勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「NANA」(2006年11月27日 月曜日 22時36分)

もうすぐ「NANA2」も公開間近だけど、
映画「NANA」をようやくDVD借りて見たので、その感想。
ちなみに、原作は未読。

以下、ネタバレ。

全体的には、まあまあ面白かったかな。
なんというか、今時の少女漫画ってこんなんなのかぁとか思いながら見た。

んで、とりあえず、いいところを語る前に、
自分的に納得いかなかった点が3つあったので、それを。

1.レンがかっこよくない!
2.章司と幸子があそこでああいう関係になる心理がわからない!
3.ハチは最後までただのワガママ娘やん!

ん、まぁ、こんな感じ。
まず1について。
レンはナナの(元)恋人で、すごい重要な役どころなのに、
あの松田なんとかさん、かっこよくないよ・・・(ファンの人すいません)。
あの役をあの人がやるというのが、なんか違う気がする。
ノブがナナにレンを紹介するところで、
「絶対ほれるから」とか言っていたけど、
レンにほれるくらいなら他にいい人いっぱいおるやんっ、と
思わず突っ込みたくなってしまった・・・。
次、2について。
なんかねぇ、彼女がおりながら他の女の子に走る男の子の心理もわからんし、
「友達でいいから」とか言いながら結局あぁなる女の子の心理もわからんのは、
私の大人年齢が高校生だからなのか?どうなのか?
最後、3について。
ハチはとてもチャーミングなんだけど、自分勝手な子で、
私はナナと出会うことでそれが変わっていくんだと思って見てたのね。
なので、最後の方で、職場で怒られて、
「ここは私の居場所じゃない」とか言ってるところに、
なんだこいつ何も変わってないじゃん、と思ってしまった。
だって怒られてる内容、「勤務中ケータイはマナーモードにしなさい」って、
あんたそれ当たり前やん!
それもできずに、「ここは私の居場所じゃない」とか言ってたら、
どこにもあなたの居場所はないわよ・・・。
そんな感じだったので、なんか最後のナナからのお礼のシーンが、
妙に白々しかった・・・。
あれは、「NANA2」でハチは変わるのよ、という予告だったのだろうか。
それにしてもなんか後味悪い。

あと、細かくいえば、ヤスがなんか浮いてる気がする、とか、
平岡くんにラブシーンは似合わん、とか、
いろいろあるのだが、まぁそれは置いといて。

ここからはよかったところを。
まず、役者さんだけど、ナナとハチは2人ともよかった。
中島美嘉さんは、「偶然にも最悪な少年」のときとかなりキャラ被ってたけど、
なんかいい感じのかっこいい感じだった。
ちょっとキレるところに違和感あったけど・・・。
あと、肝心の歌が、曲が悪いのか何なのか、なんか今ひとつな感じが・・・。
宮崎あおいさんは、初めて演技を見たんだけど、めちゃ可愛いね。
ハチの天真爛漫な感じがよかった。
あと、ノブがよかった。
まぁ、無条件に成宮くんが好きだから、というのもあるんだけど・・・。
ムードメーカー的な可愛い男の子だなぁと思った。

あと、話的には、クライマックスのナナとレンが再会するあたりよかったなぁ。
ナナが「こんなはずじゃなかったのに」とか言いながら恥ずかしがってるところとか、
あぁなんか女の子っぽい~と思った。
でもレンの役の人が気に入らないんだよなぁ・・・。
ナナとハチの仲のいい~感じもなんかよかった。

そんな感じで、いいようなよくないような感想になってしまったが、
とりあえず「NANA2」はDVDが出たらレンタルして見よう・・・。







古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント