勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「名探偵コナン 天空の難破船」&「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」(2010年05月09日 日曜日 21時42分)

会社帰りに見に行こうとしていた「ゼブラーマン」が、
時間が合わなくて見に行けなかったので、休みに見に行ってきた。
でも、「ゼブラーマン」よりも、思わぬ拾いものをした感じ。

名探偵コナン 天空の難破船

採点:☆☆☆☆☆

この映画、まったく見に行く予定はなかったんだけど。
コナンの映画自体、見に行くの「迷宮の十字路」以来だし。

予告見た時点では、実はぜんぜん興味を持ってなかったりして。
それというのも、理由が3つあり。

1つめは、怪盗キッドが出てくるってこと。
なんかどうも人気みたいだけど、自分としては、
キッドは「まじっく快斗」の人だと思ってるので、
あんまり「名探偵コナン」の中で目立って出てきてほしくないんだよね。
コナンに出てくるキッドって、なんか妙に完璧な感じだし。

2つめは、細菌に感染するらしいってこと。
なんか最近の映画って(細菌と最近をかけてるわけではない・・・)、
細菌に感染するパターンが多いような気がして、
コナンでもそれをやるのか、って思ったのよね。

3つめは、主題歌がGARNET CROWってこと。
これもガーネットファンの中では盛り上がってるみたいなので、
あんまり大きな声では言えないんだけど、
ガーネットファンの私としては、もういい加減アニメの主題歌はやめてほしい・・・。
ガーネットの曲に合うステージがもっとあるでしょうに。

ということで、まったく見に行く予定じゃなかったんだけど、
「ゼブラーマン」が見たくて名古屋まで行くのに、
映画1つだけ見て帰ってくるのももったいないので、なんか一緒に見たいなと思って、
でも見られそうなのがコナンくらいしかなかったっていう、
それだけの理由で見に行った。

結果、これはホントに、思わぬ拾いものをした感じ。
予告に騙されたらいかんね。
すごい面白かった。
コナンの映画は一応テレビとかで全部見てるけど、
「迷宮の十字路」以来自分的にぴんとくるものがなくて(そこそこには面白いんだけど)、
今回もあまり期待もしてなかったんだけど、これは面白かった。

ここからはネタバレ。

まず、絵がすごい綺麗だよね。
キャラクターの顔とか、アニメで見ると、原作とちょっと違うテイストだったりして、
違和感があったりするんだけど、
今回すごい、みんなが丁寧に描かれてて可愛かったな~。

ストーリーも、感染が実はかぶれだろうなぁってのは、感染の仕方ですぐわかったし、
全身感染のあの人は変だなぁ、ってのは思ったんだけど、
最後まで見抜けなかったので、さすがコナンくん、と思った。
仏像盗もうとしてた犯人捕まえたところで、あれ、結構あっけなかったな、とか思ってたので、
(仏像盗むは京都と同じやし)
その後のどんでん返しは面白いよね。
あの人が実は黒幕で、あの人も強盗の仲間で・・・って、
改めて思うと、あの飛行船、まわり敵だらけやったんや・・・。

キッドとコナンくんが協力しあうっていう展開も面白かった。
今回キッド可愛かったし。なんていうか、「まじっく快斗」のキッドって感じがした。
ヤギと戯れてたりとか、ハングライダーがしまえなくって焦ってるとことか。
あとラストとかね。
そうそう、ラストっていえば、エンドロール前のあの終わり方はすごくいいよ。
絶対エンドロール後まで見たいって思うもん。
エンドロールの時に誰も席を立たなかったのがなんか嬉しかった。

あとはやはり、平次&和葉好きの私としては、
2人が結構いっぱい出てきてくれたことが嬉しかったし。
なんかおいしい場面もあったし。
(でもあの男の子は無理に出す必要もなかったような・・・?)
最後、平次がヘリコプターに乗り込んだときは、
飛行船に竹刀持って突撃するかと思っちゃったけど・・・。

あ~、あと、なんかすごい長くなっちゃってるけどもうひとつ。
私、普段はコミックスしか読んでなくてアニメ見てないので、
毛利探偵の声が変わってから初めてアニメを見たんだけど、
まったく違和感ないね。
毛利探偵の声が変わるって知った時は、え~って思ったけど、
今回映画見て安心した。

ということで、長々と書いたけど、面白かった。満足。
GARNET CROWの主題歌の、「本当の君に出会う日を 待ってる」っていう歌詞も、
映画見てなるほど~と思ったよ。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

採点:☆☆★★★

はい、面白かった感想を書いたあとでなんだけど。

完全に仲里依紗ちゃん目当てで見に行ったので、
里依紗ちゃんが見られれば満足、と思ってたんだけど、
ちょっと、あまりのつまらなさにがっかり。

前作「ゼブラーマン」のエイリアンがちょっと気持ち悪かったので、
見に行くかどうか迷ってたんだけど、
映画の宣伝とか見てると、里依紗ちゃんがすごい良さそうだったのでね。
結構楽しみにしてたんだけど。

ここからはネタバレ。

なんていうか、これ、完全に前作とは別物やね・・・。
前作は、エイリアンは気持ち悪かったけど、話自体はよく出来てるなぁって思ったし、
面白かったんだけど、
今作はなんか、話があるようなないような、なんかどうでもいい感じ。
前作と繋がってるのって浅野さんくらいだし、
ラストシーンでうなずき合った息子は出てこないし(ってか家族出てっちゃってるし)、
前作は、冴えないおっさんがゼブラーマンとして戦うところが面白かったのに、
なんか全く別物。
しかも「ゼブラシティの逆襲」って、何が何に対する「逆襲」???
途中に突然出てくる遊びもぜんぜん笑えないし。
(煙草のポイ捨てはダメだよ、とか、合体するとことか・・・)

さて、でも、里依紗ちゃん目当てで行ったわけだから、
面白くなさはおいといて、肝心の里依紗ちゃんは、というと。

里依紗ちゃん自体は、すごく良かったと思う。
こういうのもやれるんだなぁって思ったし(なんか似合いそうだなぁって感じはしたけど)、
歌やダンスもかっこよかったし。
(でも、歌のシーンが、プロモとまったく同じだったことにがっかり)
でもねぇ、良かったんだけどねぇ・・・。
なんていうか、撮り方が好きじゃないっていうか・・・。
なんか下品だよね。
里依紗ちゃん素敵だなぁって思う前に、撮り方が下品だなぁって思っちゃって、
ちょっとひいた。

ということで、里依紗ちゃんが良ければ映画が良くなくてもいいやって思ってたんだけど、
全体的にダメだった・・・。
パンフレット見たら、3もあるようなないような感じだったけど、
3は見ないだろうなぁ・・・。







(2010年05月10日 月曜日 20時14分)
投稿者:ケント(URL

cherryさんコメントありがとう
そうでしょ。全然別ものですよね。
確かに仲里依紗ちゃんだけは良かったけれどプロモとまったく同じだったのはもったいないですね。
前作は低予算でチープだったけれど、本物のゼブラーマンになるまでの過程が面白く、わくわくしたものです。
もう三作目は観ないつもりです。




(2010年05月10日 月曜日 20時27分)
投稿者:cherry(URL)

そうなんですよね。
前作はあんまり派手ではなかったけど、
前作の方がわくわくして面白かったです。
前作見てても見てなくても、がっかりしそう・・・。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント