勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









伊坂幸太郎「オーデュボンの祈り」(2009年01月07日 水曜日 20時00分)

本屋大賞、伊坂幸太郎さん。
重力ピエロ」読んでから、気になる本をいくつか買ってみた。
その中の1冊、「オーデュボンの祈り」。

あ、今気づいたけど、
本読み終わった後この表紙見ると
すごい納得。

・・・それはいいとして。

この本、伊坂さんのデビュー作なんだけど、
すっごいはまった。
「重力ピエロ」よりこっちの方がはまった。

コンビニ強盗未遂で逃げていた主人公は、
気がつくと、外界から遮断された島にいた。
その島には、ちょっと変わった
人たちばかりが住んでいる。
そしてこの島で、ある殺人事件が起きる。
殺されたのは、しゃべる「カカシ」。

カカシが殺されるってだけで、なんだか不思議なファンタジーのようなんだけど、
なんだか妙な人たちばかりが出てくるのに、すごく現実味もある気がして、
不思議な味わいのある作品。

そして私が好きなのは、ばらばらなように見えていたものが、
ひとつに繋がっていく瞬間。

最初はなんだろうって思いながら読んでいる、いろんな人の行動が、
最後には意味のあるものとしてひとつになるっていうお話がすごく好きなんだけど、
この本はまさにそれ。
「重力ピエロ」の時は、ちょっと考えると答えが見える部分もあったんだけど、
この話は、全然先が読めなかったなぁ。
最後の最後まで、あ~そうか、なるほど~って思うことばかりで、すごく面白かった。
(面白いって、わははって笑う面白さじゃなくて、なんかすごく感心するような)

この本の中にも、伊坂さんなりのルールというか、
「善と悪」の部分が描かれていて、いろいろ考えさせられるセリフとかもあった。

ファンタジーのような、ミステリーのような、不思議な作品で、とても好き。

そういえば、「重力ピエロ」読んだ時はわかんなかったけど、
この本の主人公が、「重力ピエロ」にちょっとだけ登場してた。
なんかちょっとずつ関連性があるのかな。
古い作品から順番に読んだ方がいいのかも。









古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー

最新コメント