勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「スープ・オペラ」(2010年10月13日 水曜日 20時00分)

採点:☆☆☆★★

Chicago Poodleのイベントの前に見た映画。

「特に何も起こらない映画」ってのには、2種類あると思う。
特に何も起こらないんだけど、なんだかほっこりあたたかくなる映画と、
特に何も起こらなくて、映画自体も、特に何ってこともないな、って思う映画。
残念ながら、今回の映画は後者の方だったので、
自分的には、何ってこともないなぁって感じ。

どうでもいいんだけど、映画が終わるまでずっと、
坂井真紀さんを中谷美紀さんと間違えていた。
中谷さんってこんな高い声だっけ、こんな演技もするんだ、とか思いながら見てて、
エンドロールで名前が出たところでようやく、違うやん!と気づいた。
あとから見直すと、別に似てるわけでもないんだけど、なんで間違えたんだろう・・・。

ここからはネタバレ。

話的には、「おとぎ話」って感じかな。
前に見た「食堂かたつむり」に雰囲気が似てるかも。
見ず知らずの人と共同生活を始めちゃうなんて(しかも異性だし)、
この物騒な世の中じゃそうそうないだろ、とは思うんだけど、
設定自体は結構面白いと思うんだよね。
出てくる人の雰囲気も、みんないい感じだし。
でも特に、いいなぁ、もう1回見たいなぁって思うようなところはなかったなぁ。
ラストの、ルイが見てる夢が、無駄に長い気がして、
そこでだんだん飽きてきた感じもするし。
なんか、雰囲気や設定や、出てくる人は好きなので、
もうちょっと心に響くものが作れそうな気がするんだけど。

キャストはみんな良かった。
中谷美紀さんだと思ってた坂井真紀さんの、
ちょっとすっとぼけた感じとか、すごく可愛かったし、
トニーさんも素敵だった。
康介役の子も、いつもにこにこしてるところが面白かったし。
(でも、ベッドで朝起きたときの笑顔はちょっと怖かった。
あれはあそこで歯車が狂うためのああいう演出?)
あと個人的には、萩原聖人さんのキャラクター好きだなぁ。

雰囲気はいいけど、何も残らなくてちょっと残念な映画。
ちなみに、こういう食べ物が出てくる映画を見ると、だいたいなんか食べたくなるんだけど、
今回は鈴木砂羽さんが食べてたカレーが食べたくなった。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント