勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『羊の木』(2018年02月03日 土曜日 17時26分)

採点:☆☆☆☆★

同じ街に殺人犯ばっかりが越してくるっていうことだけで
なんか面白そうだなと思って観に行ったので、
街で殺人事件が起こって犯人は誰だ!?みたいなミステリーかと思っていたら、
もっと深いところでのヒューマンドラマという感じで、
ちょっと怖かったけどなかなか興味深かったし、面白かった。

ここからはネタバレ。

まず、設定なんだけど、仮釈放された人たちを住まわせて、
刑務所は経費削減、犯罪者は刑期短縮、街は過疎化を食い止められる、と、
なかなか面白い試みだな、と思った。
なんか、近い将来実際にあり得そうな設定だよなぁ。
ただ、顔を合わせちゃうような小さな街に殺人者を6人というのはさすがに・・・。
まぁ、それがないとこの映画成り立たないわけだけど。

殺人を犯した人たち、とは言っても、その中にもいろいろな人がいて、
栗本のセリフにもあったけど、「さよならではなくて、木が生えてまた会える」
のと同じで、
殺人を犯してしまっても、そこで終わりではなくて、また新しく始められる人もいる。
大野とクリーニング屋の女の人とのラスト好きだな。
床屋さんの2人も、同じように刑務所にいたことがある人だからこそ
わかることもあるんだな、と思うし、
栗本も、ベタだけど最後に芽が出てて良かった。
太田は、セックス中に首絞めてって言われて絞めて殺しちゃったとか、
介護センターのおじいさんに恋をするとか、
ちょっと自分の理解を超えているキャラクターだったので、なんとも言い難いけど、
殺人を犯したらもう恋はしたらダメなのかって言ったら
そういうわけではないと思うので、まぁ良かったのかな、と思う。
そんな中で、杉山みたいにあからさまに敵意をむき出しというか、
俺なんかやっちゃうよ、みたいな人は、お近づきになりたくないなと思うけど、
それよりも宮腰みたいに、一見何にも害がなさそうで、仲良くなれそうなのに、
何も考えず人を殺せちゃう人が一番怖いのかな、と思った。

もし自分が、月末と同じような立場に置かれたとき、
相手に対してどういう行動をとるのかな、って考えちゃうな。
やっぱり、罪を償っているんだから偏見を持って見ちゃいけないと思う気持ちと、
でも近づくのは怖いっていう気持ちと両方あって難しいなと思う。
大野が言ってたみたいに、人間が肌で感じることはだいたい当たってるなら、
近づいて大丈夫かどうかちゃんと判断できるのかな・・・。
でも、殺人者っていう極端な例で考えるとあれだけど、
普段の生活の中でも、やっぱり、なんかあの人苦手、みたいな人とかいるから、
そういう人とどう付き合っていくか、というのと、根本は同じなのかな、と思う。

最後の方は、月末自身は知らないけど、観てる方は、
宮腰が杉山を殺した後で会いに来てることを知ってるから、
どうなっちゃうのかハラハラしながら観てた。
結局、宮腰はどうして2人で飛び降りることを選んだのかな。
ホントにのろろ様にすべてを委ねたのかどうなのか・・・。
結果的に、のろろ様最強だったね。
のろろ祭の時はなんじゃこの気持ち悪いの、と思ってたけど。

キャストはみんな良かった。
殺人犯の方たちがみんなそれぞれに違うキャラクターで個性的だったけど
みなさん上手かったし、
錦戸亮くんは、殺人犯の皆さんと比べると演技力は劣ると思うけど、
自分が前に立つっていうより全体を受け止める感じの役だったので、良かったと思う。

なかなかいろいろ考えさせられる作品だった。



一番くじ 美少女戦士セーラームーン セーラー戦士のお泊り女子会(2018年02月02日 金曜日 20時00分)

先週末に引いた、セーラームーンの一番くじ~。
すごい可愛かったので、発売されるのかなり楽しみにしてたやつ。

DSC03431.jpg

どれも可愛かったんでどれでもいいな~と思って引いたらこんな感じ。

DSC03432.jpg

まずこちら、F賞のプリティーガーディアンスモールディッシュ。
名前長っ。
4種類あって、ちびうさにしてみた。
これかなりちっちゃいので、何に使おうか検討中。

DSC03433.jpg

H賞の夢見るハンドタオル。
こっちも4種類あって、亜美ちゃんが好きなので亜美ちゃんついたやつにした。
4人とも可愛い。



大河ファンタジー『精霊の守り人 最終章』(2018年01月31日 水曜日 20時00分)

去年の終わりから今年にかけて放送されていた
『精霊の守り人』の最終章が土曜日に終わった。

今回の話は、『闇の守り人』『天と地の守り人』がベースで、
始まる前に読み直すとか言ってたのに結局『天と地の守り人』の
1巻目までしか読めなくて
2巻目と3巻目まだ読み直してない・・・。

で、肝心の内容なんだけど・・・正直、今までは結構面白かったのに
なんか一気にがっかりした。
守り人シリーズの中で『闇の守り人』が一番好きなので、
原作に忠実にやってほしかったんだけど、なんか設定が変わりすぎた。

タルシュとの戦いのさなかにヒョウルとの儀式が入ってくる形になったので、
なんかお話がそれ単独じゃなくて、流れの中に入っちゃったのも
自分的には微妙だった。
ドラマではログサムが死んでなかった理由は、
ユグロを登場させないで代わりに役割を担うためだと分かったけど、
それにしても話が違いすぎて・・・。

カンバル編が終わってからの、タルシュとの戦いのところは、
面白いなと思うところもあったんだけど、
まだそこ読み返してないけど自分の中で原作で印象に残っていた、
バルサとタンダがキスするシーン、
シーン自体は、すごい綺麗だったし、好きなシーンだったんだけど、
最終回じゃなくて1回目前でそのシーン出てきたので、あれ?と思っていたら、
そのあとタルシュに捕らわれるっていう・・・。
え、あんたたち、2人がイチャイチャしてるとこ見とったんかい!
ちょっと邪魔しないでほしかったわ。

キャラクターとしても、原作と違ってても上手く使われてる人もいたんだけど、
なんかあんまりシュガとか活躍せずに終わっちゃった感じがするし、
ガカイはなんかお笑い担当みたいになっちゃったし、
なんかいろいろ違和感があったなぁ。

綾瀬はるかちゃんは全編通してやっぱりすごく良かった。かっこよすぎた。
これからこういう役が増えるといいのに。
東出昌大くんは、やっぱりなんかちょっと違和感あったな。
タンダのやさしさが出ていない感じが。話が変わってるせいもあるんだろうけど。
見た目は合ってるんだけどな。

結局、3年かけてちょびちょびとやっていたけど、
別にまとめてやればよかったんじゃないかな、という気もした。
そして、『天と地の守り人』の2巻3巻を早く読み直して
この違和感を解消したい・・・。



映画『嘘を愛する女』(2018年01月29日 月曜日 20時00分)

土曜日に観た映画。

採点:☆☆☆★★

長澤まさみちゃんも高橋一生くんも好きだから期待しすぎたのと、
初日に観に行けなくて1週間待ってたので
その間に余計期待が高まっていたのもあると思うんだけど、
思ったより普通だったというか、よくあるサスペンスものという感じだった。

ここからはネタバレ。

意識不明になった恋人が名前はじめすべて嘘だとわかったときに、
今までの愛し合った時間が嘘でなかったことを確かめるために恋人の過去を探る。
過去がわかり、恋人が描いていた物語が亡くなった奥さんと子供の先の話ではなくて
自分との未来を描いていたとわかり、愛を再確認する。
・・・というのが、この映画で言いたかったことなんだろうな、と思う。
そういう意味では、役者さんの上手さもあり、
部分部分で伝わってくるものはあった。

ただ、恋人の過去がわかるまでの道のりが長かったわりに、
最初にパソコンのパスワードわかった時点である程度絞って調べたら
たどり着いたんじゃないの?という気がしたのと、
恋人の過去も、なんかもっと、そうきたか!っていうのを期待していたら
まぁドラマでよくありそうな感じだな、と思ってしまったのと、
奥さんが車に引かれて死ぬところが怖すぎて、
そこで一気にサスペンス色が増して肝心な部分で感動できずに終わったな、という気が。

キャストは良かった。
長澤まさみちゃんは最近、夫が侵略者になったりとか
特殊な相手と対峙する役をやっているけど、やっぱり上手いなと思う。
高橋一生くんも、見方によってはすごく穏やかで優しい人で、
でも何か背負ってるというか謎めいてる感じの雰囲気がすごく良かった。
吉田剛太郎さんのちょっとツンデレ(?)な感じも良かった。
川栄李奈ちゃんも良かったけど別にゴスロリじゃなくて良かったような?
DAIGOさんは今まで演技上手いと思ったことはないんだけど、
今回の役は合ってると思った。

あと、アルバム買ってこの曲好きだなと思っていた松たか子さんの『つなぐもの』。
ラストシーンで暗転した後のアカペラから始まるところでもうきゅんとなる。
やっぱりいいな。

キャストとエンドロールは良かったので、
なんかもうちょっとなぁっていう気がした。
演出とかの問題?



フィギュアスケート・四大陸選手権(男子フリー)(2018年01月27日 土曜日 20時51分)

四大陸選手権・男子フリー。
男子は宇野昌磨くんとボーヤン・ジンの一騎打ちだろうけど、
田中刑事くんが3位に入れるかも楽しみだな。
いっぱい放送してほしいけど
無良崇人くんと最終グループくらいしかまともにやらないんだろうな。

無良崇人→最初の4トゥループが2回転になってしまったんだけど
そのあともう1回4トゥループ挑戦したのは良かった。
手はついてしまったけど。
後半の3アクセルでちょっとバランス崩したのは
もしかしたらコンビネーション狙ったのかな?
会心の演技ではなかったけど、最後まで力強く良かった。

ミーシャ・ジー→3アクセルでちょっと着氷が乱れたところはあったけど
それ以外のジャンプは安定感があったし、
全体的にもとても綺麗だった。
今シーズンジャンプが安定しててプログラムの完成度が高いね。

ケビン・レイノルズ→クリーンではなかったけど
4サルコー、4トゥループ、4サルコー−3トゥループ−3ループ、
後半の4トゥループ−2トゥループ決まっていたし、
その他のジャンプも決まって、
最後のステップとかも良かった。
ケビン引退かぁ。
この人が初めて出てきた時は、
1つのプログラムに何回4回転入れるんだ!ってびっくりしたものだが、
今やそんな選手がいっぱい出てきたなぁ。

ジェイソン・ブラウン→3アクセルがちょっと両足着氷になった以外は
何も言うことない。
素晴らしい!すごく美しい!
あぁもうすごい良かった。オリンピックで見たかった。

マックス・アーロン→4トゥループ−3トゥループ綺麗に決まったね。
4サルコーも決まったし、その他のジャンプも決まって、
最後まで調子良かったね。
久しぶりに良かったような。

ハン・ヤン→4トゥループは斜めになって転倒で、
次のジャンプ3アクセルに変更したのに転倒しちゃって、
後半もループが1回転になったり堪えるジャンプが多くて
最後の方ちょっと集中力切れちゃったのかなという感じがした。

宇野昌磨→4ループ決まったし、4フリップは転倒だったけど
後半の4トゥループ−2トゥループ、4トゥループ決まったし、
3アクセル−1ループ−3フリップも決まったし、
その他のジャンプもとても綺麗だったし、
ジャンプ以外もすごく良かったし、
とにかくもう、途中からこれはいったな!と思った。

田中刑事→最初の4サルコーが3回転になってしまい、
次の4サルコーはなんとか決まったけどアクセルが2回転になって、
前半大丈夫かなと思ったんだけど、
後半は、4トゥループも決まって、コンビネーションもとりこぼしなく
その他のジャンプもきっちり決めて、
ジャンプ以外も良かったと思う。

ボーヤン・ジン→前半の4ルッツ、4サルコー、
後半の4トゥループ−2トゥループ、4トゥループも綺麗に決まったし、
3ルッツ−2トゥループで間にターンが入った以外はほぼ全部綺麗なジャンプで
ジャンプ以外もとても良かった。
コレオシークエンスのコミカルな動きとか表情とか好きだなぁ。
良かった!

ということで、優勝はボーヤン・ジン!2位に宇野昌磨くん!
3位にジェイソン・ブラウン!
田中刑事くんは4位で惜しかったなぁ。
無良崇人くんは12位とちょっと残念だったけど、みんな頑張った。



前ページ | ホーム | 次ページ


カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
カテゴリー

最新コメント