勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









上原あずみ「生きたくはない僕等」(2006年11月15日 水曜日 22時15分)

上原あずみさんが4年ぶりにアルバムを出した。
1stアルバムを出してから3年間、
ライブとかコンピレーションアルバムなどには参加していたものの、
全く新曲を出す気配がなく、
またGIZAのアーティストが消えていくのか・・・と思っていたところ、
3年ぶりに活動再開!
この日から、アルバム出すのをかなり楽しみにしていた。




4年ぶりに聴いたアルバムは、4年前と比べてかなり歌詞が洗練されていて、
歌い方もすごく丁寧に、大切に歌っている感じがした。
1stアルバムを出す前に作った歌とかも入っているそうなので、
かなりこの4年間で厳選してアルバムを作ったのだろう、という感じで、
どの曲もすごくいい。

あずみさんの書く歌詞は、人間の負の部分が多い。
そして、生きるとは?ということを常に問いかけている気がする。
でもそれは、根が暗いとかそういうことじゃなくて、
人間が誰でも持ち得る、ダークな感情を代弁しているのだと思う。
特にここ1,2年だけど、自分の中で、すごくわけのわからない感情が渦巻いていて、
でもそれを言葉にできなくて、なんかどうしようもなくなったりすることがある。
今回このアルバムを聴いて、そのわけのわからない言葉にできない感情を、
あずみさんが言葉にして歌ってくれている感じがした。
そしてあずみさんのあの可愛い声でちょっとねちっこい感じの歌い方で歌われると、
余計に心に響いてせつなくなるのだ。
もっともっと多くの人に聴いてもらいたいなぁ。



それと、当初買う予定はなかったんだけど、
アルバムを聴いてすごく読みたくなって、
アルバムと同時発売の詩集「ココロ」を買った。
こちらもおすすめ。

生きたくはない僕等
最初聴いたときは、アルバムタイトルにもなってて、衝撃的なタイトルのわりに、
インパクトがない感じがしていたんだけど、
聴きこむうちにどんどん響いてくる曲。
なんの為に生きてるんだろう、この世界にどんな価値があるんだろう、
というやるせなさを、淡々と歌った曲。
そして最後の節の「マンションのローンに明け暮れ」という妙に生活感のある歌詞が
なぜか引っかかって耳に残る。
この曲、作曲がrumania montevideoの三好真美さん。
見かけなくなったと思ったらこんなところに。
しかも作曲は初めてだ。
favorite words...
 ☆世間に賞賛される事に
  どんな価値があるだろう
  生きたくはない僕等は何故
  自分を傷つけたがる

Never Free
愛に包まれているはずなのになぜか寂しい、
誰かに解って欲しいのに本音は言えない、
そんな矛盾を抱えた切なさを歌った曲。
「心が息絶えたなら 体も息絶えてしまえばいい」
「心が枯れ果てたなら 体も枯れ果ててしまえばいい」という
サビの歌詞が印象的。
favorite words...
 ☆誰かに解って欲しいのに
  誰にも本音は晒せない
  こんな矛盾した心を放てる日は来るの?
 ☆心が枯れ果てたなら
  体も枯れ果ててしまえばいい
  必要の無いものはそう
  消し去ればいいだけの事

秘密
アップテンポでとても情熱的な曲。
ひとつの恋の終わりを歌った曲で、
あなたがとても大切で大好きなんだけど、
もう引き返せない、一人で生きていかなくてはいけない、
そういう切なさを歌った曲。
この曲でもやはり、生きることへの問いかけが歌われている。
favorite words...
 ☆大きな幸せや大きな喜び そうそれらには
  大きな痛みが伴うと知った
  それでも今も あなたはずっと変わらず大切な人
 ☆生きる事はどうして汚いの
 ☆二人だけの秘密 宝箱に詰め 鍵をかけて
  ここからは一人で あなたと私との想い出達と秘密を頼りに生きてゆくよ

Song for you~精一杯力一杯~
アルバムの中では珍しく、可愛い感じの曲。
なんだかちょっとだけ、生きることに対して、
見失っていたことに気づいたような、
少しだけ前向きになれたような感じで、
あずみさんなりの応援歌という気がする。
サビの前の「想い出して」の歌い方が、
とても耳に残って、印象的。
favorite words...
 ☆何が正しい 何が間違いって位は
  自分の価値観で決めるよ
 ☆綺麗なものを 綺麗と素直に
  感じる事が出来る様になりたい
 ☆誰かの為なんかじゃない
  自分の為に楽しんで生きていきたい

Shiny way
あずみさんにはか~なり珍しく、生きることに意欲を持っている曲。
こんな詞も書くんだなぁと思いながら聴いていたけど、全く違和感なく、
なんとなく聴いていて走り出したくなる曲。
favorite words...
 ☆光を浴びて 生きていきたいんだ
  前だけ見据え 歩いていたい
  目の前にある 壁だって壊して
  自分にだけは 絶対 負けはしない
 ☆笑いたいから 笑うんじゃなくって
  泣きたくないから 笑ってるんだ
  一度泣きだしたら 隠してた涙が
  溢れて止まらなくなるから

U&I
とても情熱的で切ない曲。
私は君と永遠の別れ(たぶん死)をして、一人ここに残され、
それでも君をいつも想っているよ、という曲。
人を失ったときの喪失感とか悲しさとか、
そういうのがすごく伝わってくる曲。
favorite words...
 ☆ねぇ君は幸せになったよね

奇跡
あなたと出会えた奇跡を歌った曲で、
とても綺麗なバラード。
あずみさん自身が、幸せな恋愛詞は難しい、と言っているように、
歌詞がちょっと消化できてない不自然な感じはするんだけど、
とてもキラキラしていて心地良い曲。
favorite words...
 ☆あなたを無条件に愛してる 本当だよ

人生ゲーム
マイナー調のメロディから始まって、サビでメジャーに変わる、
コミカルな曲調の曲。
でも歌っている歌詞は、人生なんてそんなもんだよ、どうだっていいよ、
という、結構投げやりな感じ。
それでも今僕は生きていて、この人生という名のゲームは続いてるんだ、という、
曲調はコミカルなのに結構奥深い曲。
favorite words...
 ☆あなたにはあなたの 誰かには誰かの 僕には僕の生き方があって
  それがどんなものでも どんな終わり方でも
  それが是か非か決める必要なんて無い
 ☆自分を救えるのは自分だけだって僕は想っています そう今はまだ
  痛みを痛みだと認める事出来ないままで 僕達はどれ程の時間を過ごしてた
 ☆僕の心と思考は生きるという事に向かっていない きっと僕は正しくはない
 ☆意味など求めても始まらないよ 人生は欲望で意味などどうでもいい

Maze
インストゥルメンタルっぽい曲なんだけど、
すごく印象に残る曲。
あずみさんの「どうして」「なぜ」からできているんだけど、
曲の出来がすごくいい。
作曲と編曲はrumania montevideoの三好誠さんなんだけど、
すごくモンテビっぽい感じがして、モンテビ聴きたくなった。

Last moment
このアルバムの中で、今のところいちばん好きな曲。
静かなメロディから始まって、サビで一気に何かがはじけたようにあがき出す曲。
私をわかって、という叫びと、こんなところに何があるの、という諦めと、
どうにかして欲しい思い、放っておいてという思い、
いろんな思いが、サビで錯綜している感じ。
favorite words...
 ☆あたしの声は聞こえてる?
  もがき苦しんでいる叫び
  こんな世界には 救いはないわよ
  お願い 助けて欲しいの この狭い箱の中から
  与えて さよならという解放を
 ☆人間なんて 生まれてきて 死んでく
  ただそれだけなのに 何の価値があるの?
  無駄な生き物よね

First love
岩田さゆりさんのアルバム用に提供した曲のセルフカバーで、
ちょっと歌詞の感じも岩田さんに合わせてある感じなので、
あずみさんの曲と思って聴くとちょっと違和感があるんだけど、
とても可愛らしい曲。
あずみさんの声は、切ない曲を歌うと切なさ倍増って感じだけど、
こういう可愛い曲を歌うとそれはそれですごく映える感じがする。
バックの16ビートのドラムがちょっとうるさい。

ママレード☆ラブ
最初歌詞だけ見たとき、あずみさんこんな歌詞書くの?三枝夕夏さんじゃないの?
と思ってしまった。
曲調は、ポップな感じのアレンジではあるけれど、
GARNET CROWの岡本仁志さん作曲なので、結構淡々としていて切ない。
なので、曲だけ聴いていると、ちょっと切ない感じの曲に思うので、
歌詞を見たときの、タイトルの☆とか、!や?の多用にはなんとなく違和感がある。
詞の内容は、私は君の為に努力してるのに、なんで振り向いてくれないんだよ!
いい加減こっち向いてよ!みたいな感じなので、
切ないメロディと交わると、ちょっと滑稽な感じもして、
なかなか面白く出来ている。

Song for you~Will~
同じ「Song for you」でも、
「Song for you~精一杯力一杯~」とは全く曲調も歌詞の感じも違う曲。
サビで、あなたの助けを求める声が聞こえてくる、と歌っているんだけど、
あずみさん自身の叫びが聞こえてくるような感じ。
明日に期待も希望も持てず、息も出来ない、声も出せない、
そんな悲痛な叫びを歌った曲で、
私は今こうして歌っているから、誰か受け止めて、と言っているようでもある。
favorite words...
 ☆幸せは目に見えなくて 指の隙間擦り抜けてく
  痛みは目に見えて 傷へと姿を変え 跡を残す







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント