勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









季刊「詩とファンタジー」2009・冬帽号「月のかけら」掲載(2009年01月19日 月曜日 20時06分)

かまくら春秋社から発行されている雑誌「詩とファンタジー」の1コーナー、
「月のかけら」に、私の詩「しあわせ」を掲載していただいた。
新風舎のコンテストで佳作だった詩とタイトル同じだけど別物だよ)

「詩とファンタジー」は、アンパンマンのやなせたかし先生編集による雑誌。
詩の投稿をして、採用されると、
イラストレーターさんのイラスト付きで見開き掲載される。
「月のかけら」は、採用まではいかなかった詩がいくつか掲載されているコーナー。

ちょっといろいろと真面目に思ったことを書くので、
あまり興味のない人はスルーしてください。
(あ、いつも真面目に書いてるけどね、もちろん)

11月中旬頃(だったかな?)、「月のかけら」掲載通知が届いたんだけど、
実を言うと、届いた時はちょっと戸惑ってしまった。

5年前まで、サンリオから発行されていた「詩とメルヘン」という雑誌があって、
これも同じく、やなせ先生編集の投稿雑誌だった。
見開き掲載は2回しかされたことがないけれど、
やなせ先生から一言感想が書かれていたり、
何回か掲載してもらったコーナー「ほんの三行詩」では、
やなせ先生のちっちゃな挿絵がついていた。
一番最後のページには、「今月最後まで候補に残った作品」として、
掲載はされないけれど、名前だけ載っていて、
毎月、「詩とメルヘン」を買うと、まず裏表紙をめくってそのページを見て、
自分の名前が載ってないか見るのが楽しみだった。
とにかく、ホントに細かいところまでやなせ先生の愛が詰まってるような雑誌で、
すごく好きだった。

その雑誌が5年前に休刊となって、それが新たに生まれ変わったのが、
今回の「詩とファンタジー」。
創刊号を見た時には、すごい感動した。
表紙のやなせ先生のイラスト、それから、
見開きいっぱいに描かれたイラストと詩がすごく素敵で、
あ~、これは「詩とメルヘン」だ!って思って、すごく嬉しかった。

でも、2号、3号と回を重ねるにつれ、なんか違うところが気になるようになった。
「詩とメルヘン」とはまったく別物だったら感じなかったんだろうけど、
「詩とメルヘン」と似てるからこそ感じる違和感。
やなせ先生の一言感想や、ちっちゃな挿絵はないし、
「今月最後まで候補に残った作品」もないし、
それから、「詩とメルヘン」はその名の通り、詩とメルヘンの投稿だったんだけど、
「詩とファンタジー」にはメルヘンの投稿がない。
そういう、ちょっとしたところで、
あ~、これは「詩とメルヘン」とは別物なんだなぁ、って思ってしまって、
なんだか寂しさを感じた。
「詩とメルヘン」が休刊になってからほとんど書けなかった詩も、
「詩とファンタジー」が創刊されたら書けるようになると思っていたけど、
なんだか書く気になれなくて、
とりあえず雑誌を買ってはみるんだけど、
あんまり読まずに置いてあったり、って感じになっていた。

そして前号で、値上がりして1000円台に。
「詩とメルヘン」だったら1000円でも買ったと思うけど、
「詩とファンタジー」を1000円出して買おうっていう気になれない。
とりあえず前号は買ったけど、もう買うのやめようかな~と思っていた。

そんなときに届いた掲載通知だったので、
なんだかちょっと複雑な気分になってしまった。
だからね、最初はあんまり嬉しいと思わなかったのね。
でも、そこから自分なりにいろいろと考えてみたわけ。

「しあわせ」という詩は、自分にとって特別な意味のある詩なの。
「詩とメルヘン」が休刊になってから、寂しかったので、
自分で「詩とメルヘン」もどきのサイト「星屑ぽえめる」を立ち上げて、
そしてそのサイトが、「詩とファンタジー」創刊とともにファイナルを迎え、
最後のサイト更新をして、よし、ここからがようやく再出発だ
(私の去年の目標「再出発」だったので)
って思った時に、2年半ぶりくらいかな、すごい久しぶりに、
まともに書けたのがこの「しあわせ」という詩だったのね。
だからね、「詩とファンタジー」がどうの、っていうのじゃなくて、
この詩が、雑誌のほんの片隅のコーナーにでも、
掲載されることに何か意味があるんじゃないかな、っていう気がするの。
ここで、ようやく「再出発」の第1歩が踏み出せたのではないかと。

そういうわけなので、ちょっともうちょっと、
「詩とファンタジー」への投稿を続けてみようかな、と(1000円高いけど・・・)。
最近ちょっとずつ、詩も書けるようになってきたので。
見開き掲載されたら嬉しいけどな~。
「月のかけら」に載るだけでも掲載通知が来るってことは、
毎回、載ってるかな~って雑誌を開く楽しみがないけど・・・。

それから、今回嬉しかったことがひとつ。
今号から、見開き掲載された人だけだけど、やなせ先生の感想がつくようになった。
やなせ兎賞ってのも始まったし。
ちょっと頑張ろう。

ここまで長々と読んでくださった方、いらっしゃいましたら、
どうもわざわざありがとうございました。

ちなみに、同じ「月のかけら」に会社の上司も載ってたり。
このブログ見てるのかな~?よくわかんないけど、
彼はなかなか強敵なので、私は全く歯が立ちません・・・。
来月あたり、「見開き掲載通知届きました~」って来るんじゃないかと。
もしくは次号買ったら見開きで載ってたりね。

あと、ちょびっと予告。
先日、また嬉しいお知らせが届いた。
訳あってそれについての記事は来月下旬あたりで(遅っ)。







(2009年01月19日 月曜日 22時37分)
投稿者:ランディ(URL

こんばんは。
雑誌への掲載おめでとうございます。

しっかり最後まで読ませていただきました(笑)
それにしてもcherryさんって凄いんですね。
私など詩の意味すらよくわからない人間なので尊敬してしまいます。

でも、わからないながらもHPのcherryさんの詩は読ませていただいてるんですよ。



掲載、おめでとう~☆(2009年01月19日 月曜日 23時13分)
投稿者:miwako.T(URL)

今晩は~☆

掲載されたんですね~おめでとう~☆

『詩とファンタジー』については、
私もいろいろ考えるところもあり
ます。

『詩とメルヘン』は、私にとってもとても
大切なことがたくさん詰まっている雑誌で
した。
休刊の時はとても残念に思ったものです。

私の中では、それに代わるものはない、と
いう1つの結論に達していました。
だから、『詩とファンタジー』が創刊された時も、
応援はしても、自分の中では1つ完結し、また違
う意味で、創作へと気持ちも変わっていたので、
未だ投稿はしていません。

人それぞれ気持ちが違うので、それは
それでいいかなと思います。

cherryさんの書く気持ちへとつながっていったのなら、
それはまたすばらしいきっかけだと思います。
頑張ってね!(∩.∩)

ん?
何だか素敵なことも続いていそうですね~。
そちらもまた、ここで発表?されるのを楽しみに
してまいます~♪




(2009年01月20日 火曜日 07時00分)
投稿者:cherry(URL)

コメントありがとうございます~。

ランディさん⇒こんなぐだぐだと長いの読んでくださってありがとうございます^^。
詩もきっと、何かのきっかけではまると面白いんでしょうね~。歌詞とかも、すごくじっくり読んじゃいます。

みわこさん⇒去年の星屑同窓会ごろ、いろんな人の話を聞いた時も、人それぞれにいろいろ想いを持ってるんだな~と思いました。
「詩とメルヘン」はやっぱり特別な雑誌だったから、それだけ何物にも代えられないものって気がします。
次の嬉しいお知らせは・・・すごいローカルですけど自分的にこっちの方が、嬉しいかも、なお知らせです^^。




おめでと~^^(2009年01月20日 火曜日 18時38分)
投稿者:そら子(URL)

載ったんだねぇ
おめでとう^^
今月号は懐かしい名前が多いという話を聞きました。
それは「詩とメルヘン」という時代があったからやね。

私はまだ今月号を手に出来ずにいます。
詩メルを扱っていた本屋さん達ですら
詩ファンは置かなくなってしまって
結局最近の購入はもっぱらアマゾンです^^;

また今度色々話せるのを楽しみにしています♪




(2009年01月20日 火曜日 19時43分)
投稿者:cherry(URL)

今月はひびきゅのイラストも載ってたし、
なんかいろいろ嬉しい号だったよ~。
うちは会社行く道のそんなおっきくもない本屋さんに
いつも3冊くらい置いてあります。
あと2冊はいつも誰が買ってるのか気になる^^。
次は星屑同窓会やね。



こんばんは(2009年01月20日 火曜日 22時32分)
投稿者:タウエル(貴村)(URL)

詩とファンタジー見ましたよー!
おめでとうございますっ。
私も最初は詩とメルヘンが復活した~っていう心持ちだったんですけど、やっぱり違いますよね。ちょっとドライというか。今になって改めて、詩とメルヘンは本当に素晴しい雑誌だったなぁと思いました。
詩ファンは詩ファンでもちろん有難い存在なんですけど。そうそう今回からやなせ先生の一言がついたのは嬉しいですよね。私も頑張って投稿しようと思います。

それでは長々失礼しましたっ。



(2009年01月21日 水曜日 06時49分)
投稿者:cherry(URL)

そうですね~。
詩メルはやっぱり、特別すぎたのだろうな、と思います。
詩とファンタジーもこれからもっとよくなっていけばいいですね。
タウエルさんの詩が載るのも楽しみにしてます~。

ところでみなさん、やっぱり詩ファンと略されるのね。
私もそう呼ぼう^^。



(2009年08月10日 月曜日 13時36分)
投稿者:Litsuco(URL

はじめまして。
かなり遅いコメントになってしまいました。
掲載おめでとうございます☆
わたしも詩とファンタジー毎号買っています。
一度見開きで掲載されたこともあります。
確かに、最近前ほど熱心に読まなくなっていました。
もういちど、ちゃんと読んでみようと思います。




(2009年08月10日 月曜日 19時51分)
投稿者:cherry(URL)

初めまして~、見開きで掲載とはすごいですね。
最近また、あまりちゃんと読まなくなってしまっているので、私ももう一度ちゃんと読んでみなくちゃ、と思います。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント