勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「幸福のスイッチ」(2006年10月31日 火曜日 00時09分)

伏見ミリオン座でやっていた会員限定先行上映会というヤツで、
「幸福のスイッチ」を見てきた。
先行上映会と言いつつ、他ではもう既に上映されている辺り、
名古屋はルーズだなぁ・・・。

伏見ミリオン座は初めて行ったけど、まだできて1年くらいらしく、
綺麗でちょっとおしゃれな感じだった。
3シアターあって、上映されるシアターが3階にあったので、階段で上ったのだが、
途中2階にはシアターはなさそうだった(なぜ?)。

それはさておき。
この「幸福のスイッチ」、全くノーチェックだったのだが、
この間アタゴオルとかを見に行ったときに、予告で見て、
おもしろそうだったので見に行くことにした。
田舎の電器屋さんであるお父さんに反発して上京した娘が、
お父さんが入院したせいで店を手伝うことになるんだけど、
手伝っているうちにちょっとずつ、気持ちに変化が表れてくる。
もっとハートウォーミングな優しい感じの映画を想像してたんだけど、
意外にコミカルな感じで、途中くすっと笑えたり、
あったかい気持ちになれたり、最後の方はそこかしこでうるうるした。

特にどこが山場!とかそういうのはなく、
小さなことの積み重ねなんだけれど、それがとても心地良く、
すごくよかった。

主演の上野樹里ちゃんはもちろんよかったんだけど、
樹里ちゃんのお姉さん役の本上まなみさんのほんわかした関西弁がなんとも心地良くて、
すごくいい感じだった。
三姉妹三女の中村静香さん(初めて見た)もよかった。
単なるお父さんと娘の話ではなく、この三姉妹のやり取りも見物。

三姉妹は三姉妹とも性格が違って、でもやっぱり似ていて、って感じなんだけど、
私は多分上野樹里ちゃんタイプだなぁ。
だから、意地っ張りになってしまう気持ちもすごくわかったし、
何でかわからないけど涙が止まらなくなっちゃう気持ちもすごくわかった。

見たあとほんわかと、「幸福のスイッチ」が入ったような気分になれる映画。
おすすめ!

関係ないんだけど、私の左斜め後ろに座ってたおばさんが、
一人でめちゃ馬鹿笑いしてて、すごいうるさかった・・・。
もうシーンが変わってるのに一人で笑ってるし・・・。
あれがなければもっと楽しめたのになぁ。

さて、ここへ来て見たい映画がどんどん増えているので、
ちゃんと押さえておこう。

「虹の女神」→公開中。
「デスノート」→11月3日から。
「7月24日通りのクリスマス」→11月3日から。
「いちばんきれいな水」→11月11日から。
「暗いところで待ち合わせ」→12月2日から。
「長い散歩」→12月16日から(この映画、私の住む町で撮影してた)。

・・・増えたなぁ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント