勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」(2010年12月09日 木曜日 20時00分)

採点:☆☆☆☆★

結構前に見たのに、記事をアップするときがなかった。
なんかそんなんばっかりやな・・・。

ということで、えっと、11月末くらいに見てきた、
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」の感想。

感想といっても、なかなか感想らしい感想を言いにくい映画だなぁ。
誰の演技がいいとか、ここが感動とか、そういう感想があんまりないというか。
でも、ひとことで言うと、変な日本語だけど、「普通に面白い」みたいな。

ここからはネタバレ注意。

序盤は、映画というよりドキュメンタリーみたいな感じで、
映画を見ながら、へぇ、裁判ってこういうもんなんだ、傍聴ってこうやってするんだ、
と、ためになるというか、なんかこう、ノウハウを学んでいるような。

最後までそういう感じで進んでいくのかと思っていたら、
途中からドラマ的になってくるのね。
傍聴人として、裁判への関わり方を見つけていく主人公。
弁護士にいろいろ送ったり、裁判長の心に訴えかけるような演出をしたり、
そういうのでまた、あ~なるほど、そういうやり方もあるのか、とか、
それはないだろ、とか、なんかためになっちゃう感じ。

ラストの裁判のオチは予想通りで、まぁそんなもんだよね~で終わって、
それはそれで面白かったんだけど、
せっかくだから、いろんな演出の成果がどう出てくるのかを見てから
最後のオチに行ってほしかった気もする。
あと、まりりんに子供がいたエピソードは、後々何かに活用されるのかと思ったら、
何にもなかったね。

キャストは、まぁ、映画の性質上そうなるだろうな、という感じはするけど、
誰がいいとかそういうのはなかったかなぁ。
みんな普通に普通の人、というか・・・。
バナナマンの設楽さん、自分的に、ちょっと、バナナマンのコントは苦手な部類に入るんだけど、
やっぱりコントやってるだけあって、演技は自然で良かったかな。
ただ、別に設楽さんじゃなくてもいいよな、と思った。
鈴木砂羽さんがひとり浮き足立ったキャラで、この映画の中であのキャラもどうなのかな、
とは思った。

ということで、いろいろとためになって、あ~面白いなぁって感じの映画。
見終わった後、裁判を傍聴してみたくはなるよね。
まりりんに怒られそうだけど。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー

最新コメント