センチュリーシネマから、
「ジャージの二人」映画会員限定試写会のお知らせが届いた。
しかも、堺雅人さんの舞台挨拶つき。
これは行かねばと、会社帰りにいそいそ前売り券を買いに行った。
「先程売り切れました」
・・・先程って!
だいぶ前に売り切れたならともかく、
先程、の言葉にかなりショックを受けていたところ、
yahoo!で全く同じ試写会のプレゼントが。
映画会員だけとちゃうやんっ。
こんなとこでプレゼントしてるから私が前売り券買えんかったやん。
と思いつつ、プレゼント応募。
・・・当たりました。yahoo!さんゴメンナサイ。

朝10時から整理券配布ということだったんだけど、
そんなに早く行っても18時半開場の試写会に間がありすぎるので、
午後半休にして昼に整理券もらいに行った。
160人中81番。まあまあ。
それから、試写会までの間にちょうどやってた「ザ・マジックアワー」を見に行く。

マジックアワー

採点:☆☆☆☆★

面白かった。

最初のうち、何も笑いどころがなかったので、
これ大丈夫か?と思ったんだけど、
映画の撮影(と思わせたもの)が始まってからは、笑った笑った。
元々、笑おうと思って見に行ったので、
そう思うとそれ程大爆笑な映画ではなかったんだけど、でも楽しかった。

最後は、あれ?こんなあっけない終わり?とか思ってたら、
三谷監督だもん、そんなわけないじゃん。
最後にもう一発笑わせていただいた。

セリフにも出てくるけど、それ自体が映画の中のような街。
どこか芝居がかった人達の中に、売れない役者が飛び込んでのドタバタ劇。
なんだか不思議な感じがした。

ひとつ難点があるとすれば、「これ映画じゃねえな」と気付くまでに、
思ったより何もなかったことかなぁ。
もっといっぱい笑いたかった。
あと、ちょっと中だるみがあった。

今回も役者さんたちがすごかった。
深津ちゃんの妖艶さが素敵すぎっ。
佐藤浩市さんの暑苦しい演技も素敵。
1カットオンリーでも、ホントにすごい役者さん揃い。
個人的には、憲二くんの「天国生まれ」がまた聴けたのがちょっと嬉しかったり。

ホントは、「マジック」にかけて、さすがは三谷マジック!と言いたかった。
そこまではいかなかったけど、みんなで笑えるエンターテイメント。
ぜひ他のお客さんと一緒になって笑っちゃってください。

ジャージの二人

採点:☆☆☆☆☆

一緒に見る予定の母親がなかなか来なかったので、
18時半ぎりぎりになってしまったんだけど、なんとか間に合った。
前の方が良かったけど、さすがに80番台じゃ前は取れず、真ん中あたりに陣取る。

映画前に、まず堺雅人さん登場。
ファーストインプレッション・・・あ、ジャージじゃない。
堺さんは黒のジャケット姿で、スクリーンで見るよりめちゃかっこよかった。
夢中で見ていたので話の内容をあんまり覚えてないのだが・・・。
とりあえず、昼食はひつまぶしとてんむすを食べたそうな。
あ、あと、サザエさんは漫画で読んでも面白い、と。
母親曰く、「しゃべり方とか丁寧できちんとした人だと思った」。
映画を見る前なので、ネタバレ話がないのが悲しいところ。

さて、肝心の映画はというと・・・これがなんともいい感じ。
開始3分で、あ、これ好きそう、と思った。
堺さんが挨拶で、言葉は短くても、その言い方や表情にいろんな想いが詰まっている、
というようなことを言ってらしたが、まさにそんな感じ。
父と子の会話の間、そして温度が絶妙で、なんとも心地良く、そしてクスッと笑ってしまう。
人間関係とか抱えてるものは意外と複雑だったりするんだけど、
なんだかのほほんとしていて、良い。

なんか、こう・・・いいのだ。

これも堺さんが言ってらしたことだが、
「アフタースクール」とはまた違った意味で、映画を形容し難い。
ホントにその通りで、なんか良かったよ、それしか言いようがないのだがそれが全て。

ジャージに笑ってトマトに笑ってジャイアントカプリコに笑って、
そして最後の父へのメールに笑って。
クスクスと心地よい笑いが止まらない。

主役のお2人。
堺さんは、ジャージが似合うなぁ・・・。
いい人そうな役も悪そうな役もできる、独特なあの中性的な顔と演技が印象的。
今回の役は、なんだか可愛らしいなぁと思った。
そして鮎川誠さん。
この人たぶん初めて見たけど、すごいいい味出してるねぇ。
しゃべり方や間の独特さがなんとも言えません。

他にも素敵な感じの人が出てたけど、自分的には、
花ちゃんのウケる顔がツボだった。
花ちゃんが出てくる前の会話で、ウケる顔ってどんなんや、って思ってたんだけど、
なるほど、まさにこんな顔か!

なんだか語り始めると、1シーン1シーンいろんなことが浮かんできて終わらなさそうなので、
このへんにしておこう。

レビューを書く当初、星4つにしようか迷っていた。
というのも、これって堺さんの舞台挨拶に舞い上がってるだけなのか?と思ったのと、
先に見た「ザ・マジックアワー」に4をつけといて
これに5をつける私の感性はどうなんだ?と思ったからなんだけど、
この際だからまあいいじゃん、面白かったんだもん、星5つつけちゃえ。







(2008年06月24日 火曜日 16時29分)
投稿者:ランディ(URL

こんにちは。
『ジャージの二人』も面白そうですね。公開されたら観てみようかな。
それにしてもcherryさんの活動エリアは岐阜ではなくて名古屋なんですね!?
私は来月、倉木麻衣ちゃんのFCイベントで金山ってところに行きます。知ってますか?



(2008年06月24日 火曜日 20時13分)
投稿者:cherry(URL)

ジャージ、自分好みな映画でした。
勤務地も名古屋だし、岐阜行くより名古屋のが近いんです~。
金山は名古屋行く時通ります。
あと、たまにご飯食べにいったりとか。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント