勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









恩田陸「エンド・ゲーム 常野物語」(2009年06月23日 火曜日 20時00分)

恩田陸さんの小説「光の帝国 常野物語」「蒲公英草紙 常野物語」に続く、
「常野物語」シリーズ第3弾、「エンド・ゲーム 常野物語」の紹介。

今回の「エンド・ゲーム」は、
「光の帝国」の中の1話、「エンド・ゲーム」の
その後を描いた物語で、
常野一族の中でも、「裏返す」という能力を持った
人たちの話。
そして、人を「洗う」、洗濯屋というのも登場する。
(洗濯屋かっこいい)

「光の帝国」は、いろんな色を持った短編集で、
「蒲公英草紙」はすごく穏やかな物語だったんだけど、
今回の「エンド・ゲーム」は、
すごくハイスピードで、ドキドキな話だった。

最初から最後まで、
次どうなるんだ!?って、
ハラハラしながら一気に読めて、
面白かった。

ただ、肝心なところでひとつ。
実は私、この話のラストがいまいちよくわからなかった・・・。
最初読んだ時は、まったく話がわからなくて、
次に母に読んでもらって解説してもらった結果、ちょっとわかって、
それから会社の人にも読んでもらって解説してもらったんだけど、
結局それでもいまいちまだわかってないかも・・・。

誰か、読んだ方がいらっしゃったら、ぜひ解説お願いします。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント