勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」(2010年09月29日 水曜日 22時41分)

採点:☆☆☆☆★

会社帰りに映画見に行ったの久々かも。

平日の定時後。
元々小さい映画館ではあるけれど、お客さんは私を含めて5人。
そして、みんなひとりで見に来てるっていう・・・。

まぁ、そんなんよくあることなんだけど、そんな中だったということもあり、
声を出して笑うような感じではなかったけど、
ちょっとにやっとするような感じの、
仰々しいタイトルがついてるわりにはコミカルで、
最後はほんわかハッピーエンドな映画。
ふかきょんの持っているほんわかさに巻き込まれたって気もする。
なかなか面白かった。

ここからはネタバレ。

脚本を書けない作家とダメプロデューサーの恋の行方、心の成長の行方が大筋でありつつ、
劇中劇があり、さらに劇中劇中劇もあるっていう、
タイトルやポスターから想像していた感じとかけ離れてたのが
ちょっと突拍子もなくて面白かったし、
コミカルなの好きなので、最後まで長さを感じず楽しめた。

ただ、最初から最後まで思ったのが、
本編、劇中劇、劇中劇中劇、どれをとっても、
なんだろう、セリフなのか雰囲気なのか、なんかとにかくクサイ。というか、古クサイ。
なんかちょっと一昔前の雰囲気を放ってるのね。
でも自分的には、それが嫌じゃなかったかな。これもありかな、と。

そして3つともが、同じようにハッピーエンドを迎えるのも結構好きだな。
スポンサーの前で、制作部と編成部と営業部があんな言い争いするかよ、
とは思うけど。
最後の「僕と恋におちてください」も、めちゃめちゃベタだしクサイ。
でもすごいしっくりくる終わり方で、いいと思う。
ただ、あの出来上がったドラマが、そんなに感動を呼ぶものなのかどうかは疑問・・・。

キャストは、ふかきょんが良かったな~。
なんか別に、そんなに上手いわけでもないんだけど(でも昔よりはかなり上手くなった)、
あの独特な雰囲気、ほんわかさに巻き込む空気、好きだな~。
この映画のクサさにも合ってるっていうか。
むしろふかきょんがクサくしてる気もするけど。

ということで、クサイクサイと言いながら、結構面白かった。
見終わった後、なんとなく、恋したいかも、って思ったし。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー

最新コメント