勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









畠中恵「ゆめつげ」(2008年07月09日 水曜日 22時04分)

「しゃばけ」シリーズでおなじみ、畠中恵さんの小説、「ゆめつげ」の紹介。

この話は、「しゃばけ」シリーズではないんだけど、
江戸時代の終わりごろの話。

のんびり屋の兄・弓月と、しっかり者の弟・信行、
2人の神官の物語。
弓月は、夢に入って過去や未来を見ることができる、
「夢告(ゆめつげ)」が得意。
しかし、弓月の夢告は、どこか的が外れていて、
人に感謝された試しがない。
そんな弓月の元に、思わぬ依頼が舞い込んで、
弓月は夢告をすることに。
ところがそれが思わぬ展開に。

「しゃばけ」シリーズではないんだけど、
シリーズ同様、最後までどうなるのか
はらはらドキドキの展開。
のんびり屋の弓月のキャラがなんとも素敵で、なんだか可愛い。

ぜひ読んでみてくださいね。







読んだよ~♪(2008年07月10日 木曜日 23時58分)
投稿者:みわこ(URL

cherryさん、今晩は~♪

私も読んだよ~♪

これは確かに。。。かなり
面白かったです。

最後の最後まで結末がわからなかったな~。
「しゃばけ」のシリーズつながりで買った本
でしたが、アタリでした!




(2008年07月11日 金曜日 06時42分)
投稿者:cherry(URL)

面白いですよね~。
うちの母もかなり気に入ってました。
話の内容的に続編はなさそうですが、
もっといろいろ読んでみたいです。



(2008年08月22日 金曜日 03時02分)
投稿者:藍色(URL

はじめまして。
こちらの記事にトラックバックさせていただきました。
最後までドキドキでしたね。

トラックバックなどいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。



(2008年08月22日 金曜日 06時59分)
投稿者:cherry(URL)

はじめましてこんにちは~。
すいません、トラックバックを間違って消してしまいました^^;。
ホントに、最後までドキドキの展開で面白かったですね~。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー

最新コメント