勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









米村圭伍「退屈姫君 これでおしまい」(2009年01月31日 土曜日 17時00分)

あ~っ、シリーズ4作目にして、「退屈姫君」が完結しちゃったよぅ。
続編が出るのを楽しみにしてた「退屈姫君」シリーズ。
文庫書き下ろしだから次いつ何が出るかわかんないので、
新刊が出ると知って、タイトルが「これでおしまい」だったときはちょっとショックだった。
でも、面白かった~。

ということで、「退屈姫君」シリーズ
最新刊にして完結編、
「退屈姫君 これでおしまい」の紹介。

今回も表紙から、柴田ゆうさんのイラストが
すごい可愛いんだけど、
今回、「江戸時代」「挿絵が柴田さん」以外にも
「しゃばけ」シリーズとちょっぴり接点が。
本文中、「日本橋通町に妖を操る若旦那が
いるという噂だから」・・・ってこれ一太郎やん。
ん、まあそんだけなんだけどね、
なんかちょっと嬉しかったり。

さて、今回の物語、しゃばけシリーズ「うそうそ」では、
朝顔の花合わせ会というのが行われていたけど、
退屈姫君では菊の花合わせ会を巡っての大騒動が。
雪見桜という大層珍しい菊が出てくるんだけど、
いったいどんな菊なんだろう、見てみたい。
そして今回のめだか姫はなんと暗号に挑戦。
もちろん今回も田沼意次がからんでくるわけなんだけど、
さて、めだか姫はどんな方法で田沼に一泡吹かせるのか、こうご期待。

諏訪の妊娠騒動に始まり、お馴染みのキャラクターたちが大活躍の1冊。
これでおしまいは淋しいけど、最後にめだか姫にも嬉しい出来事があったし、
きっと他のシリーズでまた大暴れしてくれるんじゃないかと。









古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント