勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









「小野寺の弟・小野寺の姉」(2014年10月25日 土曜日 14時37分)

採点:☆☆☆☆☆

片桐はいりさんと向井理くんの姉弟の物語、
それだけでもう面白そうだったので、めっちゃハードル上げて見に行ったけど、
めっちゃ面白かった。

笑い盛りだくさん、ちょっとせつなくなるところもあるけれど、
可愛くてきゅんとして、そしてあったかい。
ちょっと、クライマックスのストーリー展開で、
一瞬、星4つにしようかと思ったんだけど、
でも見終わった後すごくあったかく気分よくなれたので、思い切って星5つ。

ここからはネタバレ。

最初からわくわくしながら見てたんだけど、
序盤の「俺が勝ったら?」「じゃんけんが強い人なんだな、って思う」
ってところで一気に心をつかまれて、
そこからはもう、すっごいにこにこしながら見てた。
途中で自分がすごいにやけてることに気付いて、
うわ、なんか自分気持ち悪って思ったくらい。
感想書いてる今もにやけてるっていう・・・周りに人いなくて良かった。
会話のテンポとか登場人物たちのそれぞれのキャラクターも絶妙だったので、
中だるみもせず、ホント楽しかった。
何より、小野寺姉弟が可愛すぎる。

相手のためだと思って自分がしていることが、
実は相手のためになっていない、独りよがりなことだったりする。
そういうのって、姉弟に限らず、日常生活の中でよくあることだよね。
小野寺姉弟は、お互いに、相手を思いやるばかりに、
自分にもセーブをかけちゃっている。
でも、そんな2人が、お互いを尊重しつつも、自分に向き合おうとしたときに、
物語が大きく動き出す。
もうね、2人が素敵すぎて、見ててホント、
2人には幸せになってほしいって思っちゃって、
これ、変にごめんなさい展開にならずに、
このまま2人とも恋がうまくいってハッピーエンドで終わってほしい!って
途中から思っちゃったのね。
なので、2人がふられちゃった展開が、
星4つにしようかと思ったところだったんだけど。

でもそのあとの、姉が泣いているのを聞いて、「ただいま」って帰りなおすとことか、
畳貯金の真相とか、ありがとうの香りとか、のれんに髪の毛ひっかけるとことか、
そういうの見てたら、あ~、やっぱりこの姉弟いいなぁって思って、
最後まであったかい気持ちになった。
進が嗅いだありがとうの香りは、どんな香りだったんだろう。
できあがった香りを嗅げないのが残念だわ。

キャストもすごく良かった。
片桐はいりさん、もう、存在だけで素敵だわ。
さすがの安定感。
向井理くんは、よくよく考えてみたら、
今までそんなに向井くんが出てるドラマや映画見てなかったんだけど、
この映画見て、この人いいなぁって一気に興味がわいた。
及川光博さんのキャラクターもいいね。
この人も結構いろんな役を器用にこなす人だよね。
山本美月ちゃんは今までそんなに好きでもなかったけど、
この役はすごく似合ってて良かったと思う。
そのほかのみなさんも素敵だった。

結構久しぶりに褒めちぎり感想書いたな~。
あ~、なんかいい気分。



「トワイライト ささらさや」(2014年10月23日 木曜日 23時36分)

採点:☆☆☆☆★

試写会が当たったので見に行ってきた。
もともと見に行く予定だったけど、やっぱりちょっとでも早く見られるのは嬉しい。

ちょっとくすっと笑えるコメディ的な感じで楽しいし、
その中にも、あったかさとか力強さがあって、良かった。
ただ、「泣ける」と銘打ってあったけど、自分は別に泣けなかったな。
まぁ、前にも何かでも書いたけど、
「泣ける」と銘打っている映画って逆に冷めちゃって私は泣けない人なので、
今回も見る前から泣けないだろうな、とは思っていたけど。

ここからはネタバレ。

亡くなった夫、ユウタロウは、生前、まったく笑えない落語家だったそうで、
そのせいかどうかはわからんけど、映画の冒頭は、
ぜんぜん、くすっと笑えるところもなかったので、
これ大丈夫かよ、って思っていたんだけど、
ボケたおばあちゃんが実はボケたふりだったあたりから、
面白いところが増えてきて、中盤までは楽しく見られた。
ユウタロウに乗り移られたみなさんがみんな、
ホントに乗り移られたような感じで上手くて面白かったし、
ダイヤに乗り移った時なんかめっちゃ面白かったな~。
主人公のサヤが、徐々にたくましくなっていくところも良かった。
ユウタロウの父親からユウスケを取り戻した時の、
凛とした感じは良かったな。

たぶんその後の、ユウタロウの一生を振り返るところからが、
泣き所だったんだろうな、と思うんだけど、
正直なところ、このあたりからちょっと間延びしてる感じがした。
サヤが決意を新たにして、ユウタロウは成仏して終わり、で良かったような。
ユウタロウの一生を振り返っている中で、
お父さんがなぜお母さんの死に目に会えなかったのか、
理由が明かされると思っていたんだけど、それもなかったね。
その割に、モノローグで語りすぎじゃないかな、ってのも
ちょっと気になったかも。
そこまで言わなくても、見ていて伝わってくるものがあるんだから、
言わなくていいのにな、って思うところがあった。

あとは、出てくる景色とかが、
なんかミニチュアを撮影したみたいだったのが気になった。
あれってそういうふうに撮ってるのかな。
なんかちょっと、ささらという町がちゃっちく見えたかも・・・。

キャストは良かったと思う。
新垣結衣ちゃんがすごく可愛かったし、奮闘するお母さん姿素敵だった。
中村蒼くんの変なテンションキャラも結構好き。
大泉洋さんも良かったんだけど、どっちかというと、
大泉さんに乗り移られた人たちの演技が上手かった気がする。
誰よりも、ダイヤ役の子がめっちゃ良かった。
もうホントに、乗り移られてるんじゃないかっていう。

ちょっと後半長かったけど、全体的には好きな感じの映画だった。



「ふしぎな岬の物語」&「ぶどうのなみだ」(2014年10月19日 日曜日 08時46分)

土曜日に見た2本。
まったりデイ。

ふしぎな岬の物語

採点:☆☆☆★★

ユーモアもあってくすっと笑えるところもあって、
ほんわかとあったかく、題材的には好きな映画だった。
なんだけど、なんていうか、昭和の匂いがするっていうか・・・。
吉永小百合さんの演技もそうだし、全体的な映画の雰囲気も、
なんかちょっと古くさいような感じがして、
お客さんも年齢層高めだったし、
周りの人が、「吉永さんはやっぱり綺麗だねぇ」とか感想を言ってるのを聞きながら、
やっぱりちょっと、自分の年代が対象の映画ではないかな、と思った。

それと、ここからはネタバレ含むけど、
前半のエピソードとかは結構好きだったんだけど、
後半に行くにつれて、なんか、よくわかんなくなっちゃったかな。

前半の、「大丈夫」の魔法とか、泥棒さんと会話しちゃうとか、
そういうエピソードは好きで、
あぁ、こういう感じで進んでいくんだな、と、結構わくわくしてたんだけど。
なんかたぶん、これまでこの岬で積み上げられてきたものが描かれていないから、
後半のエピソードがよくわかんなくなったんだろうな、と思う。

タニさんとの別れのシーンにしても、
30年間ずっと、タニさんが悦子さんを支え続けてきたということが、
言葉でしか表現されていないから、
見ていても、これまで30年間お疲れ様、っていう気持ちが湧いてこなくて、
周りでは泣いてる人も結構いたけど、自分は泣けなかった。
それから、浩司との関係に至っては、一気に言葉でまくしたてただけなので、
あ~そうなんですか、って感じで終わっちゃったかも。

そしていちばんわかんなかったのは、
なぜ亡くなった旦那さんは、絵を返してほしいと言ったのか、
そしてなぜ店が燃えたのか。
最後の浩司のモノローグの感じでは、
悦子さんはこれからタニさんのところへ行くのかな、って感じだったので、
亡くなった旦那さん的には、
自分のことは忘れてタニさんのところへ行きなさいという意味での、
一連の流れだったのかな、っていうのはまぁなんとなく思ったけど、
悦子さんがタニさんを好きっぽかった要素ってなんかあったっけ・・・?
それが伝わってこなかったから、旦那さん何がしたかったの?って思っちゃった。
私はあの親子が再びカフェに来た時に、
あの女の子が、悦子さんの寂しさに惹かれてやってきて、
悦子さんに「大丈夫」の魔法をかけると思ってたんだよね。
なので、絵を返してほしいのくだりはホントに自分的に、え、そこ?って思ったし、
あの絵、持ってかれちゃったけど、あの後どうなるんだろ、
旦那さんが取りに来たのかな・・・というのがすごく気になった。

全体的に、見終わった後の気持ち的には悪くなかったけど、
ちょっといろいろ納得いかない映画だった。

ぶどうのなみだ

採点:☆☆☆☆★

何か大きな出来事が起こる、というほどのものはないんだけど、
見ていてじわじわと心地よいものがあふれてくる映画で、
好きな雰囲気の映画だった。
『しあわせのパン』と同じ人が脚本・監督ということで、
『しあわせのパン』の時は、これも雰囲気は好きだったんだけど、
なんか妙に説明的なモノローグが入ってたのが
気になった覚えがあって(うろ覚え・・・)、
でも、本作『ぶどうのなみだ』は、無駄な説明的なものはなく、
映像と、人と人との関わりで物語が成り立っていて、
それはすごく良かったな、と思う。
途中ちょっと、眠くなったけど・・・。

ここからはネタバレ。

アオとロクの兄弟をはじめ、エリカや、村の人たちの雰囲気がとてもよくて、
みんなの関わり合いを見ているだけで、すごく心地よい気分になった。
一面のぶどう畑とか、麦畑とかもすごく綺麗だし、
1本だけ立ってるぶどうの木もいいね。
何億年も前に生きていたアンモナイトが今になって見つかるみたいに、
ワインを作るのも、ちょっとやそっとでは作れない。
何年もかけて、ゆっくり、じっくりといいものができていって、
そして、アオやロク、エリカの心の傷も、
ゆっくり、じっくりと癒されていくんだろうな、と思う。

ひとつ気になったのが、
あんまりワインづくりに詳しくないので的外れなこと言ってるかもだけど、
アオが最後に開けたワインって、作ったばっかりのものじゃなくて、
何年か熟成させてあったものじゃないの?
だとしたら、エリカに手紙をもらってから作ったぶどうで出来たワインではないよね?
だから、美味しくないのは当たり前じゃないの?と思ったんだけど。
それとも、もっと季節はめぐって何年後かの話だったの?
メインのシーンがそこだったから、なんかちょっと気になったかも。
あと、みんなで音楽を奏でるシーンで、
音楽がなんだか浮いてたのがちょっと気になったかな。

まぁでも、クライマックスシーンで、
2人が再会した時に、雨が降って、
「青空の後の雨」が最悪なものじゃなくて
最高のものになって終わったところは良かったし、
エンドロールで、え、2人結婚までいっちゃうのかよ、って思ったら
あの2人だったのがすごく衝撃的だったし良かったので、
見終わった後は、あぁ、良かったな、という気持ちになった。

キャストも皆さん良くて、大泉洋さんも良かったけど、
染谷将太くんがすごく可愛くて良かったな。
安藤裕子さんは初めて見たけど、声のせいか、
すごくサバサバとしてかっこいいな、と思った。
あと、田口トモロヲさんの警官が可愛くて好き。

なかなか心地よい映画だった。
映画館で『ぶどうのなみだ』とのコラボパンが売ってたから買った。

DSC04356.jpg



「太陽の坐る場所」(2014年10月04日 土曜日 14時34分)

採点:☆☆☆☆★

見終わった後の感じは悪くなかったけど、
全体を通しては、ふ~んこんなもんかぁ、って感じだったかも。
そして、ミステリーって書いてあったけど、どこがミステリーだったんだろ。

ここからはネタバレ。

学生時代ではないけど、あの時のあの出来事のせいで、
今も自分は前を向けていないのではないか、と思うことはあって、
もういい加減忘れちゃえばいいのに、
変に拘って縛られているような気がすることはある。
そういう意味では、響子が過去に縛られている気持ちも、わかる気がする。

でも、学生時代のみんなに共感できるかって言ったらできないかな。
なんていうか、クラスの中でも華やかなグループに属してた人たちの
話って感じがする。
自分は学生時代から、目立つタイプでもなかったし、
目立つ子に群がるタイプでもなかったし、
そういう子たちのことはあまり気にせず気の合う子たちと仲良くしてたタイプなので、
この物語に出てくるどの子のタイプでもないような気がする。
転校した倫子ちゃんのその後が出てきた方が、まだ共感できる部分もあったかもな。

結局、響子は、自分でも言っていたとおり、
ただの裸の女王様だったのだろうなと思う。
自分が絶対的な存在だと思っていたけど、
今日子には最初から相手にされてなかったんじゃないかなっていう感じがした。
ライバル視していたのは響子の方だけだったんだろうな、と思った。
「これまであなたのためにしたことなんて1つもない」と言われたり、
体育倉庫でも結局放っておかれただけ。
だから、ラストで再会した時に、今日子が、
「あなたから名前を取り返したことが嬉しかったから芸名をキョウコにした」
って言ったのは、ちょっと違和感があったかも。
あと、パンフレットとか読むと、
今日子は響子の影の存在だったって書いてあったけど、
そんな感じはしなかったかな。
普通にすごく可愛いし、相手にされない子のことも気にかけてあげたり、
響子にも対等にものを言ってる感じがして、
そりゃこっちの方が好かれるよな、っていう気がした。

キャストはみんな良かったと思うんだけど、
主演の2人よりも、三浦貴大くんとか森カンナちゃんとか、
高校生役のみんなの方が存在感があったなぁ。
2人が抑えた演技をしていたからなんだろうけど。

なんとも言い難い感想になってしまった。



「るろうに剣心 伝説の最期編」&「舞妓はレディ」(2014年09月13日 土曜日 17時36分)

映画の不可抗力で思わずグッズを買ってしまった。

DSC04081.jpg

普段めったに映画のグッズ買わないから、レアだよ。
まぁ、キティだけど。
根付も売ってほしいんだけど。

るろうに剣心 伝説の最期編

採点:☆☆☆☆★

前回の京都編がものすごい気になる感じで終わってしまったので、
早く続きが見たくて楽しみにしてた。

京都編は、感想にも書いたと思うけど、
志々雄を倒して終わりだと思っていたので、
見てて自分的に、どこがメインだったんだろうって思いながら終わっちゃったんだけど、
今回は、というか今回こそは、志々雄を倒して終わりなんだろうっていう
明確なクライマックスがあったので、
あんまり心配せずに楽しめた。

ここからはネタバレ。

ほとんど戦いばっかりで、血もいっぱい流れたり、怖い場面があったり、
結構ハードな映画ではあったけど、
とにかくアクションがすごいなぁと思いながら見た。
役者さんの身体能力がすごすぎだ。
同じアクションでも、
やっぱり宗次郎と志々雄では戦い方というか動き方も違ったりして、
見てて飽きないなと思った。

左之助が戦うシーンやっぱり好きだな。
真剣なのにちょっとコミカルなところが。くすぐってるし。
佐渡島が一瞬で飛ばされるところとかも。
弱そうとは思ってたけどやっぱ弱かった。

あと、戦いばっかりの中でも、
剣の道だけでなく人生に通じる心に残る場面もあって良かった。
自分の命を失うことを恐れていないことが弱点だとか、
1回や2回で答えがわかるなら誰も道を間違えたりしない、と言うところとか、
うん、確かにそうだなって思った。

ちょっと残念だったのは、蒼紫って人の存在意義がイマイチわかんなかった。
突然現れて剣心の邪魔しただけだったなぁ・・・と。
志々雄のところにも突然現れて、「おまえ誰だよ」ってそりゃそうだよね。
志々雄といえば、1人相手に4人がかりで、しかも勝てないってのも、
なんか見てて笑っちゃった・・・。
みんなで邪魔しあってないかい・・・?
あそこは最後まで剣心と1対1の戦いをしてほしかったなと思った。
でも、1対1の戦いに戻ったあとの2人は良かった。
2人とも満身創痍で、人間らしい戦いだな、と思った。

あとは、今回も薫ちゃんの出番が少なかったのがちょっと寂しかったかな。
恵はすごいかっこいいこと言ってたし、
左之助も戦いで活躍してたのに、薫だけ何もしてない気が・・・。

3作通しての感想としては、
どれも、キャストもよく、アクションもかっこよくて、話も良かったと思う。
でも自分的には、あまりハードすぎるのはやっぱりちょっと苦手で、
1作目の、ちょっと間抜けな敵が出てきて
「おろ?」とか言いながら戦ってるくらいの感じがいちばん好きかな。

あとは、やっぱり3作だけでは謎のままのことも多いので、
原作かアニメ見ようかな・・・どうしようかな。

舞妓はレディ

採点:☆☆☆☆★

ハードな剣心見た後だから余計ってのもあるかもだけど、
すごいニコニコしながら見た。
いわゆる王道のシンデレラストーリーだけど、
成長していく主人公をあったかく見守る花街の人たちのような気持ちで見て、
そして見終わったあとはすごく満たされた気持ちで、
そして「ま~いこ~はレディ~♪」が頭から離れなくなる映画。

ここからはネタバレ。

まぁまずとにかく主人公が可愛い。
ホントに、田舎から出てきました~って感じの、
垢抜けないちまっとした子なんだけど、
物語が進むにつれて、どんどん素敵になっていくのね。
パンフレット読んだら順撮りしたわけではないようなんだけど、
順番に成長していっているのを見守っている感じだった。
最初はおどおどしてた主人公が、
最後には素晴らしい舞を披露して、
そして先生を騙し返すくらいのユーモアまで手に入れちゃって、
(あの場面好きだな~)
なんかホントに、良かったね~って思いながら見た。
主人公を取り巻く人たちもみんなあったかくて、
やさしい女将さんや、かっこいいけどなんかちょっと変人な先生や、
いろんな人たちが主人公を見守っている姿がとても素敵だった。

歌も良かった。
ちょっと、ここで歌入るの?って思う場面もあったことはあったんだけど、
全体的にはすごく面白かった。
何より、みんなめっちゃ歌上手いっ。
主人公の歌声は綺麗だし、主人公と先生の掛け合いの歌とかめっちゃ好きだな。
あの場面での2人のすごく楽しそうな感じも好き。
そして冒頭にも書いたけど、最初と最後に流れるメインテーマ。
あれを聴いているエンドロールで、さらに満たされた気持ちになった。
覚えやすそうだし、めっちゃ歌いたくなるなぁ。カラオケ行きたいなぁ。

キャストのみなさんもみんな良かったし。
上にも書いたけど、主人公の上白石萌音ちゃん、ホント良かった。
そして長谷川博己さんと富士純子さんがお気に入り。
好きな俳優さんだからひいき目もあるけど濱田岳くんのキャラも好き。

今感想書いててもなんだかとても楽しくて、
そして「ま~いこ~はレディ~♪」が頭から離れないっ。



前ページ | ホーム | 次ページ


カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー

最新コメント