勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「食堂かたつむり」(2010年01月25日 月曜日 23時05分)

採点:☆☆☆☆★

yahoo!の試写会が当たったので、見に行ってきた。
「試写室」という名のつくところで映画を見るのは初めてだったので、
どんな感じなんだろう、ってわくわくしてたけど、
街のちっちゃい映画館って感じだった。10×6列くらいのところだったかな。
人は半分くらい。
でも、仕事の都合で当日まで行けるかわかんなかったので、
2名までOKのところ1人で見に行ったら、2人で来てる人ばっかりっぽかった・・・。

さて、この映画、結構楽しみにしていた映画で、
(ONE PIECEの2回目見に行ったのを除けば)今年初の映画鑑賞だったんだけど、
結果はというと・・・。

全体的には面白かったんだけど、
1個腑に落ちないことがあって、もやもやっと終わってしまった・・・。
採点としては、星4つつけるには多い気がするけど、3つにするのは忍びない、みたいな。

ここからはネタばれ。

絵本をぱっと広げたような映画の世界観はすごく好きで、
オープニングで、なんだか妙な歌から始まった時点から、
これは好きそうだなぁ、と思った。
物語は不思議なことが起こるわけでもないんだけど、ちょっと不思議な映像でポップな感じ好き。
いかにもCGっぽいCGが可愛い。

会社帰りにそのまま見に行ったので何も食べてなかった私は、
映画の中で出てくる料理を見るたびにぐぅぐぅおなかを鳴らしてたんだけど、
そんな料理を食べて、みんながハッピーになっていく感じとか、いいなと思う。
片思いが実るエピソードや、喪服の夫人がどんどん元気になっていくところなんか好き。

なので、こう、すごくほんわかとあったかい気持ちになれて、
倫子ちゃんが楽しそうに料理を作る姿をほほえましく見ていたところで、
友達が料理に虫入れる、とか、すごい悲しくなっちゃったなぁ。
(あと、水鉄砲でご懐妊はちょっとひいた)

さて、そして私のもやもやはここから始まるんだけど、
この虫を入れた友達、この時点ではすごく嫌な気持ちになったけど、
きっとこのあと、倫子の料理を食べて、ハッピーになるんだろうな、って思ってたのに、
披露宴の客の中に当然のようにいて、倫子に仲良さそうに話しかけてる。
・・・なんで?
そのあとも結局何にもなく終わっちゃたし。
え、何この友達。
まさか試写会だからその部分をカットなんてことはないよね?
私の記憶がその部分だけ飛んでるわけでもないわよね?

そんなわけで、お母さんが実はお金を出してたことや、ふくろうの時計なんかに
ちょっと感動しつつも、最後までもやもやっとしたままエンディングを迎えてしまった。
(しかもまさかの鳩オチ!)

なんだろう、自分的には、すごく世界観も好きだなぁって思って、楽しんで見てたのに、
途中ですぱーんと切り離されたような感覚かも。

キャストはみなさん良くて、
まず柴咲コウさんは、しゃべらない分表情がくるくる変わって可愛かったし、
余貴美子さんも素敵だった。
チョイ役だけど志田未来ちゃんも可愛らしかった。
そして、こんな表現をしたら失礼かもだけど、三浦友和さんのあのキャラ可愛かった。

キャストも雰囲気も自分好みだっただけに、なんかちょっと、残念。
(試写会で見といてなんだけど)







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント