勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「ONE PIECE」巻八第69話「アーロンパーク」~巻十一第95話「まわれ風車」(2009年01月27日 火曜日 20時00分)

気まぐれからのワンピ感想。

巻八第69話「アーロンパーク」~巻十一第95話「まわれ風車」。
アーロンパーク編。すごく好きなエピソードのひとつ。
いろいろ語ってたら終わらなさそうな話だなぁ・・・。

このエピソードは、ナミが8年間も背負ってきたものっていうのがとにかくすごくて、
すごい重くて悲しくて悔しくて、
だからこそ、ルフィがアーロンを倒した時の感動もすごくあって、
漫画の中では、アーロンを倒した後のエピソードが
そんなにいっぱい語られてるわけではないけれど、
なんだかすごく、いろんな想いを感じる。

なんか最近涙もろいのか、前読んだ時は泣かなかったけど、
今回思わず泣いちゃったシーンが2箇所。

まず、回想シーンで、ベルメールさんがアーロンに、
子供2人分と言ってお金を渡して、
「家族がいないなんて言えない、口先だけでも親になりたい」って言うとこ。
本当の家族ではないけれど、それ以上の、
3人だからこそのつながりっていうのがあって、
それを凄く感じてぐっとくるものがあるし、
でもこれでベルメールさんが死んじゃうっていうすごいやりきれなさもあって、
すごいせつない。

もうひとつは、これはもう、ホントに好きなシーンなんだけど、
ナミがルフィに「助けて」と言うところ。
そしてルフィが、「当たり前だ」と言ってナミに麦わら帽子をかぶせるところ。
ここはもう、いろんな想いがぐわ~っとくるところで、すごく好き。
ルフィはナミの抱えているものを知っているわけでもないんだけど、
大切な仲間が悲しんでる、戦う理由はそれがすべてなんだなぁ、って、
それがすごく、なんだろう、いいというか、心にくるというか。

他にもいっぱい好きなところがあるのでちょっとずつ。

ゾロがアーロンパークに囚われたときに、ナミのことを信用してなかったと言いながら、
プールに飛び込むシーン。
後のロビンちゃんの時も思うんだけど、ゾロは、
信用してないと言いながら、相手のいろんなことをちゃんと見抜いてるというか、
ちゃんと信用している気がする。

ナミがアーロンに、自分の仲間か、ルフィ達の仲間か、と問われた時に、
村のみんなに「私と一緒に死んで」というシーン。
この危機的状況の中で、この卑怯な問いかけをされて、それでこの決断。
このひとことの重さをすごく感じる。
このあとルフィが復活した時に、ゾロがナミに合図を送るところも好きだ。

ルフィが、「助けてもらわないと生きていけない自信がある」って言うシーン。
ルフィってホント、ときどきすごいいいこと言うなぁ。
剣術も使えないし、航海術も持ってないし、料理も作れないし、嘘もつけない。
だからこそ、仲間が必要で、そして、仲間がいるからこそ、
困難にも立ち向かっていける。
すごい言葉だなぁ。

あと、ルフィがナミの測量室を壊すシーンね。
あれもすごく、ナミの「ありがとう」の言葉が胸に響くシーン。

まだいっぱいあるけどこの辺にしとこう。

最後の別れのシーンは、とてもナミらしい別れ方で好きだ。
最後のナミの笑顔が最高に可愛い。
サンジじゃなくても惚れるって。

このエピソードは、ゾロの傷とか、サンジの内臓破裂(?)とか、
まあとにかく、読んでる間、何度おなかを押さえたことか・・・。
見てるこっちが痛くなってくるよ・・・。
ゾロと戦ったタコの魚人、はちは、なかなか面白キャラだったけど、
コミックスでは今まさに再登場してるところやね。
サンジは海に潜って、どういう作戦で行くつもりだったんだろう・・・。
あ、それと、ウソップわご~む好きだ。

今ではすっかり犬猿の仲のゾロとサンジが、
一体いつからケンカするようになったんだろうと思っていたら、
サンジが仲間になって、ゾロと再会して最初の2人の会話で既にケンカしてた・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント