勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









映画『寝ても覚めても』&『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』(2018年09月01日 土曜日 15時18分)

寝ても覚めても

採点:☆☆☆★★

いつも東出昌大くんの演技あんまり上手くないとか書いてるくせにって感じだけど、
一人二役って聞いてなんか面白そうだったので、
いつもながらにそれ以外の情報何もなく観に行った。

いきなりネタバレになるかもしれないけど一言言いたい。
亮平、お人好しすぎやろ。

ここからはネタバレ。

主人公の朝子が、突然いなくなってしまった恋人・麦に、
そっくりな男性・亮平に出会い、次第に惹かれていく物語。
静かな中にもあたたかみがあり、
朝子が麦のことを言わないで一方的に亮平を振り回しているのに、
それを優しく受け止める亮平がすごく魅力的で、
こんな人が近くにいたらいいなぁと思った。

主人公の周りの人たちも魅力的だった。
なんかみんな、ちゃんと自分に正直に生きている気がする。
狙ってるのだろうけど静かな中にも笑いがあって、
親友の春代が、「麦に会ったら写真撮るからその時間与えて」とか言ってるところとか、
岡崎のお母さんが「相手ダンナじゃない」とか言ってるところとか、
ちょっとクスッと笑えたんだけど強かさも感じた。

朝子が麦のことを亮平に打ち明けて、麦にも車越しにバイバイしたことで、
朝子は麦に似てるからじゃなくて本当に亮平に惹かれたんだなぁって、
これで幸せな結末かって、思ったのに。

そこで麦を選ぶか?
そして選んだかと思いきや途中で思い直して亮平の元へ行って、
謝っても足りないから謝らないけど側にいたいって、お前何様や!って思ってしまった。
そして亮平、それを受け入れちゃうのか。
どんだけお人好しや。

ラストシーンで、川を見て、汚い川、でも綺麗って言うところがあって、
それはそのまま朝子を表してるんだろうな、とは思ったけど、
自分には、でも綺麗、とは思えなかったな。

キャストは、唐田えりかちゃんは初めて見たけど、
特に際立って何、ということもなく、演技も上手いわけではなく、すごく素朴。
それが映画の雰囲気とか朝子のキャラクターには合っていたと思う。
静かでほわんとしてる感じなのに実は、って感じが。
東出くんは、やっぱり上手いとは思わなかったんだけど、
えりかちゃんがそんな感じなので、相手役としてはちょうどいい具合だった気はする。
二役と言っても、二人ともおんなじような感じだったな。
山下リオちゃんや伊藤沙莉ちゃんなんかのベテラン勢が
いい感じに引っ張ってくれてて良かった。

まぁ、好きな人は好きなんだろうけど、私はこの結末は・・・だった。

ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-

採点:☆☆☆★★

『メアリと魔女の花』が好きなので、スタジオポノック自体は注目してるんだけど、
短編はいつもなんか物足りなく感じちゃうので、観に行く予定はなかった。
んだけど、たまたまちょうどいい時間に上映してたので観てきた。
結果、やはりちょっと物足りない。
長編観たいな。

ここからはネタバレ。

『カニーニとカニーノ』

米林宏昌監督作品で、3作の中でいちばん絵も綺麗でキャラクターも可愛かった。
ほとんどキャラクター同士名前を呼び合う以外セリフもない中で、
ちゃんと伝わってくるのはいいなと思った。
2人(2匹?)の物語をもっと広げて観たいな。

『サムライエッグ』

アレルギーの子が周りにいたことがないので、
こんなに大変なのかぁと思いながら観ていた。
まぁでもそれだけで、わざわざ短編として観るほどでもないかな。

『透明人間』

3作の中で設定が面白いなと思った作品。
透明人間って所謂自分が想像するところの透明人間じゃなくて、
存在感の薄い人なんだろうね。
重いもの持ってないと飛んでっちゃうほど存在感がないってどんなだ。
赤ちゃんを助けて、赤ちゃんに存在を認められて、
そして自分がちょっと役に立ったことで
最終的に(エンドロール後のバイクシーンで)
見えるようになってたのは良かったと思う。
でもこれも結構あっという間に終わってしまうので、もうちょっと広げて観たいな。

まぁ、全体的には、やっぱこんなもんかなという感じだった。
次回は長編で。



加藤シゲアキ『傘をもたない蟻たちは』(2018年08月29日 水曜日 20時44分)

これちょうど私が加藤シゲアキさんを知ったころに
単行本で発売された本だから
文庫本になるの結構楽しみにしてたんだよね。
『傘をもたない蟻たちは』。

傘をもたない蟻たちは (角川文庫)

新品価格
¥605から
(2018/8/29 20:16時点)



いつも書いてる気がするけど、この人ホント文章上手いし読みやすいし面白い。
なんで何の賞も取ってないんだろ。
今までは長編小説だったけど、今回は短編小説。
いろんなジャンルのお話が詰まっていて、どれも面白かった。

ちょこっとずつ感想。
ネタバレあるかも。

染色

両腕をカラースプレーで染めた不思議な女性との恋の物語。
あの時ああ言ってたらその後の人生はどうなってたんだろう、
みたいなのってあるよな。
でもそうならなかったらならなかったで、
結局現実に戻れてしまうんだろうなっていう、なんか寂しさを感じた。

Undress

部下に慕われてた会社員が脱サラする話だと思って読んでいたけど
最後の方は衝撃的だった。
池の水を抜いた時、老人の言葉の意味を知った時・・・。
自分も実はこんな風に思われてたら嫌だなぁ。
そして最後は結局そうなるのだなぁ。

恋愛小説(仮)

自分が書いたことが夢に現れるっていうのは、実際あったりするよね。
こんなに規則的に鮮明になることはないけど。
そういうときに夢に現れたものは、やっぱり自分の妄想でしかないのかな。
でもなんか、想像の中でも、自分の好きな人が幸せであればいいなって
思うのは悪くない気がする。

イガヌの雨

食事をしてる時にふと考えることが結構ある。
この食べ物、最初に食べた人はなんで食べようと思ったんだろう、って。
これは、突然降ってきた地球外生命体(?)を
食べ始めたらものすごい美味しくてみんなそれしか食べなくなっちゃうって話で、
読んでて自分も一体どんな味なのか食べてみたいなって気はしたけど、
食べちゃって他に好きだったものがイマイチになっちゃうのは
ちょっと寂しいなという気がする。

インターセプト

これもなかなか衝撃的な話だったなぁ。
読んでると途中で、あれ?これ、リードしてるようでされてない?って
思うようなところはあったんだけど、そうかそうきたか、と。
衝撃の後、女性側からのお話があるのも面白い。

おれさまのいうとおり

まさにこれは筒井康隆先生の世界やね。
今いる自分とは別の選択肢を歩んでいる自分が別次元にいて、
っていうのは、考えるだけで面白いよなぁ。
あの時あの選択をした自分はどうなっているのか、
覗いてみたい気もする。

にべもなく、よるべもなく

自分の常識だと思っているものと違う者に出会った時、
特に、自分の身近な友達だと思っていた人がそうだった時、
自分はどうするのかな、って考えた。
身近にそういう人がいないから、自分は全然気にしないって思ってるけど、
実際身近にいたらちょっと敬遠しちゃうかもな。



ONE PIECE 音宴 イーストブルー編(2018年08月27日 月曜日 21時38分)

ワンピース歌舞伎に続き、もう宣伝文句だけで絶対面白そうじゃんっていう
ONE PIECEのショーがまた出てきて、
東京だけだったんだけど迷わずチケット取って楽しみにしてた音宴。
パフォーマンスとブラスバンドのエンターテイメントってもうめっちゃわくわくやん。
なんといっても、宴やし。
それがついに、昨日、待ちに待った日で、観てきた!
すごかった!
いろいろ語りたいところではあるけど、この2日間、東京でいろいろ楽しかったので、
順番に書く。

まず、8/25。
前日まで台風がごしゃごしゃしてて、
天気予報も曇り時々雨くらいな感じになってたのに、
めちゃ晴れだった。
この日は、お台場の夏祭り(THE ODAIBA 2018)に行った。
ので、雨はちょっと嫌だと思ってたけど、そこまで晴れんでいいって。
お台場の夏祭りは毎年やってるから、どんな感じなのか1回行ってみたいなと思ってて、
でも毎年そのあたりで東京行く予定がなく行ったことなかったんだけど、
今回はいい具合に予定と合った。
それに、ONE PIECEのThe ミストっていう、
ワンピキャラがミストマンになって出てくるイベントがあるって書いてあったので、
それもちょっと気になっていた。

DSC04816.jpg

なんか、もっとすごい混んでるのかと思ってたら、全然そうでもなくて、
いろんなところ普通に回れる感じだった。
あ、有料のところはもしかしたら混んでるのかもしれないけど。
基本、企業が協賛してるようなのは無料で体験できて、
ナゾトレとかネプリーグとかの番組のやつを体験するのは有料って感じだった。
どのくらい遊べるものなのか謎だったのでノープランだったけど、
結局無料のところだけで結構長いこといたな。

DSC04817.jpg

ONE PIECEのブースはグッズの展示とか、ゲームの体験とかだった。

DSC04823.jpg

午後の紅茶とチーズのコラボティーを飲んだ。
自分が買ったのは手前のチェダーチーズミルクティーで、
上にチーズでタピオカも入ってるやつ。
チーズ混ぜるとまろやかな味で美味しかった。
もう1つはくまちゃんが買ったレモンクリームチーズティー。
レモンティーがシャーベットになってて上にチーズのやつ。
こっちはさっぱりしてた。
結構量が多くておなか一杯になった。

DSC04824.jpg

The ミストは、真ん中のステージでやったんだけど、
空いてたから15分前とかでもほとんど人がいなかった。
ショー自体は撮影禁止だったけど、
ショー前に麦わらの一味が出てきて、いろいろ動き回ってた。
ショーは子供向けゲームみたいな感じだったけど、
じゃんけん大会で優勝しても賞品が何も出ないのはどうなんだ。
グッズ展示とかしてるんだったら賞品であげればいいのに。
あと、終わってから気づいたけど、ミストなかったのはなぜ?
何かでも後の方で下が濡れてるときあったから、
ショーの時間じゃないときになんかやってたのかな。謎。

DSC04851.jpg

あと、順番が前後するけど、
ショーの時間じゃないときに麦わらの一味がいたので写真撮ってもらった。
最初ゾロとウソップとロビンちゃんだけで、一緒に撮ってもらってて、
別のところ見て戻ってきたら揃ってたのでまた撮ってもらったという・・・。
ちょっと、誰とは書かんけど、この人ちょっと違うなって人も何人かいるけど、
個人的にはルフィは結構ルフィっぽくて好きだな。

DSC04827.jpg

あと、結構楽しみにしてた浦ちゃんの家。
ここも一応整理券配ってたけど、普通に15分くらい待ってたら入れた。
家自体はちっちゃいけど何人かずつ入ってゆっくり見られる感じだったので良かった。
全体が亀の形で、中にも亀のモチーフがいろいろあって可愛かった。

DSC04902.jpg

アンケートに答えてくじ引いて当たるとマフラータオルがもらえたけど
外れたのでステッカー。
でも記念にアルバムに貼れるから良し。

DSC04901.jpg

お昼はフジテレビの社員食堂が特別開放されてたのでそこで食べた。
でもミルクティーでおなか一杯になってたのかあんまり食べられなかったけど。
入り口でミニオンの謎のお菓子をもらった。
あと、有機栽培のバナナもらった。

DSC04852.jpg

あとは、フォレスターの試乗で、
フジテレビの大階段を車で上がったりとか、
デコボコ道を進んだりとかするのがあったので、それも乗ってきた。
最初ホントに車で行くと思ってなくてVRだと思ってた私・・・。
車の説明も多々あったんだけど、運転手のおじさんがおしゃべりが上手で面白かった。
でも、「2人とも免許は持ってるの?」「持ってます」
「車乗る?」「乗りません」っていう
残念な会話をしてきたけど。
でもなんか、今の車の機能とかいろいろ見せてもらうと、
ペーパードライバーでも普通に乗れそうな気がするね。

DSC04860.jpg

この後中途半端に時間が余って、次のワンピ見るかどうかグダグダしてて
結局ショー前のみんなが出てきたところまでいて
ルフィと目が合って手を振りあったりしてから
次の目的であったワンピースタワーでグッズだけ見てこよう、
その前に疲れたから麦わらカフェにでも入ろう、という予定で
東京タワーに向かったんだけど、
このタイミングがすごく良かったことが判明。

DSC04861.jpg

全然知らんかったんだけど、麦わらカフェ行ったら、
この日だけ、グリーティングでサンジくんが遊びに来る日で、
それがちょうど1時間後くらいだったから、
ちょっと待って、入って1時間つぶせばサンジくんに会えることが判明。
せっかくなので会っとくことにする。
周りがそのために来たっぽい人ばっかりだったので若干場違いな感じもしたが。
その時間だけの限定ドリンクがあり、
注文すると魔法がかかるかも的なことを店員さんに言われて思わず頼んでみた。
名前忘れたけどピンクのソーダ。ハートはコップの模様かと思ってたらゼリーだった。
あと、ほかのメニューも結構前と変わってて、今回はゾロの抹茶プリンにした。

DSC04869.jpg

ということで、サンジくん。
なかなかにせわしなく動くので写真があんまりうまく撮れんかったんだけど、
これはお隣さんのテーブルで、
限定ドリンクの人はサンジくんが花びらを入れてくれた。
入れてくれる時近かったので若干引いたらばっちり動画に撮られていた。
店員さんが、サンジくんがしゃべらない代わりにいろいろしゃべってたんだけど、
しゃべりの上手い人だったので面白かった。

DSC04870.jpg

もう半分くらい飲んじゃってたけど、花びら。
なんか、知らずにたまたま来たらグリーティングの日だったし、
もっと早く来てたら待たずに違うところ行ってたかもしれないし、
遅かったら間に合わんかったかもしれないし、って思うと、
すごいいいタイミングだった。
両隣の方と写真交換もしたりして、一期一会で楽しかった。

なので、

DSC04878.jpg

本来の目的のグッズで、一味が夏祭りの格好してる缶バッジ買って、

DSC04879.jpg

10分の8の確率でほしいのが当たるはずが残りの2の方を引き当ててしまっても
まぁどーんと気にしない。
・・・あぁ、ブルック・・・。

DSC04905.jpg

ホールケーキアイランドの写真もまたもらった。
くまちゃんの分ももらった。
ラインナップが何とも言えんが。

DSC04874.jpg

夜の東京タワーもいろんな色で綺麗だった。

DSC04898.jpg

東京駅に期間限定でチキンラーメンショップが出てて、
可愛かったので思わず3きょうだいに買ってしまったお土産。

DSC04906.jpg

2000円以上買うともらえるエコバッグ。
50円くらい足りなかったんだけどくれた。
次の日かなり重宝した。

あと、今回東京駅前のハイマートっていうホテルに泊まったんだけど、
東京駅から近くて、フロントの人もすごい親切で面白くて良かった。
2段ベッドルームで、想像以上の狭さでびっくりしたけど、
お風呂とかも清潔だったし、値段も安かったので、
また東京行くときは候補にしよう。

そして8/26!
今回のメインにたどり着いたよ~。
この日は前日よりさらに暑かったけど。

DSC04880.jpg

音宴イーストブルー編!
国際フォーラムであったんだけど、
国際フォーラムはあんまり外にばーんと宣伝しないの?
ロビーの方まで行かないと何もなかったんだけど。
ロビーには声優さんのサインが入ったポスターが飾ってあった。

DSC04900.jpg

クリアファイル買った。
みんな楽器持ってて可愛い。

席は前から4番目だったので、めっちゃ近くて見やすくて、
前に背の高い人もいなかったので良かった。
開演前からメリーが舞台に見えててそれだけで興奮だった。

そして、感想を!
ネタバレいっぱい注意!
っていうか、もう、どう語っていいかわかんないんだけどね、とにかくすごかった!
ブラスバンドでいろんな曲が演奏されるのに合わせて、
ルフィ達キャラクターがいろんな名場面を再現したり、踊ったりするんだけど、
ブラスバンドの人たちがただの演奏者じゃなくて、物語の一員なんだよね。
ただステップ踏みながら演奏するとかじゃなくて、
ブラスバンドの人たちが海軍だったり海賊だったりコックだったりして、
ルフィたちと戦ったりもして、とにかく、舞台全体がONE PIECEワールドで、
すごかった!
曲だけじゃなくて、ゾロとミホークが戦うところの剣の音を
なんか金網みたいなやつ(?)で鳴らしたりとか、
サンジくんのシーンでは料理の道具で音を奏でたりとか、
いろんな音の使い方があって面白かった。

パフォーマーさんたちも、あんまり近かったので、
顔をよく見るとまぁ年は結構ルフィたちより上だなと思ったけど、
みんなそれぞれのキャラクターらしさが出てて良かった。
ルフィやウソップやサンジくんのダンスもかっこよかったし、
ゾロの殺陣もかっこよかったし、
ナミさんはバトントワリングの人らしくて、
バトンをクリマタクトに見立ててパフォーマンスですごかった。
あと、バトンといえば、ルフィの幼少期役の子のバトンもすごかった。

若干ちょっといらんなと思ったのは、今回イーストブルー編なんだけど
音楽家なのでブルックがちょいちょい映像で出てきたんだけど、
すごいいいシーンがあって感動したところでヨホホホホって出てきて
ちょっと邪魔だった。
舞台装置変える間の繋ぎなんだろうけど、もうちょっと余韻に浸りたかったな。
でもブルック出てきてツカミの『ビンクスの酒』と
大好きな『NEW WORLD』やってくれたのは嬉しかった。

IMG_0420.jpg

休憩時間にもロビーでパーカッションのパフォーマンスがあった。
みんな観に行くのでホール出たころにはもう埋まっちゃってて
上の横からしか見られなかったけど、
酒場でのルフィとシャンクスたちとのある1日みたいな感じで
短かったけど楽しかった。

前半は主にみんなが仲間になるまでのシーンで、
後半はグランドラインに入るところと、後はいろんな主題歌のオンパレードで、
後半ちょっと1曲だけ全く知らない曲があったけど、
それ以外は聴いたことある曲ばっかりですごい盛り上がった。

あと、忘れちゃいけないのが、進行役で出てきた海賊クラップ!
パンフレットに書いてなかったけどどの人だろ。ミホークとかやってた人?
すごい面白いキャラクターで盛り上がった。
ルフィとか出てきた時も、ルフィたちしゃべらないからいろいろ代弁するんだけど、
手拍子で真ん中でルフィチームとウソップチームに分かれるときに、
ど真ん中の人はどうするんだ?みたいなのをルフィがやったら
「腕のばしたい人はこっち、鼻のばしたい人はこっち!」みたいなツッコミとか、
もちろん台本通りなんだろうけど、絶妙なしゃべりだったし、
台本通りじゃない突発的なお客さんとのやり取りも上手かった。
あと手拍子のあたりでウケたのが、ゾロが道間違えて2階に行っちゃったときに
非常口のマークがこっち向いてたから的なポーズをして、
クラップが「それそっち行けってことじゃないから。緑と白だけど」みたいな
ツッコミしてたのが面白かった。

DSC04889.jpg

あとなんかもういろいろありすぎて書ききれないわ。
ラストは、みんなで立ち上がって、撮影もOKで『ウィーアー!』。
前の人立ち上がったのでちょっと頭写ってるけど、雰囲気は伝わるかな。
もう、最高に盛り上がった!
いやもうホント楽しすぎた。
2時間あっという間すぎた。

DSC04899.jpg

観に行くまでネタバレ的なもの見たくなかったので
何も見ないようにしてて、帰ってからパンフレット読んだんだけど、
パンフレット読んだらまたもう1回観に行きたくなる。
2時間あっという間だからもう1時間くらい観たいと思ったけど、
これ3時間もやるの大変だわ。
大変そうなのを全然大変そうじゃないようにやってるからすごいんだよなぁ。
稽古風景とかも載ってたけど、やっぱりメイクするとだいぶ変わるんだなって思った。
ナミさんとか、ナミさんメイクじゃないとき綺麗で大人っぽい人っぽいんだけど、
ナミさんメイクだと元気な感じになってるしなぁ。

あと、これは帰ってから知ったんだけど、
どうやら同じ日に尾田先生や声優さんたちも観に来ていたっぽく。
同じ回じゃなかったかもしれないけど、同じ回だったらすごいなぁ。

なんかほんとに、ONE PIECEっていろんな試みができて、
それが全部楽しくて、面白いなと思う。
音宴もまた第2弾とかありそうだよなぁ。
観たいけど、結構自分の観たいのってイーストブルーに集約されてるので、
あとはアラバスタの仲間の印とかは観たいけど、
イーストブルーもう1回でもいいから観たいなぁ。
できれば東京じゃなくてもうちょっと近いところでやってほしいなぁ。

IMG_2770.jpg

音宴の後は、アキやげんさんたちと合流して、
後藤貴志さんの個展に行った。
これもたまたま東京行く日にやってたから行けたんだけど、
やなせ先生を偲ぶ会以来4年ぶりに会えた方もいっぱいいて
同窓会みたいで楽しかった。
後藤さんのイラストはやっぱり可愛くて細かくいろんなところにいろんなものがあって
それぞれに物語があって素敵だなぁ。

DSC04907.jpg

げんさんにもらったナミビアみやげのマグネット。
ナミビアでうどん打ちしてきたらしい。うどんワールドワイド。

DSC04908.jpg

アキにもらった神戸土産のふきん。可愛い。

ということで、ずっと楽しみにしていて終わるといつもあっという間なんだけど、
ホントにいろいろと楽しい2日間だった。
今年はホントにいろいろ行っている気がするけど、楽しいな~。



一番くじ ONE PIECE 時代の荒くれ者達(2018年08月24日 金曜日 21時20分)

結果が微妙だったのでほかってあったんだけど、
前回の麦わらストアの輩缶バッジMUSICの結果が微妙だったので
8月の初めごろにリベンジしてきたのよ。

DSC04727.jpg

その結果がこちら。

DSC04728.jpg

う~ん、レイジュは嫌いじゃないんだけど、この絵はあんまり好きじゃない。
もうリベンジはやめとこう。

DSC04729.jpg

ついでにCIRCUSもリベンジしてきたのよ。

DSC04730.jpg

う~ん、絵は割と好きだけどキャラクターに思い入れはない。

DSC04732.jpg

あと、ゆらゆら海賊船コレクションっていうのが可愛かったので買ってみた。
できればメリーかサニーが良かったが、

DSC04734.jpg

これは海賊旗の左目に3本線ついてるからシャンクスの船かな?
まぁまぁ。

DSC04737.jpg

何かキャンペーンをやっていてホールケーキアイランドのブロマイドをもらった。
これはルフィとサンジが戦うところだな。
ルフィがちょっと怖い。

DSC04738.jpg

あと、ボンちゃんの誕生日色紙ももらった。
ボンちゃん好きだけど後ろ向きだよ。

あとこれは、先週末に、新しい一番くじが出たので引いてきたやつ。

DSC04744.jpg

景品がローのフィギュアとグラスと色紙だけだったので、
完全にグラス狙いで引いて2本ともグラスだった。

DSC04745.jpg

このグラスのすごいところはだな、
全8種類なんだけど、8個全部はずれがない。
いつもだいたい、ほぼどれでもいいけどこれだけは引きたくないなっていう
キャラクターをなぜか引くパターンが多いけど、
これはホントに8個とも良かった。
そしてサボとプリンちゃんだった。

DSC04746.jpg

プリンちゃん最近自分の中のブームだし、
プリンちゃんグッズ持ってないから嬉しい。
サボもかっこいい。

DSC04809.jpg

あとまた別の話だけど、最近暑いので朝ごはんあんまり食べたくないから
シリアル食べてるんだけど、
母がワンピコラボのチョコワ買ってきた。

DSC04810.jpg

こういうコラボは好きだけど結局袋捨てちゃうからあんまり意味ないんだけどね。
スマホでルフィのメッセージが聞けた。



仁木英之『僕僕先生 恋せよ魂魄』(2018年08月21日 火曜日 19時47分)

この間書いた、読んだけど感想書かずに溜まってた3冊のうちの2冊目。
仁木英之さんの『僕僕先生』シリーズ第9巻『恋せよ魂魄』。

恋せよ魂魄 僕僕先生 (新潮文庫)

新品価格
¥637から
(2018/8/21 19:20時点)



なんか、サブタイトルと中身が微妙に合ってない気がするな。
『僕僕先生』シリーズ、単行本ではどうやら完結したらしいんだけど、
文庫本ではまだあと2冊くらい出るのかな?
前の巻から間が空くので感想の最後に覚え書き書いといたら
あ~そうだったって思い出せるから良くなった気がするが、
それ以前に出てきた人が再登場すると誰やっけ?ってなる。
もう1回最初から読み直したいんだよなぁこのシリーズも。
んで相関図とか書きたい。

さて、前巻で、劉欣が両親をさらった田欧を追って長安に向かい、
僕僕と王弁はそれを追うことになったわけだけど、
今回の話は、その劉欣の話と、
劉欣を追う途中で僕僕たちが出会った病気の少女タシの話。
もうねぇ、タシの話もちょっとせつなくていい話だったんだけど、
劉欣の話が・・・最近劉欣お気に入りだったので・・・。

ネタバレ感想。

不治の病だったタシが、王弁に恋をすることで元気になるっていうのは、
医術としてあり得るような気がする。
なんか、ダメだ~って思ってるとダメになってきたり、
いいことがあると元気になったりするのってあるし。
でも、タシが元気になることで兄のドマに病気が移ってしまうっていうのは
残酷だなぁ。
タシは死んでしまうけど、王弁に会ったことで、
絨毯を完成させることができて、王弁にも恋をして、幸せだったのかなぁ。

そして劉欣。
巻が進むにつれて劉欣がどんどんかっこよい男に思えてきて、
まぁそれは小説だから実際の容姿は想像でしかないからかもしれないけど、
でも、口は悪いけどホントは優しい人だよね。
今回出てきた旋にしても、ただ歌が好きなだけだったのに
間者にされちゃったみたいなので可哀そうだけど、
でも劉欣が歌を聴いてくれて、
彼女もまた劉欣に恋をして死んでいったのは幸せだったのか。
劉欣いいなと思っていたところだったので、劉欣が死んでしまったのは悲しい。
両親も結局死んでしまったし。
でも、劉欣の仙骨を王弁が受け継いだので、
王弁はこれからもっともっとたくましくなっていくのかな、と思う。
物語もクライマックスに来たので、早く次読みたいなぁ。

以下、覚え書き(ネタバレ)。
・王弁が劉欣の仙骨を受け継ぐ
・僕僕が術を使えなくなる
・胡蝶の頭・貂はまだ生きてるっぽい




前ページ | ホーム | 次ページ


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリー

最新コメント