勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「ばかもの」(2011年01月21日 金曜日 23時18分)

夜にさぁさのライブがあったので、振替休日取って、ライブ前に映画を見てきた。
この映画も去年から見たいなぁと思っていたんだけど、最終日にしてようやく見られた。

採点:☆☆☆★★

全体的な感想としては、ゆったりしているわりにはちょっと浅いなぁ、という印象。
もうちょっと深く、じっくり堪能したい感じのする映画だった。
ただ、雰囲気というか、見た後の、なんていうんだっけ、読後感じゃないけど、
そういうのは結構、悪くなかった。

ここからはネタバレ。

浅いなぁって思ったのは、特に後半かなぁ。
前半が濃密な割には、2人が再会してからとか、わりとあっさりしていたというか。
再会して、ラストに行くまでの心の動きがわかりにくかったかな。
あとは、急にアルコール依存症になってしまった理由も。
それと、時代の移り変わりを表しているとは思うけど、
途中の川柳はいるのかな?と思った。
話の中では、東京に行った友人が、
宗教にはまって最終的に殺されてしまうところにどきりとした。
それと、ラストシーンは綺麗で好きだなぁ。

主演の2人、良かった。
成宮くんの、年上の女の人がかまってあげたくなるような小動物的な感じ、
でもちょっと傍から見てて鬱陶しく感じるようなところも、似合っていた。
ただ、何歳の役をやっても高校生くらいにしか見えない気も・・・。
内田有紀さんはかっこ良かった。
年下の男の子を翻弄する感じも、再会後の力強くはかない感じも良かった。

映画としては、もうちょっと深いところが見たいなと思ったけど、
原作だとたぶんもっと深いところまで行ってるんじゃないかなという気がするので、
原作も読んでみたい。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント