勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「レイトン教授と永遠の歌姫」(2009年12月28日 月曜日 23時42分)

採点:☆☆☆☆★

仕事納めだったので、午前半休を取って、ついでに映画納めしてきた。
ということで、「レイトン教授と永遠の歌姫」。

映画は前からちょっと気になっていたんだけど、
1作目くらいしかゲームをやったことがなかったので、
見に行くのはちょっと無謀かなと思ったりもして、
でも、謎解きだけでも見たら楽しいかなと思って見に行くことにした。

謎解きとしては、思ったよりもちょっと物足りなかったけど、
全体の物語や構成としては良かったと思う。

ここからネタバレ。

最初の方にいくつか出てくる謎解きは、
やはりゲームと違って映画は自分が解けるまで待ってくれないので、
ちょっとやさしめに作ってあるんじゃないかと思う。
映画の中で答えが明かされる前に自分で考えて、解けるような問題が結構多かった。
そのあたりは、映画としては良いのではないかと思う。
(オオカミが出てきたのはちょっと唐突だった)
ただ、最後の謎解き(ジェニスの正体あたりから)は、
もっとおぉっ!って驚けるような答えがほしかったかなぁ。
なんとなく、ふうん、そうなんだ、で終わってしまった。
最後にアンブロシアが現れるところも、あまり感動がなかった。
というか、遺跡自体がちょっとしょぼかったなぁ・・・。

全体としては、途中からかなりアクションになっていたので、
レイトン教授ってこんなに動くんだ~!というところに驚き。
ただ、スクリーンの迫力の割に、キャラクターがコロコロっとしてるので、
ちょっとちぐはぐな印象はあったかも。

キャラクターといえば1点、アムリーという女の子が結構目立って出てくるけど、
正直自分的には、あのキャラクターが可愛いと思えなくて、
ちょっとあまり出しゃばって出てきてほしくなかった・・・。

まあいろいろ書いたけど、映画中に効果的に使われる音楽や、
ジェニスの歌声はとても綺麗で良かった。
(もうちょっと、歌うときの口や弾く時の指が音楽に合ってたら良かったな)

それから、レコードを聴き始めるところから始まって、
レコードを聴き終わったところで物語が終わる、という構成はすごく好き。
エンドロールが終わった後でのあの映像は、締めくくりな感じで良かった。
エンドロールといえば、エンドロール中にその後の絵が次々出てくるのも良かった。
あれのおかげで、観客が途中退出しなかった(人が少なかったってのもあるけど)のが、
エンドロールを最後まで見たい私としては嬉しかった。

キャストのみなさんも、俳優さんがやっているけどみんな上手で、
違和感がなくて良かったと思う。
大泉洋さんいいね。
また、水樹奈々さんという人を私は知らなかったんだけど、
声がとても可愛かったし、歌声が綺麗で良かった。
(この人は本職の声優さんなんだね)

全体的に、大満足とはいかなかったけど、
ゲームをやってなくても楽しめる映画で良かった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント