勝手に三日坊主日記ver.2・・・日々思ったことなど適当に。 日本映画と音楽が好き。









『帝一の國』(2017年05月13日 土曜日 21時09分)

採点:☆☆☆☆★

公開から2週間くらい経っちゃったけどやっと観に行けた。
原作は知らないけど、漫画の実写化ということで
正直そんなに期待してなかったんだけど、
この2週間、結構高評価っぽかったので、楽しみになっていた。
なんか、おかしいんだけど筋が通ってるっていうか、
コメディだけど物語が破綻してないっていうか、
まぁそんな小難しいことは置いといて、面白かった!

ここからはネタバレ。

総理大臣になって自分の国を作るために高校の生徒会長を目指すっていう、
すごい志の持ち主なんだけど、なんかおかしい主人公で、
高校も、すごいんだけどなんかおかしい高校で、
でも変なことしてるようで、なんかみんな一生懸命で、
なるほど、こういうことをするといつか自分に返ってくるなとか、
こういうときこういうのは大切だなとか、
妙に納得しちゃう話でもあった。

コメディなので、入試問題をやってるときに問題のラップみたいな音楽が流れたり、
1科目ごとに点数比較して一喜一憂してたり、
校旗掲揚の舞台裏でくすぐり攻撃かけてたり、
彼女と糸電話で話してたり、
笑えるシーンもいっぱいあって、
笑いながら次は何しかけてくるんだろう、って思ってるうちに
あっという間に時間が過ぎたな。
マイムマイムとかバカバカしいけど確かに加わりたくなるかも。
笑えるばかりかと思えば、帝一が総理大臣になって自分の国を作ろうと思った理由が
ピアノを弾きたいからだったりとか、
生徒会長選で白紙投票をした弾に森園が謝るとことか、
なんかちょっとじーんときちゃうような場面もあったりして。
この辺から最後までは、帝一っていうより弾が主役か?とか思ってたら、
最後の最後に、なるほど、帝一の残り1秒はそういうことだったのか!って
すごい納得。
やっぱり君は帝一だよ、っていう、いい終わり方だった。

キャストもみんな良かった。
原作知らないので元キャラクターがどんな感じなのかはわかんないんだけど、
みんなそれぞれに個性豊かなメンバーで良かった。
特に、この間『LAST COP』のキモ山さんの気持ち悪さに
完全にはまった感想を書いたばかりだったのに、
竹内涼真くん、こんなさわやかな役も似合うのか!とか思ってますますはまった。
ちょっとこれからもどんな役やるか楽しみだなぁ。

ということで、すごく面白かった。
映画本編とは全く関係のない永野芽郁ちゃんのエンドロールのダンスが
これまた超絶可愛かった。



仁木英之『僕僕先生 仙丹の契り』(2017年05月07日 日曜日 21時27分)

結構前に読んだのに感想書くの忘れてた。
僕僕先生シリーズ『仙丹の契り』。

仙丹の契り 僕僕先生 (新潮文庫)

新品価格
¥724から
(2017/5/7 21:11時点)



短編集をひとつ挟んだこともあって、前作の話すっかり忘れてたけど、
読み始めたらちょっと思い出した。
でもそろそろまたシリーズ最初から読み返したいなぁ。
話が分からなくなっていく・・・。

今回はまた、一緒に旅をしていた仲間と突然別れたり、
また新しい仲間が増えたり、
いろいろと目まぐるしい話だったんだけど、
なんかすごい、王弁の成長を感じる話だったな。
相変わらず頼りないは頼りないんだけど、
ここぞというときに僕僕を守れる強さが出てきたというか。
そしてなんだかんだで僕僕が王弁を気に入ってるんだなっていうのが
なんかいいな。ツンデレ感が。
急接近するのかと思いきややっぱりそんなに進展ないところもいいな。
あとは、劉欣最近もてるなぁとか(なんか私も最近お気に入り)、
デラクもいいキャラだったな。
旅も佳境に入ってきた感じがするので、続きが楽しみ。
その前に最初から読み直したい。

以下、覚え書き(ネタバレ)。
・薄妃と蒼芽香が旅から抜ける
・劉欣が田欧を追って旅から抜ける
・デラクが旅に加わる
・劉欣を追って長安に向かうことになる




オリジナル図書カード(2017年05月02日 火曜日 23時20分)

りんちゃんが小学校入学、たくが幼稚園入園したんだけど、
入学式と入園式の写真がめちゃめちゃ可愛かったので、
これはイラストを描かねばと思って描いてみた。

で、どうせならなんかグッズにしたいなと思って、図書カードを作ってみた。
今回使用したのはラ・カルトというサイト。

で、出来上がったのがこれ。

DSC00124.jpg

いや~、可愛くできた。
基本的には、自分でWEBで写真とか文字を配置できるんだけど、
右上の図書カードのロゴマークの位置が思ったようにできなくて、
いろいろやりとりして直してもらった。

DSC00120_20170502231310566.jpg

りんたくにあげたところ、たくはあんまりよくわかってなかったけど、
りんちゃんは、開けたとたんに「すご~い」って言ってくれて嬉しかった。
図書カードだから当たり前だけど本も買えるからいいよね。



きょうのめいっこ(2017年04月30日 日曜日 21時34分)

ひまちゃんが急成長を遂げはじめた。

DSC00102.jpg

いつもだいたいハイハイしようとして後ろに下がっていくんだけど、
今日は前に進んだ。
最近できるようになってきたらしい。

DSC00105.jpg

そして急に立った!
つかまり立ちさせてあげれば立った状態を保つことはできてたんだけど、
自分で立てたのは初。
しかもすごいすくっと立った。びっくり。
そのうちすぐつかまらなくても立てるようになるんじゃないか?




『PARKS』&『LAST COP THE MOVIE』舞台挨拶付き先行上映会(2017年04月29日 土曜日 23時06分)

PARKS

採点:☆☆☆☆★

橋本愛ちゃんが歌う、っていうので気になってた映画。
軽快でさわやかな、嫌みのない映画で良かった。

ここからはネタバレ。

ゼミのレポートとか、見知らぬ子が訪ねてきたこととか、
いろんなことがきっかけで、50年前に作られた曲の続きを作ることになる映画。
物語の冒頭から、すごくさわやかな空気が流れていて、
純、ハル、トキオの3人が、曲作りをしたり、話したりする様子が、
すごく楽しそうで、会話のテンポとかも絶妙で、自然と笑顔になりながら観ていた。

だから、そこから、ちょっとずつ歯車が狂っていく感じは
ちょっと悲しくなった。
50年前のお父さんたちの想いを蘇らせたいハルと、
卒業のために曲を作らなきゃいけない純と、想いが違う方向にいってしまったために、
ああいう違和感になってしまったんだなぁ。
実際、中盤に純たちが完成させた曲は、
今どきの曲としては別にダメな曲ではないんだけど、
自分もハル寄りで観てたので、聴いたときこりゃ違うだろ、と思った。
純は一方的にハルにあたってハルを傷つけてしまうけど、
ラストシーンで純が歌った曲は、これが求めていたものなんだ、って思ったし、
50年前と現代がリンクしてるようなミュージカルシーンもとても良かった。

ハルは不思議な存在の子だったなぁ。
実際、本当に存在している子だったのか、最後までわからなかった。
純の背中をちょっと押すために出てきた、
公園の主みたいな感じのもののような気もするし、
年齢からして、晋平が50歳超えたくらいに生まれた子供・・・なくはないと思うけど、
もしかして過去から来たのかな、とも思ったり。
そしてこれはたまたま日本語字幕付き上映だったからわかったことなんだけど、
曲中の、『春から順に時を経て』=『ハルからジュンにトキオへて』。
みんな繋がってたんだなぁって思ったし、みんなを繋げるためにハルはいたのかも、
とも思ったりした。

キャストもみんな良かった。
橋本愛ちゃんのナチュラル感(?)がすごく良かったし、
歌もうまくはないけど、すごい心にすっと入ってくる歌声が綺麗だった。
永野芽郁ちゃんの表情豊かな演技も素敵だったし、
染谷将太くんの飄々とした感じも良かった。

井の頭公園は行ったことないんだけど、すごく素敵なところだなぁ。
サイクリングとか、散歩しながら、「PARK MUSIC~♪」って歌いに行ってみたい。

LAST COP THE MOVIE

採点:☆☆☆★★

桜井日奈子ちゃん、伊藤沙莉ちゃん、武田玲奈ちゃんの舞台挨拶付き、というよりも、
先行上映というのに惹かれて観に行ってきた。
上映前舞台挨拶だったんだけど、3人ともすごく可愛かった。
KBDホーリーナイトとして3曲ライブ(というかダンス?)を披露してくれたり、
(3曲目は生では初公開の幻の曲らしい)
写真撮影OKタイムもあったりで(あんまり綺麗に撮れなかったけど)、
まぁほぼ3人のダンスの話で他のキャストの皆さんについてとかはあまりなかったけど
盛り上がった。楽しかった。

IMG_0032.jpg

さて、そして肝心の映画本編なんだけど、
う~ん、なんだろう、悪くはないんだけど、
なんかこう、ハチャメチャ感が足りないというか、
変に感動的にしようとするところが多くて笑いがあんまりなかったかな。
もうちょっとハチャメチャになってるかと思ったら意外とちゃんとしてたのが
逆に物足りなかったかも。

ここからはネタバレ。

映画の割と冒頭から、京極さんの手の震えがきてて、
死ぬ前に思い出の場所に行ったりとか亮太と結衣を結婚させようとしたりとか、
なんか辛気臭いんだよね。
亮太じゃないけど、不死身の京極が何を弱気になってるんだよ、と思いながら観てた。
その弱気なのが割と長かったので、なんか盛り上がりに欠けた気がする。
京極さんと亮太が1対1で戦って、ようやくスイッチが入ったな、と思った。

あと、人工知能が出てくるわりに、その設定をイマイチ生かしきれてなかったなぁ。
力を発揮したのって最初に京極さん&亮太と対決した時くらいじゃない?
ミサイル発射しましたとか、唐突だし、結局何にもやってないよね人工知能。

まぁそんなこんなで、イマイチ乗り切れないまま観てたんだけど、
ミサイルに突っ込む前の京極さんと亮太のやり取り、
特に亮太のっていうか窪田正孝くんのあの泣き笑いの演技に完全にやられた。
なんかあそこで今までの、2人の築いてきた絆が、一気にあふれてきた感じがする。
そしてやっぱり最終的には京極さんは亮太を置いて1人で行ってしまうのだなぁ。
またその時の亮太が切なかった。

そこでちょっと気分が上がったんだけど、
ラストはまたなんかちょっと微妙な感じやったかな。
ホログラムで出てくるところまでは伏線回収にもなってるしまだ良かったけど。
亮太くんも心置きなく結衣ちゃんとキスができて良かったけど。
あれ最後って結局、病気の治療方法が見つかるまで冷凍保存されて
30年後に起きたってことだよね?う~ん、そんな展開かよ。
そしてエンドロール後のオチが、亮太じゃなくてまさかのKBDっていう。
あ、幻の曲これだ。
これって初日を迎えたらちょっとラスト変わったりするのかな。

キャストは、ドラマ版とほぼ同じなので、
ドラマ版と変わらずみんな良かったんだけど、
クライマックスの窪田正孝くんの泣き演技もさることながら、
今回、若山さんの気持ち悪さに完全にやられたよ!
なんかものすごいパワーアップしてないか。
竹内涼真くん、たぶん私『LAST COP』でしか見たことないんだけど、
今後他の作品で見たときに絶対頭によぎるわキモ山さん。

ということで、まぁ、ちょっと自分的には物足りない映画だった。
舞台挨拶のKBDが自分の中で一番盛り上がったかも・・・。



前ページ | ホーム | 次ページ


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリー

最新コメント