勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「暗いところで待ち合わせ」(2006年12月10日 日曜日 00時37分)

名古屋で忘年会があったので、行く前に映画を見に行くことにした。
本日見に行ったのは「暗いところで待ち合わせ」。
他の映画を見に行ったときに、予告で見て、
なんだか面白そうだったので、見に行ってみた。

ココから先はネタバレ。

見た直後の感想は、「ラブストーリーと思いきや、サスペンス?」。

目の見えない一人暮らしの女の子の家に、
殺人事件の重要参考人である男が入り込み、
奇妙な共同生活をする、という、なんだか不思議な物語。

前半は、2人の、孤独なようで孤独でない不思議な雰囲気や、
静かな空気感がとても心地良かった。
ミチルの物語、アキヒロの物語、そして2人の物語、と、
順に進んでいく展開もいいなと思った。
何より、2人の演技がすごくいい。
田中麗奈さんは、この人ってこんなにいい役者さんだったんだぁと初めて思った。
目が見えない難役なんだけど、すごくいい空気感と、微妙な心の変化が伝わってきた。
チェン・ボーリンさんは、初めて見たけど、かっこいいね~。
この人も、相手に気づかれないように息を潜めて生活するという大変な役ながら、
すごく目でいい演技をしているなぁと思った。

好きなシーンは、ミチルが初めてアキヒロの存在をはっきりと認めて、
ご飯を作ってあげるシーン。
何も語らず、2人分の夕食を作って、食卓で待つミチルと、
静かに夕食を食べ始めるアキヒロの不思議な関係がとてもよかった。

で、私は、アキヒロが最終的には自首して終わりだと思っていたので、
後半の展開にはかなり驚いた。
突き落としたのがアキヒロじゃなかったんだ、って解ったとこまではよかったんだけど、
まさか犯人がハルミとは・・・。
物語の途中で突然出てきて、
どういう風にこれからの展開に関わっていくんだろうと思っていたんだけど、
ホントにまさかの展開に驚いた。
で、驚いたと思ったら、今度はミチルがサスペンスドラマの探偵みたいに、
犯人に推理を話し始めた。
この辺は、え、こういう映画だったの?と驚くとともに、
なんかちょっと、前半のいい空気感が壊れてしまった感じがして、
自分的にはう~ん・・・という感じだった。

あと、事件後のラストシーンが、自分的にはいまひとつだった。
アキヒロはいい事言ってるし、2人で散歩するシーンもいいんだけど、
もうちょっとその後の話を長く入れて欲しかったかなぁという感じが。
ちょっと最後あっけなく終わってしまった感じがした。

あともうひとつ。
電車に突き落とすシーンが3回か4回くらい出てきたんだけど、
私はあぁいうシーンは耐えられないのでちょっと・・・。怖いもん。

とはいえ、見ててとても不思議で、ドキドキもして、
なかなか面白い映画だった。
乙一さんの本も読んでみたいなぁと思った。
パンフレット見てたら、結構設定読むだけでも面白そうな話ばかりだったし。

映画な日々。読書な日々。」さんの記事。







(2006年12月12日 火曜日 21時53分)
投稿者:隼人(URL

こんばんは。
サスペンス映画ですか。
僕はサスペンス系好きなので、もしかしたら合うかもしれませんね。
ちょっと確認してみます。



(2006年12月12日 火曜日 23時10分)
投稿者:cherry(URL

結構展開的には、後半はドキドキする展開でしたよ。
私もサスペンスものは割りと好きなほうですが、
そういう映画だと思わずに見に行ったので面食らいました^^;。



(2006年12月19日 火曜日 21時14分)
投稿者:masako(URL

こんばんは。
旅行に出ていてお返しが遅くなってしまいました。ごめんなさい。
リンクありがとうございます!
原作を読んでいないと、アキヒロの行動や後半の展開も楽しめていいですよね。でも原作で内容を知っていても楽しめる映画だったので、なかなかよい出来だったと思います。



(2006年12月19日 火曜日 21時34分)
投稿者:cherry(URL)

こんばんは~。
そうそう、原作を読んでいなかったのでかなりびっくりな展開でした。
原作は買ってまだ本棚においてあるので、これから世みたいと思ってます~。



(2007年01月01日 月曜日 20時47分)
投稿者:twolightkuma(URL

前半の静かな展開と後半のホラー的急展開。
原作を読んでいなかったので想像を超えた
ストーリーで逆に私はこの作品に嵌りました。
田中麗奈の演技も素晴らしかったです。
最後はあっけなかったけど
パッピーな二人を想像しました。



(2007年01月01日 月曜日 21時00分)
投稿者:cherry(URL

確かに、想像を超えたストーリーでしたよね。
私もかなりびっくりしました。
私も原作を読んでいなかったのですが、最近文庫本を買ってきて今読んでいるところです。
原作は、映画と違って2人の内面がいっぱい描かれているので、これもまた面白いです。



古い記事もコメント大歓迎。














管理者にだけ表示を許可する



ホーム


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

最新コメント