勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「パーマネント野ばら」&「告白」(2010年06月12日 土曜日 19時19分)

パーマネント野ばら

採点:☆☆☆☆★

この後見た「告白」が衝撃的すぎて危うく記憶から抜け落ちそうになったけど、
パンフレット読んでるうちに思い出した・・・。

もともと、そんなにめちゃめちゃ見たいと思っていた映画ではなかったんだけど、
結構良くて気に入った。
途中までは普通に見てたんだけど、ラストで評価上がった。

ここからネタバレ。

年齢問わずいろんな女の人が、それぞれに、
あんまり男運良くないみたいでダメダメな男の人たちばかりだけど、
それでも恋をしていく姿、
なにやってんだか、って思いながらも、ほのぼのと可愛くて、
なんかいいなぁ、と思った。
(みっちゃんはなかなか壮絶だなぁ・・・)

まぁでも途中までは、別にもう1回見たいような感じでもないかなぁ、と思って見ていた。
いい男に縁のない女の人たちの中で、主人公のなおこは、出戻りとはいえ、
カッコイイ彼もいるみたいだし、みんなを見守る役、みたいな感じなのかな、と思って
ずっと見てたので、
ラストの真相にはびっくり。
え、そうくるの?と。
でも、それが、自分的には悪い方のびっくりじゃなくて、いい方で、
そこでここまで見ていてなんか変だなぁって思ってた部分がぱっと納得いったので、
自分の中での評価が上がって、もう1回見たくなった。

びっくりしたと言っても、ミステリーとかみたいな衝撃のラスト、とかじゃなくて、
最初から最後まで流れているほのぼのした空気の中に、さらっと溶け込むというか、
そんなこともあってひとつの恋の物語なんだな、って、納得できる感じだったので、
余計に良かったかな。

真相のあとの最後のシーン、海でデートしてる、という言葉を聞いて、
ももちゃんがお母さんの所へ行くシーンは、
最後、「お母さん」と言うところで終わるんだけど、
その後のセリフというか、心情が、想像できる感じが良かった。
なおこが昔、お母さんに言ったようなことを、ももちゃんも感じてるんだろうなぁ。

キャストのみなさんも、とても良かったと思う。
まず、かんちゃんすごい可愛い。
あの人は、いくつになっても、周りをやさしく包み込む感じのオーラを放っていて、
見ていてそれだけでほんわかする。
お母さん役の夏木マリさんも、いつもながら素晴らしい。
小池栄子さんの壮絶キャラ(でも恋する乙女な感じ)も、
池脇千鶴ちゃんのちょっと不思議なキャラも、とても似合っていたと思う。

ほんわかと、最後にちょっとサプライズでせつなく、でもあったかくなれる、
こういう映画好きだなぁ。
(でも記憶から抜け落ちそうになってごめんね・・・)

告白

採点:☆☆☆☆☆

衝撃的。
見終わって思ったことは、面白いでもせつないでも考えさせられるでもなく、
ただただ衝撃的。すさまじい。
なんていうか、何も考えられない。どう言っていいかわからない。

内容が内容だけに、何回も見たいとは思えないけど、すごかった。

ここからはネタバレ。

原作も読みたかったけど、映画見るまでは読まないでおこう、と思ってたので、
内容は全く知らずに見に行った。
なので、勝手に、教室の中で先生が告白を始めて、ラストで娘を殺した犯人がわかる、
みたいな話だと思っていた。
そしたら、最初の章でもう犯人出てきちゃったので、これは一体どういう展開になるんだ?
と、まったく想像のつかない中から始まった。
そこから先は、最後まで、とにかく一気に駆け抜けていった感じで、
ラストの爆弾が爆発しないだろうことくらいは予想がついたけど、
予想がつくとかつかないとか、そういう次元の話じゃない気がする。
とにかく全てが衝撃的だった。

重い話だろうな、とは思っていたけど、中島哲也監督なので、
なんかすごいことやってくれそうだな、という気はしていた。
下妻、松子、パコなどの、ポップな感じではないんだけど、
やっぱり中島監督らしい映画で、
なんというか、重いテーマの中に、ビビットな感じを効かせているというか、
だからこそ余計に怖い気がする。
ラストでの逆回り時計の使い方とか、上手いなぁ。

キャストも良かった。
松たか子さんの怖さ、岡田将生さんのうっとうしさ、木村吉乃さんの歪んだ愛情、
犯人の少年2人に、学級委員の女の子。
みんな上手いから、話も生きてくるね。

話自体すごい話だけど、冒頭にも書いたとおり、私はただただ衝撃を受けて、
命の尊さとか、人間の怖さとか、そういうのはまったく映画から受け取っていない。
でも、すごいものを見た。
それだけで星5つ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント