勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「マザーウォーター」(2010年11月24日 水曜日 20時00分)

採点:☆☆☆☆★

アップする隙がなかったので見に行ってから結構経ってるけど、
「マザーウォーター」見てきた。

どうだろう、星3.5くらいかなぁ。
てっきり荻上監督作品だと思っていたら違うのね。
でも雰囲気はおんなじ感じかな。出てる人が同じだからってのもあると思うけど。
これまた感想の書きにくい映画というか、完全なるBGM映画という感じがする。
腰を据えてしっかり見る映画ではなくて、なんか他事をやりながら、
テレビで流れてるのをなんとなく見てる、そんな感じで見られる映画。
「かもめ食堂」ほどではないにしろ、何回も見てるうちにじわじわとはまってくるのかな、
とは思う。

ここからは、ネタバレってほどのネタバレもないけど、一応注意。

それぞれの人物に、背景とかあるんだろうし、たまに重要なことっぽいことも言ってるんだけど、
そういうのを特に感じずに、雰囲気で誘われるというか。
そういう意味では、どの人物もいい雰囲気だし、映画自体の持つ空気感もいい感じ。
ただ、こういう、気さくというか気ままというか、そういう雰囲気は、
日常でありえそうなんだけど、
ひとりで行ったことのないお店に入れたり、店先で豆腐食べられるような人じゃないと、
味わえない日常だなぁ、とは思う。
(映画はひとりで見に行けるけど)

本作は水がキーワードになっているということなんだけど、
どっちかっていうと、小さな男の子(ポプラ)がキーワードになっている気がする。
ポプラがとても効果的に使われていて、それだけで和むというか。
なので、物語という物語のないこの映画の中で、ひとつ自分的にちょっと違和感を感じたのは、
ラストでホントのお母さんらしき人が迎えに来るところかな。
ポプラはこの街のみんなの子供のままで終わってほしかったな、と思った。

感想らしい感想も書けないんだけど、雰囲気は好きな映画だった。
冒頭にも書いたとおり、BGM映画としてぼーっと眺めていたい感じ。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント